コラム・アーカイブ

 

2017年

 

3月31日(金)

*愛宕(おたぎ)念仏寺:羅漢像が新しいので面白いのが多いけれど、いまひとつ有難みなし。

東寺:真言宗総本山。大師堂が修理中でしたが、弘法大師像は拝めました。像ではあるけれど、空海の存在を感じました。私の頭の中の雑念を透視されたように思えて、未熟者〜と言われたよと家内に報告。

東本願寺:真宗大谷派の本山。御影堂のでかいこと!!とにかくでかい!!木造建築では面積で世界一だとか。鉄筋コンクリで建てた高層建築などにはない、圧倒するような重厚感がある。

晴明神社:陰陽師安倍晴明の神社。この日は晴れで無風。家内と神社に入り本殿に近づいて行ったとき、突然一陣の強風がごおお〜〜っと吹いてきました。本殿上空から私らめがけて吹き下りてくる風を受けながら、思わず、きた〜っと叫び家内と顔を見合わせました。無風のこの日に、この風はまことに不思議でした。

 西洋占星術師の私を陰陽師の晴明が歓迎したのか、はたまた逆に追い払おうとしたのか。

 家内はふつうにお詣りしましたが、私はやめました。安倍晴明はヤバイやつだからと言って。

 

 さて、明日は次女の息子が新しい保育園に入園です。私も入園式に参列します。ETコンタクトが悪天候で延期になったので参列できることになったのです。

 京都旅行中、ずっとリーダーと土日の天候に関し連絡を取り合っていました。

 

 

3月30日(木)

*今日京都から戻りました。1月にも行きましたが、とても見切れず2度目というわけです。

 印象が強かったのは東寺と晴明神社。

 明日、少し詳しく述べることにします。

 

20111111日にサン・アントニオ港とキンテロスの間で、チリ海軍のヘリから撮られたUFO映像。チリ政府の当局もこの映像が撮られたことを確認済み。UFOが何かを空中に吐き出している、なんとも不可解な映像です。地球レベルの科学では理解不能の、遠い未来文明の所業か。 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=gOLpeBp9m1Y

 

 

3月26日(日)

*昨夜、英語講座のノートを見返しているとき、6月の日付を見て、ああ、このころまだ音大で教えていたんだという記憶がセンチメンタルな懐かしさを伴って蘇りました。西洋文学と2年ドイツ語。もうこういうことはないのだと思うと、改めて終わった感があります。年度末が寄越す終焉感が影響しているのかもしれませんが。

 今日はお昼から孫娘の誕生会です。これは長女の家でやります。また賑やかでしょう。次女の息子も交え、孫3人が集合。私はビデオ係。

 日常に挟まる小さな団らん。こういうものを大切にしたいです。

 

 現政権が続けばこういう私的な領域にも影響は及んでくるでしょう。都会でテロが起き、孫息子が徴兵され、市民の思想監視のスパイ網が張り巡らされる。そういうことにならないように今、現政権をストップさせる必要があるのです。

 

 明日から3月いっぱいコラムは休みます。

 

 

3月25日(土)

*昨日24日の参院予算委員会質疑の録画をチェックしました。もうこんな作業はお終いにしたい。

 

 現在森友学園問題はいろんな方向に追及が広がってしまっていますが、元はと言えば、学校認可適当の判断が急に出たことや、学園側に国の土地が格安で払い下げられた過程に政治力が働いたのではないかという疑念がことの発端でした。

 昨日の国会でも民進の議員が土地問題を追及しましたが、攻め落とせていません。その後共産の辰巳議員もこの問題を追及しました。こちらはかなり追い込んだという印象です。

 やり取りを細かくメモしましたが、煩わしくなるので結論だけ列挙しておきます。

 私はやはりこの土地の査定や売買に関わった国交省はゴミ問題でインチキをしているようだという印象をもちました。

 このゴミ問題は話がごちゃごちゃしていましたが、昨日の辰巳議員と佐藤国交省航空局長のやりとりで、すっきり理解できました。

 

 更地価格からゴミの処理代8億2千万円を引いて1億3千400万円で売却。

 9.9mの深さまでボーリングしてスクリューの先にゴミが絡まっていたことを根拠に、その深さまでのゴミ処理代を計算して8億になったということですが、そもそも国交省職員はそのゴミの確認を直接やっていない。写真と作業者の話だけで行っている。佐藤局長は9.9メートルまで廃材等が存在すると「設定!」して出した見積もりが「合理的である!」と判断したという(「 」や!は私が強調)。

 2010年の学園の調査では3.8mまでの深さにコンクリート、廃材等が約1万1千700トンあるだろうと見積もられたが、実際に撤去されたのは720トン、全体の16分の1のみ。9.9メートルのボーリングの際、そのゴミが絡まった可能性があると辰巳議員が主張。

辰巳議員は2010年に森友学園が行ったボーリング調査の100ページに及ぶ報告書を入手。それにはその土地の地質や埋設物の詳細なデータもある。それを専門家たちに調べてもらった結果、この土地の9.9mの深さからゴミが出ることはあり得ないという見解だった。さらに国立研究開発法人産業技術総合研究所にもデータを調べてもらった結果、おそらく3.0mくらいまでは人工的に埋めた埋設物から成り、それより深い部分は天然の堆積物と思われる。そこは地層から見て人の手が加わっていないという回答だった。研究所の人に実際に来てもらってボーリングの報告書を見せることもした。研究所の研究企画室長・理学博士に深度10mくらいからゴミが出てくることはありえるかと尋ねると、あり得ないという答えだった。100mほど離れた豊中十中のボーリング調査も見てもらったが、ほとんど地層は変わらないので同じようなものだという。

そもそも3.8mとか9.9mという数字の根拠も国側はあいまいにしか言えないと辰巳議員は言う。

 

やはり辻褄合わせに、深いところにゴミがあるということにして、その撤去費用として8億円余を差し引いた額にして売却した可能性が高いと思います。

それは特別な力学が働いてやったこと。

 

委員会で首相や副総理が座っている映像が何度も見えました。首相の左隣の副総理兼財務相の麻生氏は始終ニヤニヤしている。首相の答弁は高飛車。麻生氏の答弁は柄の悪い言葉を使う。議長に注意され場内で笑いが起こる。こんな輩に日本を牛耳らせてはいけないと思います。

 

 

*安倍政権は教科書検定で愛国主義を押し付け続けていますが、なんと道徳教材で登場人物の友だちがパン屋だということが郷土愛不足と難癖をつけ和菓子屋に変更させたという。若い人たちのパン好きまで抑え込もうとするとは呆れる。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000130-asahi-soci

 

 こういう異常な偏向の背後に政権を支える極右集団の日本会議があるわけですが、日本がこれ以上連中の妄想の犠牲にならぬように、国政選挙の投票で対処したいものです。

 

 そのうち、パンツはやめてふんどしにしろと言いかねない。

 

 

3月24日(金)

*国会中継を少し見ましたが、迫田氏らは参考人招致でした。嘘を言っても罰せられない。ブログに書いたり、取材で言ったりするのと同じレベル。

 民進・福山議員が安倍首相、佐川財務省理財局長、迫田前財務省理財局長(現国税庁長官)、竹内前近畿財務局長(現国際局長)らを追及している場面を1時間ほど見ているうち、あほらしくなってやめました。本当のことを言うわけがない。また瘴気にあたったか、頭が重くなったのでマロンの散歩に出ました。今日も計4回散歩。

 筋トレにも行きました。今月5回目。

 

*昨日は孫娘(じき5歳)のレッスンのあと、2歳3カ月の妹も一緒に我が家で暫く預かりました。上の子と私はいつもの動物ピースを使った魔法世界で遊び(というか私が孫娘の言いなりになる)、下の子はリビングで一人遊び。

