遺伝子操作の時代(3)


遺伝子治療でガンが起こった


2004年3月16日(見ました14と重複)

2002年12月12日NHK総合テレビ、クローズアップ現代「遺伝子治療がガンを起 こした」(生まれつき免疫力が極端に低くて、外にも出れない子ども達を救う遺伝子治療がフランスで行なわれ、劇的に改善されて注目を集めてから2年後、一 人の子どもが白血病になってしまった。遺伝子治療がガンを起こしたということで、この治療が凍結される。遺伝子の欠損が病因の病気を直すのに、遺伝子を直 接入れ換える治療だが、まず第一に危険なのは、遺伝子を細胞に送り込むのにウイルスを使っていることが挙げられる。無毒化してあるとはいっても、ウイルス が悪さをしないとは限らない。第二に、遺伝子をDNA連鎖のどこに入れるかまではコントロールできないので、入った場所によっては、ガンを起こす遺伝子を 刺激、活性化させるおそれがある。)


2005年10月5日

 恐ろしいことが起こっています。今朝の毎日新聞で報道されていますが、今年6月20日に、神奈川県小田原市の明治製菓微生 物資源研究所で、遺伝 子を組み換えた放射菌の培養液400リットルが実験室内の床にこぼれ、そのうち100リットルが土壌に流失したという。文科省が厳重注意したそうですが、 なんで今までこのニュースが表に出なかったのだろう。放射菌はもともと土壌に生息する菌で病原性はないといいますが、流出したのは、自然界には存在しない 遺伝子組み換え細菌です。未知の要素が増え、絶対安全とはいえないと思います。培養液や土壌を焼却処理したといいますが、問題は、今回起こったなら、今後 も起こりえるということです。
 人間は神のように生物を加工し始めている。自然の英知が数億年かけて築いたバランスを、人間の浅知恵が、一気に崩す恐れは、十分ありえると思います。