 レッスン中、この下の子は母親と一緒に居たレッスン室を抜け出し、勝手に2階の部屋を歩き回わりました。危ないので私がマロンを抱いたまま付いていく。「近くに居て!」と2歳孫娘。マロンを抱えながらだと遊ぶのも大変。この子は勝手にリモコンを使ってエアコンのスイッチを入れたりするので目が離せない。ベッドルームで寝る真似。私もマロンを腹に乗せて隣のベッドに寝そべる。マロンもちゃんと寝る。でも娘はすぐ起き上がって隣の客室に行く。マロンを抱きあげて追う。客間の端にしゃがんで手を振る娘。私はマロンがいるのであまり動けない。そのうち娘は私の周りをグルグル回り出す。時計回り。案外目が回らないものだと感心。反対方向にも回るように指示するけれど通じない。きつくなってきたのでマロンをリビングに降ろして鳴くにまかせ、2階に戻る。そして一緒に客間で寝転んだりして遊ぶ。こけし人形みたいで可愛い。姉の影響か、言葉が早く、いろいろしゃべる2歳児です。しゃべるこけし。

 

このあと家内が2人を風呂に入れてから食事。はしゃぐ2人を風呂に入れるのは大変そう。食後私は上の孫娘に連行されてレッスン室で遊びの続き。床の上で動物ピースを動かすので腰にくる。かなりの難行ですが、最近の森友騒動に集中していた頭をほぐすのには良かったみたいです。

家内はすっかり疲れ果てて早く寝てしまった。

 

その後私は見残した衆院の証人喚問の続きをビデオで見ました。

嘘をつくと偽証罪になりますよとくぎを刺されても、はっきり断定した籠池証言がいくつか出ました。本当のことを言っている印象。

最後の維新の議員は攻撃的でした。終了間際、松井知事がはしごをかけたのに自分から落ちたのはあんただ!と絶叫して、松井知事の関与を認めてしまったのは愉快でした。維新の議員らしくあまり利口そうではない。

 

さて昨日の東京新聞朝刊に重要な記事が載っていました。

 

以下引用

 

3日間に出来事集中

20159.3 首相が理財局長と官邸で面会

    9.4  国会審議中に大阪入り

    9.5  昭恵氏講演時「寄付?」

 

 首相は201593日、国有地売却を担当していた近畿財務局を管轄する財務省理財局の迫田英典局長(現国税庁長官)らと官邸で面会している。

 学園と近畿財務局は国有地の定期借地契約を締結し、校舎建築に向け敷地の廃棄物などの処理で協議している時期だった。

 翌4日には同財務局などが、施工業者と会合したことが業者側記録で分かっている。記録によると、財務局はここで廃棄物を「場内処分の方向で」と依頼している。財務局は場内処分依頼を否定し、面会したかどうかについても、記録を廃棄していて「分からない」としている。

 同じ4日、首相は集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法が国会審議で大詰めを迎える中で大阪入り。テレビ出演し帰京したが、翌5日に昭恵氏が入れ替わるように大阪入り。学園の系列幼稚園で講演し「主人も寄らせていただきたいと言っていた」と語った。

 昭恵氏は5日に小学校の名誉校長に就任。さらに籠池氏側の証言では、小学校建設のため百万円を寄付したという。首相は寄付を否定している。

 

以上引用

 

 もし93日に首相自ら迫田氏に森友学園の土地購入に関し口利きをして、全てが急転したのだとしたら、これはおおごとです。

首相側がこれまで頑として迫田氏の聴取や国会召喚を拒否してきた、その壁の固さが、このような事実を突かれることへの防御だったのだとしたら納得がいってしまうが、どうだろうか。

自ら学校認可や土地ダンピングへの関与があったとしたら、首相を辞めると公言している安倍首相です。昭恵夫人が関与した疑惑が強まった現在、安倍氏の関与まで疑われる事態が起こるかもしれません。ここが本丸だったか…。   だとしたら、これまでの謎 ― 森友学園に関して関係省庁の異例の対応、役人なら必ず残す記録の廃棄、それも肝心な時の記録が廃棄されていること、重要参考人の迫田氏を絶対に表に出そうとしない首相側。国会で野党に追及されてムキになって否定しまくる安倍首相。− すべてが腑に落ちることになります。

もし本当なら、これは疑獄事件に相当するわけで、本当に内閣が吹き飛ぶかもしれない。それだけのリスクがある問題なら、官邸側は総力でもみ消しにかかるでしょう。

とりあえず、迫田氏の発言を注視したいです。事件の広がりの大きさを考えれば、偽証罪の危険くらいは背負って嘘証言をするかもしれない。

何もかも失って、もう失うものがない籠池氏の宣誓証言と比べて、現国税庁長官が、本当のことを言って失うものの大きさを考えれば、宣誓証言の信用度は低くなる。偽証くらいするかもしれない。

 

3月23日(木)

*参院・衆院予算委員会の籠池氏証人喚問。印象だけ簡単に。

 籠池氏はかなりなトンデモ人間ですが、日本会議仲間からもてはやされた後、一気に落とされた人。哀れを催す。100万円のやり取りの詳細な説明は真実味がありました。それに対し官邸側の全面否定は口裏合わせの印象しかありません。

 質問者の中で強引に自民側の論理にすり替えようとする印象を与えたのは参院の一番手自民の西田氏。民進の福山氏は勢いがなく、あがっているような印象。山本太郎氏は浪花節調。衆院の自民葉梨氏は元警察庁官僚、捜査2課で尋問経験がある人らしく、ねちねちしていました。

 

 元財務局長迫田氏の召喚が決まりました。やっとです。なんで政権側はこれまで頑なにこれを拒否していたのか。

 

 しかし、なんか疲れました。清らかなものがどこにもない。政界の瘴気にあたったようです。

 

3月22日(水)

*明日NHKの国会中継がやっと決まったようです。

予定変更に手間取ったらしいけれど、それだけかな?

批判の声が集中したと思う。

 

*明日の証人喚問に関し詳細が分かりました。

フジ・直撃LIVE グッディからの情報。

やはり自民が最初になりました。質問者の変更もあります。

 

参院

1010分 証言聴取

1028分 自民 西田昌司議員 税理士 

1103分 民進 福山哲郎議員 法学部卒

1131分 公明 竹谷とし子議員 公認会計士

1146分 共産 小池晃議員

1156分 維新 浅田均議員

004  希望 山本太郎議員

009分 無ク 松沢成文議員

 

衆院

300分 自民 35

335分 公明 25

400分 民進 38

438分 共産 12

450分 維新 10分 

 

 なお野球は今日日本が米国に12で負けて明日の決勝戦に出なくなったので、国民の関心がばらける度合いが少し減りました。

 

*昨日、23日の国会中継を予約しようとして、NHKが高校野球しか中継しないことに気付きました。23日という日取りは証人喚問をWBCの決勝戦にぶつけて国民の目が国会に向かわないようにした可能性があると思っていましたが、なんだ、NHKの中継まで差し止めたのかとあきれました。百条委員会は高校野球があっても中継したのに。政権側はもうなりふり構わず隠蔽の方向なのでしょうか。

 証人喚問は午前10時からです。NHKは高校野球の途中、場面を選んで国会中継を挟む可能性もありますが、それは百条委員会への対応と比べると、編集側の都合によって全てを見られないという意味で酷い扱いです。国政の基盤が揺らぐかもしれない場面を全面中継しない。揺らぎかねないからこそ隠蔽する。政権がそのような姿勢をNHKに取らせているとしたら、大問題です。国民はそういうことに敏感になるべきです。

 

 ネット中継はなされますから、ネット環境がある人であれば国会中継は全て見られます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/

 

 だだ、NHKの放映ほどは大勢が見られるものでもないでしょう。

 

 一応報道から分かった明日の予定をここに転記しておきます。

 

午前10時から約2時間 

 参議院予算委員会

午後250分から約2時間

 衆議院予算員会

 

質問の割合(参院)

総括質問 8

自民  35

民進  28

公明  15

共産  10

維新   8分 

希望   5

無ク   5分 

(今朝のフジ、とくダネ)

 

参院・衆院同じ日というのも異例だし、各院2時間と短いのも異例。

通常は各院5時間で、日にちも違うそうです(今朝のフジ、めざましテレビ)。

 こんな短い時間で何を質問・返答できるやら。

 

なお、ふつうは最大会派から質問するのが通例で自民が先のはずですが、今回自民と民進の間で順番に関し揉めているそうです(毎日新聞朝刊)。最後に爆弾発言が出たとき民進だとまずいという自民の思惑らしい。どこまでも印象操作ですね。

質問者は参院7会派7人、衆院5会派5人が予定されている(テレ朝羽鳥慎一モーニングショー)という。

自民党の質問者には西田昌司参議院議員(58歳)税理士、葉梨康弘衆議院議員(57歳)元警察庁官僚、民進党は枝野幸男前幹事長(52歳)弁護士が予定されている(とくダネ)。

 

 今日の参院の様子をネットで見ましたが、民進の質問者が問い詰めても佐川財務局長は役人答弁でのらりくらり答えていました。上のアドレスから入れば、その場面のビデオを見られます。今日2215時からの財務金融委員会です(今確認したら、もう見られませんでした 1859分)。

 

 

3月21日(火)

*現実に即した想像力はとても大事ですし、その想像力の欠如から社会不全も起こりえます。シュタイナーの人智学では現実を把握する想像力が重視されています。人と人との関わりに調和をもらすのも相手のことを思い遣る想像力です。また人同士の関わりのスムーズさは物理的にも見えるものでして、数人でオイリュトミーをしながら、互いの体を交叉しても、調和意識の奇跡でぶつからない。自然の微妙な違いや変化に対し感覚を開けることも人智学では重要になる。

 これら全てを私は肯定できるし、そうでなければ人格的調和や、人類の平和もないことは分かります。

 しかし、想像力が届かない世界があることも知ってほしくなる。

 想像力の働く人格は、精神病理学でいうなら、環境に従順に適応する同調性性格(ミンコフスキー)、循環気質、躁鬱気質です。

 私は、そのような周囲と調和し、誰とも仲良く話せる気質を憧れるとともに、そのような雰囲気の中に長時間いると、自分の個性が縛られて苦しくなってくるタイプです。

 それは空想力が抑圧されるからです。

 現在存在しない遠い未来の文明の様子は、今の現実を知悉していても想像の触手が届かないものです。

 現実から遊離した空想力の出番はそういう時に出て来る。

 シュタイナーが言及しなかったUFOは、空想の産物のように見られて、その話題を持ち出すことは、ルチファー原理の介入のようで、ためらってしまう。

 昨夜は響きに耳を澄ませることもみんなでやりました。数人で響きを出しながら自由な「合奏」もしました。互いの心のハーモニーがそこから読み取られる。

 帰宅途中、死相までは出ていないだろうけれど、極度に疲労している自分がいました。ふだんはない頭痛まで後頭部に感じました。帰宅して血圧を測ったら、上も下も高くなっていました。

 やはり私は空想力(構想力)が自分には馴染みであり、世界を構成する根源、未来にしか本当には解明されない世界原理を空想力を用いて探ることの方が性に合っているようです。シュタイナーの協会に属さないのも、そのせいです。ただ空想力の世界に偏ることはしません。ルチファーの誘惑にはまり、怪しげなことでも無防備に信じてしまうことに通じます。私の中のアーリマン的・実証的気質がそれを防いでいます。

 

 さて日本の政治。百条委員会で浜渦氏は鉄面皮ぶりを、石原氏は老残ぶりを発揮しました。内閣は今日、共謀罪法案を閣議決定。次はナチも悪用した緊急事態法を持ち出す準備をしている。次々とだましのテクニックで国民の精神の自由を奪い、国家への忠誠を強いる道を進んでいます。騙されるばかりでは情けない。内閣支持率が最近の森友学園がらみで10ポイントほど下がっているようですが、それでも50%は割らない。そんな日本なんだ…。

 

3月19日(日)

*明日は友人の奥さんのレストランで行われるシュタイナー音楽療法の講座に参加します。私のシュタイナー読書会のメンバーからも2人参加。彼女らはETコンタクトのメンバーでもある。それから音大の学生が3人来る予定。私が直接教えた学生ではないけれど、音楽療法サークルのメンバーなので関心が高いはず。どんな講座になるか楽しみです。

 

 今朝のTBS「サンデーモーニング」ではこの一週間の出来事を振り返りました。森友学園問題も扱いました。コメンテーターたちが良いコメントをしていたのでここに少し引用します。

 

田中秀正氏(福山大学客員教授)

 6人(注:籠池泰典氏の他、佐川宣寿財務省理財局長、理財局の担当者、当時の理財局長・現国税庁長官迫田英典氏、大阪航空局担当者)の参考人招致が、証人喚問のためになくなった。これは6人の参考人招致をやめるために、証人喚問を籠池さんだけにしたということだと思う。断定はしないが、そういう疑いを即座にもった。格安に国有地が払下げられた。なぜか。誰がやったのか。どうしてやったのか、ここに問題の核心があるので、これは絶対に忘れてはならない。証人喚問はたしかに衝撃的なことではあるが、ある意味これで助かった人がいるということにならないようにしないといけない。本当にこのカラクリを暴くことは、これからの日本にとってうんと大事なことだ。陰でいろんなことが動いている。籠池さんはああいう人だから、あきれかえっているが、それで幕引きにしては絶対にいけない。

 

荻上チキ(評論家、35歳、「シドノス」編集長、インターネットから政治経済まで広く論じている)

(前略)忘れてはならないのは、今回、籠池さんは非常に強力なキャラクターなので、ワイドショーなどもバンバン追っている。面白発言をする人みたいな感じで取り上げているが、これは大阪の私学課と財務省理財局長などがしっかり判を押さないと前に進まない問題。なぜそれを押したのかが問題なので、籠池さんだけを喚問して、話がおかしいとか、矛盾しているとか吊しあげるだけでは解決しない。参考人招致をせず籠池さんだけを証人喚問してあとはスルーという与党の態度が一体何を意味しているのかということを、しっかり見て行かないといけないと思う。

 

青木理(ジャーナリスト・元共同通信ソウル特派員、著書に『日本会議の正体』。『安倍三代』)

 原点を忘れてはいけない。国有地の問題などをちょっと引いて見ると今回見えてきたもう一つのことは、籠池さんも、稲田さんも、安倍さんも、鴻池さんも、全員日本会議のメンバーだということだ。日本会議は日本最大の右派組織と言われている。ある種の右派というか、保守と言うより右派だが、それが問題全てに絡んでいる。今日本社会をそっちの方向にもって行こうとしている状況が、ちょっと引いて見ることによって見えてくる。これにちゃんと目を凝らさないといけないというのが1つ。もうひとつは昭恵さんだが、今回非常に重大な疑惑に関わっているのに、問題発生以降、イベントなどには出席されているのに、きちんとご自分の口で国民に何も説明していない。それは大いに問題であって、本来昭恵さんは国会でもいいし、あるいは記者会見でもいいから自分がどういう経緯で関わったのかということをご自分の口できちんと説明するという手続きも必要だと思う。

 

MC関口

 メールのやりとりを(籠池夫人と)したと言う話も出て来ていますからね。

 

(以上、会話を書き言葉ふうに直して引用)

 

 聞いていたときはよくぞ言ってくれたと思ったけれど、文章にしてみると当たり前のことばかりと言う印象もある。

 

 なおオーストリアの留学生関連の占いは返事が来て小休止。過去の出来事の日付で確認できるのは1つでしたが、いちおう当たっていました。

 

 

3月18日(土)

*オーストリアから、「今私が体験していることを実際に見ているような記述で驚いた」というメッセージが来ましたが、そこにはさらなる質問がいくつか書かれていました。本人は人生がかかっていて真剣なので、それに応えて占いました。今日の午前中は返事にかかりっきりでした。過去と未来を見なければならない質問だったので、トランジットで見たのですが、これってすごく疲れるのです。アプリで日時を自動的に変化させて星位を目で追うのですが、判断が難しい。4つの項目で過去を調べ、2つの項目で未来を見ました。可能性でしかないのですが、年月日を割り出して送りました。

 そのあと疲れた頭を癒すためにマロンと散歩。暖かいせいか、マロンはなかなか家に戻らず、家の近くをちょちょこ歩き回りました。

 

 午後はビデオ編集。森友学園関係のニュースを集めました。首相からの献金100万円を夫人から手渡しされ、それを口座に振り込んだ時の振り込み用紙に一度安倍晋三と書いたのを消してある。振り込み人は実際に振り込む人でないといけなかったということで。それがひとつの物証として提示されている。

 安倍首相側は献金を全面否定。

 私の印象では、籠池一家は追い詰められながらも、本当のことを言っていると思います。政権側はなぜそこまで距離を取ろうとするのか分からないほど、むきになって全面否定するところがあやし過ぎる。土地譲渡の過程に不審な点が多すぎることは全ての専門家が指摘しているところです。背後にくさい臭いがすると明言する解説者も多い。

 佐川財務局長のハトが豆鉄砲食らったような顔、麻生財務相のチンピラマフィア的な歪んだ顔、安倍首相の鉄面皮な顔などから発せられる威圧的なウソには、権力が自己防衛するときの冷酷さが漂います。籠池氏が土地の値段を3通りに申告して、その全てが正しいと言い放った分かりやすい大ボラとは違う陰湿さを感じます。政権側は籠池氏の証人喚問では十分な証拠は出るまいと高をくくっているようです。実際、証拠となるには不十分な物証が多そうですが、何か政権のウソを暴露できる証拠が出て来ることを期待したいです。

 また当時の財務局長である迫田氏も直接の関係者として召喚すべきです。これも全ての識者が主張していることなのに政権側は頑として拒否している。

 

 人間が嘘を言うとアストラル界で爆発が起こるとシュタイナーは言っていますが、国会会期中、アストラル界は大変でしょう。物質界でまき散らされる嘘の砲火がアストラル界を揺るがせているはずです。

また夜間、自我とアストラル体が抜け出ている身体は高次霊が浸透して守っているのですが、嘘ばかりつく人間の身体にはある種の澱みが溜まっていて、それは高次霊と折り合いが悪く、高次霊が出たあとに分霊がちぎれて残ってしまう。大嘘付きの政治家や官僚の体にはそんな分霊がうようよいることでしょう。

シュタイナーの世界観に基づくと、そんなイメージも湧きます。

 

 

3月17日(金)

*今日は家内と墓参りをしてきました。家内の家の方のと私の方のと両方回りました。墓前でお祈りするのはふつう家内安全や健康のことでしょうが、私は世界平和に力を貸してくれるように祈ることもあります。今日も少しそうしました。それほど高次霊ではない祖霊には過大な要求になったかもしれませんが。

 今日は花粉が非常に多く飛んでいるということで、ジャンパー、マスク、帽子の完全武装で出かけました。目がぽやぽやする。

 

 またオーストリアから占いの依頼。かなり時間をかけて記述し、送りました。恋愛の手助け。

 

 森友学園の籠池氏をめぐり、魑魅魍魎たちが騒ぎ立てている感が強まってきました。籠池氏問題で首相を攻撃する輩は北朝鮮を利するつもりかとか訳の分からないことを言いだすネトウヨ・レベルの維新の議員もいる。23日の証人喚問を前に政権側はさまざまなデマゴーグを飛ばすことでしょう。

 籠池側から伝わる情報は、どこまで正確かは分かりませんが、これまで隠蔽されてきた事実かもしれないと言う意味で目を通す必要があります。

 

3月16日(木)

*今日は英語講座の最後の回。勉強はなく、茶話会でした。お弁当を食べながら1人ずつ講座に対する感想を述べましたが、30人もいるので、それだけで時間いっぱいかかりました。

 私はこの講座で学んだことが、UFO観測グループで相当役にたったことを強調しておきました。実際に学んだ表現がすぐ会話やメッセージのやり取りに出て来て理解に役立ちましたから。来年度は同じ講師の元でステップアップした講座に参加します。

 

*森友学園をめぐる争いは、今は日本会議VS菅野完(『日本会議の研究』で日本会議の実態を暴いた著者)の闘いの様相もあります。日本会議(日本会議国会議員懇談会を含む)は首相をはじめ主だった閣僚すべてが関わる極右思想団体であり、日本を国家主義体制に向かわせている中核です。この勢力が現在日本を蹂躙しているわけで、その組織を暴いた菅野氏は巨悪に挑む小さな戦士でもある。

 森友学園を批判する側にいた菅野氏が籠池氏側に立ったのはおそらく、手の平返しの日本会議側の醜さに義憤を感じたからだと思う。森友学園を理想の教育機関であると持ち上げていたのに、土地取得や認可の過程で発揮した自らの権力乱用が発覚しそうになると、一斉に知らぬ存ぜぬを決め込んだ。稲田防衛大臣は他の鉄面皮たちより稚拙であったために、しっぽを捕まえられてしまいましたが(籠池氏と日本会議の席で会ったことまで口ばしっている)。

 今回の菅野氏のターゲットは首相です。まず昨日の籠池氏一家との会談のあと記者団に対し爆弾をひとつしかけました。政治家側から籠池氏に寄付があったとリークしたあと、記者団からの突っ込みに合わせ、閣僚の1人が、百万円単位で籠池氏に寄付をしている。その人物は国会答弁で偽証したことになる。しかし違法にはならないだろうということを告げました。

 今日の報道番組では、政界でも誰だ?という話になったけれども条件に合う該当者がいないので、偽情報ではないかとなどと解説していました。

 しかし今日、参議院予算委員会の与野党議員が森友学園を視察した際、案内役の籠池氏が、首相から寄付金をもらっていると話し、大騒ぎになりました。

 たしかに首相はこの森友学園との関与を全否定し、学校認可や土地の譲渡に何か関わっていたら、首相を辞めるとまで大見えを切っていました。講演をしようかと思っただけでなく、金銭の関わりもあったことになる。菅野氏が述べた閣僚とは首相だったらしい。

 与野党議員の視察のあと、籠池氏は野党代表たちと会談をしました。昨日菅野氏を通じて報じられた籠池氏の話:野党が連携したチームで会談の場を作ってくれるなら、すべてを話すという提案を野党側が受け入れたのです。その会談のあと、籠池氏の家から出てきた野党議員が取材陣に答え、首相夫人を通し、100万円の寄付があったという話、そして名前はなかったけれど、寄付金のリストを見せられたこと。信頼に足る書類だったという話が報道陣に告げられたのです。

 安倍首相はそれを否定しています。

 

 さて、土地の売買をめぐって大事なところで書類が残っていないという、官僚の世界ではありえないアヤシさ、ゴミの実在をめぐる疑惑(省庁から出された現場の写真には掘り返し跡や機械が写っていないと野党が追及)、籠池氏の国会召喚を異常なまでに拒み続ける自民党の頑なさなど、政権側が隠し立てをしていることはあまりにもみえみえです。

 そのためこれまでの会見の様子から信用度が疑われる籠池氏の証言も、当事者の話として検討する必要が出て来る。あとは証拠がどこまであるかです。

 首相もふつうだったら寄付したくらいでは首相の座が危なくなるようなことはないので、どっしり構えていればいいものを、また全面否定する。関わりがないと言っていたのが嘘になりますから、押し通そうというのでしょう。まだ籠池=菅野サイドの爆弾は残っているようなので、これからの進展を見守りたいです。 

 

 首相の献金の話まで出たことでついに与野党が籠池氏を国会の証人喚問に呼ぶことで合意しました。23日です。証人喚問は偽証できない。与党は賭けに出ましたね。

 

3月15日(水)

*籠池氏の会見はキャンセルになりましたが、その籠池氏は菅野完氏の都内の自宅を訪問。外国特派員協会での会見を放映する予定だった各局は菅野氏の自宅にカメラを向けました。そして菅野完氏が自宅で籠池氏にインタビューする前に報道陣に囲まれ話す場面がTBSの「ゴゴスマ」で流れました。フジの「直撃ライブグッデイ」は菅野氏の発言を流すことを避けたのか、籠池氏が出てきたときに写すといってその場面は流しませんでした。上層部がヤバすぎると判断した可能性あり。

 ほんとうにヤバかった…。もともと自分を右翼系と名乗っている人ですが、若いのに肝の据わった人物だと言う印象でした。

 元来森友事件の情報は彼からマスコミに配信されている。彼はマスコミが待ち望む情報源なわけです。籠池氏と親しくなった様子は下の記事にも張ったこのサイトにあります。

 彼は実に落ちついた口調で取材陣に自分の立場をきちっと述べ、質問には答えられるものだけを答えるという断固たる態度を見せていました。常に取材して裏を取り、文書にしてマスコミに情報提供することを生業にしている職業上築いた性格だけでなく、信念に立脚した堂々たる態度が見受けられました。軽薄なマスコミを吹き飛ばすかのような確たる芯のようなもの、揺るがぬ体幹を感じました。その彼の発言には重みが感じられる。彼はこう言っていました:

籠池氏が握っている情報を全部出したら、内閣の2つくらい、飛ぶだろう。安倍など取るに足らないくらいのことが起こる。これまでも籠池氏からの情報を伝えてきたが、まだ出していない爆弾が4つある。またこれから7つくらい答えをもらって爆弾が増えると思う。それを出すかどうかは私が決める。

籠池氏はふつうの大阪のおっちゃんだ。追いかけるなら、召喚するなら、この公人の2人にしてほしい(と松井知事の写真を見せる)。悪いヤツは松井(大阪府私学審議会の決定を学校の認可適当に捻じ曲げた)、それから迫田(現国税庁長官、籠池氏の土地譲渡に関わった際ハンコを押した理財局長)です。彼らが先でしょう。この2人の単独インタビューをとってきてくれたら籠池氏も話すという。

取材に裏付けられているだろう彼の発言には、強い力が感じられました。

防衛大臣と籠池氏が会ったのはそんな前ではなく201510月、自民党会館でだろうとも言いました。稲田防衛大臣の態度には人間として美しくないものがあるのでと言ってバラシました。

このあとまだ囲みインタビューは続いたはずですが、TBSCMを流し、番組再開後は小池知事の話題に変えました。もっとインタビューを見たかった。

大阪維新の松井氏が森友学園をめぐる事件に直接関与しているだろうことは予想していましたから、菅野氏の指摘は意外ではなかった。

しかしあの古武士のような落ち着きと鋭い眼差しをした菅野氏を直接見られたのは興味深かった。あれはリベラル派にはないキャラクターです。

籠池氏が会見をドタキャンしたおかげで菅野氏の肉声が聞けたわけです。籠池氏のドタキャンの理由は、みなさんが想像するだろうこともあるし、そのほかもろもろのことが関係していると菅野氏は言っていました。政権側の圧力で外国特派員協会の会見がつぶされたとしたなら、そのおかげで菅野氏がテレビに登場し、森友事件の深い闇の底なしぶりの一端が明かされたことになったわけで、この展開は皮肉です。ただマスコミが彼の証言をどこまで伝えるかが問題ですが。

 

*2月8日に事件が発覚したあと財務省から身を隠してくれと言われ10日ほど隠れていたと籠池氏が発言。 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3005176.html

この件を国会で質された佐川財務省理財局長は、そんなことはないと否定。

 

 今日の籠池氏の外国特派員協会での会見は急きょ1週間延期になりました。籠池氏はその理由については黙っていたという。11日に大阪府の自民党に府議会招致され証言することが公けになったとき、国会では拒否しながら大阪府の自民党は招致している矛盾を野党が追及。そしたら、大阪府議会への招致も消滅してしまった(13日)。

 本当のことを言われたらその後始末が大変と、圧力がかかっているのは明らかです。1週間延期というけれど、政府は共謀罪法案をその間に閣議決定してしまう魂胆かもしれない。悪党たちの鉄面皮と狡猾さ。

 

*森友学園の塚本幼稚園内で行われている実態の映像をマスコミに流したり、防衛大臣が森友学園の顧問弁護士をやっていたことを最初に把握したのは菅野完氏だったようです。この人は『日本会議の研究』(扶桑社新書)を書いた人。

以下の記事で籠池氏をインタビューする彼の手腕が描写されています:

https://news.yahoo.co.jp/byline/akazawatatsuya/20170315-00068712/

 

 今日の午後には籠池氏が外国特派員協会に呼ばれ話をしますが、どんな話をするやら。

 

 昨日のコラムで最後言いたかったことをここに書きます:

 

 森友学園をめぐる問題は籠池一家の特異さをお茶の間で眺めて終わるようなものでは決してないです。裏で政権と緊密に結びついている日本会議が動けば、どんなことでもやってしまうという例が表ざたになったということです。極右の教育モデルという錦の御旗が振られたことがそもそも異様であり、恐ろしい。そのことをもっと意識するべきだと思う。

 政権は日本を戦前の国家主義体制に戻そうとしています。戦前の治安維持法を模した共謀罪法案は国民の精神の自由を封じる道を開くものです。政府は今回の籠池騒動を尻目に、共謀罪を閣議決定しようとしている。昨日、公明党が法案を了承し、政府は閣議決定の機会を窺っている。

 

 

3月14日(火)

*オーストリアに留学中の教え子から一昨日また占いの依頼が来ました。以前占った後輩の日本人留学生について相性占いをしてほしいというものでした。この留学先の日本人グループは随分面倒をみています。先日は占ってあげた女性から最敬礼を伝えてほしいという伝言が来ましたっけ。占った内容はプライバシーに関するので言えませんが、本人しか分からない気持ちまで当てていたようです。

 今回はまたかなり微妙なケースでした。学生相手の占いでよくある、2人の男性との相性比べみたいな依頼でした。相手は外国人ですから、彼女らはやはりよく分からないこともあり占いに頼るのでしょう。

 それぞれの男性の特徴と相性を調べ、結果を昨夜送りました。

 両方とも両想いの相があり、ある意味二股ですが、ひとつの方はちょっと問題もある。

 今朝仲介した教え子からメッセージが届いていました。占い結果は的を射すぎていて当の日本人留学生と仲介した彼女ともども2人して驚いたそうです。本人はちょっと問題がある方の男性とこれから逢うので、その直前に知れて良かったという。

 たぶん男性2人の特徴がそれぞれ当たっていたのだと思う。会ったこともない2人の人物を生年月日だけで区別し、それぞれの特徴を言い当てるというのはやはり常識を超えた驚くべき行為なのかもしれません。

 若い彼女らは遠いヨーロッパで音楽の勉強をしながら、恋もする。私の占いの動機はもともと若い人たちの恋愛の手助けをしようというものですから、人から見たら道楽にしか見えない占いも、自分の望みの成就という側面があります。彼女らの不安な恋の手助けをしていると思えると嬉しい。私の晩年は、そう詰まらないものでもなさそうです。 

 

*森友学園問題。なんかもう報道チェックに疲れてきましたが、大事なことなのでもう少し頑張ります。

 防衛大臣が前言を翻し、森友学園の訴訟に弁護人として関わったことを認めました。また薄皮が一枚剝げました。

 昨夜のNHKクローズアップ現代も森友学園問題を取り上げていました。あまり期待せずに録画して、先ほど視聴。

 驚いたことに、関係者20名にインタビューするなど、かなりこの件の背景に肉薄していました。私立学校の認定を審議する大阪府私学審議会会長、梶田叡一氏がインタビューに登場。大阪府で認可適当の結果が出たプロセスは異例ずくめであり、背後に何らかの力学が働いたとおもわざるを得ないと証言。積み立て金が少ないなど経営的に問題があることを指摘すると、府担当者は「大阪府の職員、私学大学課の行政の職員がチェックした上で適切であるという判断をさせていただいております」(事務局議事録より)と言った。委員たちはその説明を信用するしかなかったという。森友学園が土地を確保していないのに、国が学園と借地契約を締結する予定ということで、認可適当の判断が出ている。これは例のないような話だと会長は証言。長年審議会の会長をしてきた梶田氏は、一連の経緯にこれまでにない不可解さを感じたという。「国の行政でも都道府県の行政でも市町村の行政でも、大きな力がどこからか働いて、ある意味では住民全体の公平公正な幸せのためにやらないといけない行政が、ちょっとおかしいなということが、ときどきないわけではないですね。」

 幼稚園の経営しかしていない学園は本来借金をして小学校を建てることは制度上できなかった。なのに認可の申請が出来るような私学設置基準の緩和を大阪府が行ったのも異例である。すべてが認可を前提に動いていた。

 学校法人の土地取引の件についても不可解な点がいくつもある。財務局と学園の面会記録が残っていないという点もそうであり、元近畿財務局職員(40年間、国有地の売却に携わっていた)も、土地売買の交渉の記録をすぐ廃棄することはなかった。国が廃棄したという交渉記録はパソコンに残っているはずだと証言する。

さらに「保守系政治関係者」の男性が匿名で登場。籠池氏と面識があり、関西に幅広い保守系人脈があるという男性。森友学園理事長の教育方針に惹かれ、複数回幼稚園を視察したという。学園の方針は一部の人たちからは大絶賛されていたそうだ。番組では学園で講演したかなりの数の人たちの写真付きパンフが写る。

籠池氏が政治家を使って無理なことでも突破しようとする別の例もあった。

彼が園児たちにラグビーをさせていた公園に市が花壇を作る計画を立て、実施されそうになったとき、理事長・副理事長が市議2名を引き連れて市に抗議に来た。それらの議員の背後には大勢の考えを同じくする有力者がいると臭わせて、花壇作りをつぶしたという。その経緯を先の「保守系政治関係者」の男性が語っていました。議員たちが言ったことは「理事長が築いてこられた特に右の方々を中心とするネットワーク、人脈ですよね。彼の陳情の後ろに沢山の人がついているんだと」。

 この右翼系のネットワークを日本会議と実名で言えないところが今の日本のメディア状況でしょうが、NHKはよくこれだけ政府に不利な取材報道をしてくれたと思います。

また、ゴミの処理に関しても、府が提出した現場写真を専門家に見せ、これは掘った写真ではないので何の信用性もない、これでは処理料金はもらえないという証言を紹介していました。また番組のナレーションは「こうした手続きには多くの疑問の声もあがっている」と暗にゴミの存在はとってつけた口実である可能性を臭わせていました。ここはもっと突っ込んでほしかったですが。

 今回の森友学園の件に関してはこれまで政府批判を控えていたようなメディアも、よく取材して報道しています。それだけ誰が見ても変なことが起こったと分かるケースです。安倍首相が国会答弁でしばしば感情的になっているのは、これまでコントロール下においたと思っていたメディアが一斉に反旗を翻し、万全だと思っていた体制が揺らぐ危険を初めて感じているからだと思われます。

 

 

3月13日(月)

*まだまだ森友学園問題は火種であり続けています。

 昨日籠池氏の長男が割って入った会見。えっ?籠池氏が理事長を辞めない?という疑問符で終わったあと(長女に理事を任せるがいつになるかは明言せず)、長男は引き上げるさい「圧力がすごいんです」と言いました(昨日のフジテレビ「Mr.サンデー」)。

 圧力で父親が理事長を辞めさせられそうだ(させられた)ということでしょう。どこからの圧力かは言いませんでしたが、当事者の発言として重要です。

 番組で解説者の木村太郎氏はどこからの圧力なんですかと司会のミヤネ屋に聞かれ、口を真一文字にして黙っていました。ミヤネ屋に知っているじゃないですか?と突っ込まれても言いませんでした。言ってほしいですね。

 そのほか、まだいろいろ新事実が見つかっています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010001-bfj-soci

 

政権側はずっと白を切り通している。今日の国会の質疑で首相は再度籠池氏の国会招致を求められ、判断は党と理事に任せたいと言いました。どんなふうに「検討」するのやら。政権=日本会議国会議員懇談会の意向で極右モデル校の森友学園の小学校許可相当判断(学園の資金不足、教員体制の不備、教育内容の教育法違反にもかかわらず)、そしてゴミ撤去費用にかこつけた土地のダンピングが行われたことが大いに疑われているわけですが、独裁状態の政権側がそれを認めるわけがない。被疑者が自らを「調査」するわけがない。政権担当者と関係省庁が口裏を合わせて否定するのをどうやったら突破できるのか。突破した先には政権基盤の揺らぎが起こりうるだけに、このスクラムは非常に強固です。国民の声でこれを突破できればいいのですが。

今日の国会で野党の追及を受け、首相は昭恵夫人を通じ森友学園からの依頼で講演を予定していたことを認めました。そしてそのことの何が問題なのか分からないと居直りました。質問者の小川氏は「首相と学園との関係が緊密であること、教育方針と首相の考えがかなり共通しているのではないかという観点から確認した」と発言(東京新聞今日の夕刊)。薄皮を剥ぐように少しずつ事実が表に出て来ていることは確かです。

籠池氏がやっていたような教育は政権が目指す教育でもあるので、ここでその非を明確にしておかないと近い将来、似たような小学校が、もっと抜け目ない形で続々と誕生するに違いありません。

 

3月12日(日)

*今日は家内の誕生会を昼から挙行。三女夫婦は初めて購入した車で来訪。婿さんの運転でしたが、かなり時間がかかってしまい、みんなで待っていました。

 長女の婿さんが電話でナビ。最後の駐車も横でアドバイス。

 まあだんだん慣れていくでしょう。

 賑やかな一日。孫たちが家の中で運動会でした。

 少し疲れましたが、こういう日々が幸せなんだろうなぁと思う。

 次女の息子のベビーシッターの日程をメモ。明後日は長女の2歳娘を預かります。私一人で大丈夫か。

 

*自民党の船田元衆議院議員がブログで森友学園をめぐる国有地格安売却問題では「特別の力学が働いたと思わざるを得ない」と述べたそうです(東京新聞今朝の朝刊)。日本会議の力学であるわけですが、小学校の認可申請取り下げを契機にどうやらこのままうやむやになりそうです。

 籠池氏が一昨夕報道陣の前で一方的に自説を展開しているとき、各テレビ局でその映像を流していました。ところがまずNHKで南スーダンの自衛隊撤収のニュースが割って入り、安倍首相が登場。チャンネルを回すと、テレ朝でもこの臨時ニュースをやっている。やはりテレ朝はすっかり手なずけられているなぁ、社長が首相に籠絡されてしまったし、と思ってTBSに回したら、まだ籠池氏の映像。ところがじき安倍首相の映像に切り変わりました。まあ、遅きに失したとはいえ、撤収はニュース価値があるしなと思いました。でもこのタイミングは意図的な感じだなという印象はぬぐい切れませんでした。

 民進党の山井国対委員長は記者団にこのタイミングは森友隠しではないかとの疑念を感じざるを得ないと語ったそうです(東京新聞3月11日朝刊)。

 はっきりは分かりませんが、可能性は大いにあるだろうと思います。9日のNHKあさイチの番組中も、突然臨時ニュースが割り込み、首相が登場。トランプ首相と電話で北朝鮮問題で話し合ったという趣旨の話をしました。北朝鮮のミサイル発射は確かに危険極まりないものですが、トランプと電話したくらいで視聴率の高い番組に割って入るほどの緊急性があることか??と思い、政権がNHKを勝手に国営放送として利用している感を強くしました。まさに「印象操作」ですね。

 

 

3月11日(土)

*午前中読書会をしました。日付がちょうど3.11.ということもあり、日テレNNNドキュメント(2月5日放映、「お笑い芸人VS原発事故、マコ&ケンの原発取材」)を紹介。この番組はhttp://www.ntv.co.jp/document/backnumber/

の「過去の放送」で概要を読めますが、映像は上のトップページにあるhuluに登録すれば見られます。2週間の無償期間中に見ることになりますが。

そのあとフジ「世界の何だコレ!?ミステリー 今夜はUFOスペシャル」の甲府事件の箇所を見せ、「UFOと宇宙」の当該事件のコピーも配布。

なお昨日調べて分かりましたが、この事件関連で異星人を目撃した人が別にいたことも判明しました。目撃者は保険外交員の佐藤さん。

「同じころ同地域を通りかかっていた保険外交員の佐藤さんは、お得意先に行くために車を走らせているときに、道の真ん中に2人の見慣れぬ子どもが立ちふさがっているのに気がついた」「佐藤さんは車を道のわきに寄せて、2人の横を通り抜けようとした。そのとき、そのうちの一人が佐藤さんの車のフロントガラスに手をつけ、顔をぐっと近づけたのだ。」

それは、人間ではなかった。佐藤さんは恐怖を感じ夢中で車を走らせ帰宅した。その後、山畠君たちの話が有名になったのを知って、自分の体験を公表したということです(『世界UFO大百科』、学研、1989年刊)。

 

今日の読書会参加者はこの事件にかなりのインパクトを受けたようです。

この件で言えることはこの異星人たちはフレンドリーだったということです。子ども達や佐藤さんは彼らの外見に対し一方的に恐怖を感じていますが、本当は交流も出来るような状況だったと思う。全く環境の違う星で進化してきた異星人が人間とは違う外見であるのはいた仕方ないことです。恐れを抱くような精神状態ではコンタクトはできないので、心の安定を得られるような準備の行も必要ですね。

読書会自体は、ルチファーとアーリマンが病気とどのように関わっているかについて述べられた部分を読み始めました。前世にルチファーの影響を受けて欲望の限りを尽くすと、今生でその埋め合わせ(カルマ)としての病気を発症し、ルチファーを克服するために善霊から痛みを付与されるという。痛みを克服した時、ルチファーの影響を克服したことになる。

そ、そうなのか…。シュタイナーが言うのだから、そうなのかもしれない。でも痛みの緩和ケアがふつうの現代医療は、その邪魔をしていることになるな。などと議論しました。

 

原発、異星人、カルマ。こんなテーマを論じる読書会はあまりないかもしれません。なお新しい参加者はいませんでした。予想通り。

 

知り合いのシュタイナー音楽療法の講演に音大生が3人参加することになりました。音楽療法のサークルの学生。私が仲介して学生とシュタイナーとの新たな出会いが起こりそうです。

 

占いの申し込みもありました。

 

さて、明日は家内の誕生会です。また賑やかになります。

 

3月10日(金)

*『魂でもいいから、そばにいて』はじき読了します。いろいろ思うことはありますが、あまり批評したくない。最初の話が一番心を動かしました。

 

 明日は読書会。

 

*昨日籠池氏は囲みインタビューで「籠池つぶしはやめてほしい。しっぽ切りはしないでほしい」と言っていました。しっぽの本体は日本会議ですね。

 自民党は小学校不認可でことを収めようとしています。国民がこれほど知りたがっている法外なダンピング経緯には答えずに。

籠池氏を国会に招致することも頑なに拒否していますが、これも本丸の極右集団日本会議が明るみに出ることを絶対阻止しようとしているからです。防衛大臣が口を滑らして教育勅語賛美をし、自らが所属する日本会議国会議員懇談会の正体を露見させましたが、すぐ官房長官が個人的見解だと言ってふたをしてしまった。

籠池氏がYouTubeを使って見解を披露した中で、防衛大臣が籠池氏とは10年会っていないと言ったことを念頭に、10年と言っていたけれど、2年だと思うがな、とつぶやきました。ことほどさように、籠池周辺にいた政治家たちは一斉に知らぬ存ぜぬを決め込む。籠池氏の口は軽い。これは国会に呼ぶとまずいというわけです。

じき共謀罪の閣議決定を強行しようとしている安倍政権はこの件が障害にならぬよう、だんまりで押し通そうとしている。安倍政権の支持率が6割を超えていると聞くと、暗然とします。この状況はヒトラー政権下でヒトラーの正体が分らぬまま賛美・歓呼する民衆を彷彿とさせます。

 

3月8日(水)

*『魂でもいいから、そばにいて ― 3.11後の霊体験を聞く』(奥野修司著、新潮社)を読み始めました。

 最初の事例だけ読んだところですが、14年間連れ添った愛妻と可愛い盛りの1歳10カ月の次女を津波で失った男性の話には何度も目頭が熱くなりました。介護の仕事で知り合い、意気投合して結婚。それ以来互いに1日離れていたのは妻が友達と旅行に行った2回だけ。妻が何を感じ、何を思っているか、すべて分っていた。その最良のパートナーと子どもを突然亡くした悲しみと悔いで何度も生きる希望を失くす。でも助かった長女のためにも生き抜かなければならない。そんな彼は二人の遺体を火葬した日から何度も不思議な体験を続ける。妻が夢に現れるのだけれど、目を覚ましたあとも目をつぶると妻が見える。子どもと手を振るときもあれば、話しかけてくる時もある。瓦礫から不思議な偶然で遺品が見つかることが重なる。これは妻の霊が導いていると確信する。夢に現れた妻が「私がいないとつまらない?」と聞いたこともある。彼が落ち込んでいた時だ。また別の夢では、「待っているよ」と言ってくれた。

 彼は眠ると妻たちに会えるので、眠ることが楽しみ。そして妻と彼岸で再会できるという確信で、生きる気力も湧く。

 骨壺が置かれた仏壇の写真が載っていますが、仏壇の周りには見つかった遺品が山のように置かれている。アンパンマンのぬいぐるみもある。

 涙なくして読めませんでしたが、その感情はこの世に生きる人間として抱くものですね。

 ひとつの悲しい物語として読む文学的なアプローチです。

 

 でも、私は精神科学的にいろいろ考えてしまう。涙をぬぐいながら、悲しみの先に広がる精神世界を、感情を越え、いわば霊的客観的に認識しようとする。

 

 彼は夢を見ているとき、霊視が起こっている。彼は物質世界に肉体を置きながら、自我+アストラル体の状態で肉体から抜けかかっている。その際に特殊な条件が重なって、通常ならふつうの夢見状態にあるのに、アストラル界が見える霊視状態になっている。その彼にアストラル界にいる亡き妻の自我+アストラル体が語りかけている。

特殊な条件とは、この場合、ふたりの強い絆だと思う。相性が非常に良いカップルの場合、その相性というのは肉体的な相性というより、精神的相性、つまり心が響き合い共振し合うような相性です。常に互いに感応しあう。それはアストラル体の感応ですね。彼岸と此岸の境界はアストラル的には存在せず、共振し合えるし、意思が伝わってくる。この強い絆で結びあっていた二人を津波が引き離してしまったかに見えますが、夢見状態を利用して逢うことができている。そんなふうに解釈できます。

 

 あまり悲しみ落ち込んでばかりいると、生き残った長女に注ぐべき愛情が足らなくなるかもしれません。いずれ亡くなった妻子とは再会できるのですから、今を強く生きて欲しいなと思います。奥さんもきっとそう望んでいると思う。だからたぶん、彼の心が強くなるほどに、奥さんはだんだん夢に現れることが少なくなっていくだろうなと思います。

 

 なんかこの事例で死を越える愛が語られているように思えました。

 

 

3月7日(火)

*今日のテレ朝ワイドショー2部で、森友学園が小学校を建てようとしている敷地の元地主が登場して重要な証言をしていました。

(沢山録画しているのでチェックが遅れましたが)

 地主の男性乗光さん(76歳)は1995年の阪神淡路大震災で被災。翌1996年に豊中市長が当時の野田町の地主たちに野田町土地区画整理事業をもちかけた。前年の大震災の経験を踏まえ、避難場所となる公園をそこに建設したいという。地主155人はみな賛成し、土地を更地にし、彼らは同じ町内の別の土地に移転(土地は交換。古い家を取り壊す費用や新築費用は自己負担)。地域のためにと喜んで、やったという。8年後の2004年に公園が整備されるのを楽しみにしていたが、2012年にやっと予定地5.6ヘクタールの内半分が公園となる。残り半分も公園にして一緒にしてくれと言ったが、ちょっとお金が足りませんので待って下さいと言われる。ところが去年2016年の6月に突然、その半分の土地に学校が建設され始め、地主たちは約束不履行だと怒ったという。

 大事なことは、その土地は以前は田んぼであり、その後住宅地となった。土地の下にゴミがあるなんてことはないと地主はいう。「有害物質とか何トンのごみがあるとか言っているけど、一切ない。(以前は)私たちが住んでいて、その前は田んぼだった。」

 元は農地だったし、移転したあとも、毎日その土地は見ているが、ゴミなどはなかったと言う。廃棄物が搬出されるトラックも一度も見たことがない(201512月、国は13176万円を負担して環境基準を越える汚染土と埋設物を除去したことになっているが)。

 

 国がゴミの除去のために計8億円かかると言っているのが大ウソだというひとつの証拠になるのかもしれません。

 

2016825日テレ東・アンサーで放映した塚本幼稚園の番組では籠池氏を「大阪日本会議の幹部」と呼び、テロップは「大阪日本会議の代表・運営委員」となっていました。

 昨日のテレ東・ゆうがたサテライトで籠池泰典理事長のプロフィールを紹介していました(この番組は塚本幼稚園や瑞穂小学校の事件を独自取材しスクープし続けています。放映数回で消えた「アンサー」の続編だと思われます)。

 

 1953年生まれ(64歳)、高校時代まで兵庫・尼崎市で過ごす。小中校と机を並べた同級生は彼の名前を記憶していない。高校三年の担任や複数の同級生に聞いても苗字が珍しいのに「記憶が残らない」、とにかく「目立たない」という声ばかり。中学の担任は「特徴がない。思い出せない。良い所も悪い所もないということだったろうと思います。(当時愛国主義的なところはあったかという質問に)それもなかったですね。点です。小さな小さな点でしかない。」政治的な思想は全く感じられなかったとみな口を揃える。内面に変化が現れたのは大学(関西大学)入学後。学生運動が盛んな大学の雰囲気に違和感を抱いたと籠池氏は言う。卒業後奈良県庁に約7年勤務。この時代に妻となる森友諄子氏と知り合う。そして県庁をやめ、婿入りのような形で幼稚園経営にたずさわる。創立者の森友寛氏が亡くなると幼稚園を二人で切り盛りしていくことになる。塚本幼稚園を中心とした森友学園の昔を知る人(元保護者)は、当時はふつうの幼稚園だった。右翼的なことは全然聞いたことがなかった、と言う。1995年、森友寛氏が亡くなると、森友学園は変貌する。籠池氏は理事長就任後、極端な愛国教育を掲げるようになるが、学園経営はうまくいかなくなる。かつて森友学園が経営していたもうひとつの幼稚園は、近隣とトラブルが絶えなかったという。マイクロバス23台があり、帰ってきたら路上で洗車して住民から苦情があった。この幼稚園は極端な教育などで園児が集まらなくなり3年前に閉園。

 

 なお、今朝のテレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」でも、この幼稚園が登場しました。7年前、近くに住む住人の息子さん、当時小学3年生がこの開成幼稚園の前を登校のため通りかかったとき、諄子副園長に殴られたという。ちゃんとあいさつをしなかったからという。父親が抗議に行くと、籠池園長が応対し、どついて何が悪い。これが園の法方針だと言い放った。父親は警察に訴えたが副園長は再々の要請にも出頭せず、結局10カ月後に逮捕されたという。

 塚本幼稚園の場合も、いろいろ体罰的なことがあったことは報道通りです。

 

 ゆうがたサテライトの番組に戻ります。

塚本幼稚園に勤めていた元職員はふつうの幼稚園とは違うと思ったという。安倍昭恵夫人を真ん中に挟むように立っている籠池園長とその妻の諄子副園長の写真もある。園長は顔でしかなく、裏で副園長がぐいぐい引っ張っていた。副園長が金をもっている。学園創立者の財産をもっている。実際に学園を切り盛りしているのは副園長だという。

 去年815日の靖国神社で日本会議の面々が集会を開き、軍歌を歌っている。籠池氏は集会に参加せず遠巻きに見ている。彼は日本会議ではどういう立場かとの質問に、「日本会議大阪の代表委員ですね」と答える。名刺には「日本会議大阪代表・運営委員」とあった。(この場面は去年8月の番組では放映しませんでした)

 運営委員とはどういう役割なのか、レポーターは日本会議大阪の代表に話を聞きに行く(このインタビューは土地購入問題が明るみに出た後、最近だと思われます)。衛藤運営委員長は、代表・運営委員という肩書はないという。籠池氏は会合にはもう56年出ていない。個人的に会話したことなく、メディアでどんな人物か知ったそうだ。

 

 この話を掛け値なく受け取ることができるかどうかは不明です。

 

 番組ではいろんな人物が幼稚園で講演を行ったといいますが、塚本幼稚園は日本会議などの国家主義のモデル園と見なされていたのではないか?そして同じ趣旨の小学校を作るというので、政界が創立実現に動き、関係省庁に数々のあり得ない特例的措置を取らせたのではないかという疑惑が湧きます。

 

 国会論議を聞いていると、自民党議員が塚本幼稚園の件は冤罪だと言う。なんという鉄面皮と呆れるばかり。8億円は土壌汚染土の処理代だから別に問題ない、なんでこんなことが分からないのかと叫ぶ安倍首相の、問題意識の欠如感の凄さに、この人の頭の中はどうなっているんだと寒気すらする。

 5日の自民党大会では党則を変更。安倍氏がさらにもう一期(3年)総理を務めることを可能にしました。やれやれ…。

 

政治家たちの言動を見ていると、人間の皮はかぶっているけれど、その中に蠢く闇が凄い。あまりの百鬼夜行ぶりにいささかうんざりします。

 

 

3月6日(月)

*『魂でもいいから、そばにいて ─311後の霊体験を聞く─ 』(奥野修司著、新潮社)を注文しました。

 著者は、本当の霊現象ではなく、悲惨な体験をした人が慰めを得るために経験する心理的体験なのだろうというスタンスのようです。でも私の予想では本当の現象が多く混ざっているはずだと思う。

 

 大昔から自然災害を受け続けてきた日本。悲しみ、受容し、再起するというプロセスで対処してきた人々。

 でも突然断ち切られた絆は、そう簡単に完全消滅しない。彼岸から此岸へ声が、姿が届く。

 

 なんでも受容する国民性。自然災害ばかりでなく、人災も受容しがち。

米国の調査でも、報道の自由度が急落していると判定されている日本。

何をされても怒らないのでは権力をのさばらせるだけです。

今のままでは戦争やテロに巻き込まれ、悲しみと、彼岸からの声を聞くことになりかねません。

 

*安倍首相は自民党内で森友学園と省庁の間を仲介した議員がいないか確認してほしいという要望に対し、そういう議員がいれば自ら襟を正し名乗り出るだろうなどとアホなことを言って拒否しました。調べるまでもないわけです。分かっている。だから隠す。まったく人を愚弄した答弁です。

今日は森友学園への国有地払下げの際の土地割引は適正に行ったと、9億6560万円→1億3400万円の8億円の値引きを合法であるかのように言いました。識者たちは、園長が簡単に省庁と掛け合えるわけがない、政治家の働きかけがなければ無理といい、状況証拠から言えば真っ黒と言い切っている事案です。

おごる政権党は強引に逃げ切ろうとしています。国会答弁で見せる財務省財務局長のロボットのように繰り返す逃げ口上を聞き、ストレスで目をむいた顔を見ていると上からの圧力の凄さを感じます。籠池園長を国会に召喚して証言させてほしいとう要望も絶対受け入れられない。自民党側は「何を言い出すか分からない」と恐れているそうです。現に園長側は金銭を要求されたのに反対のことを言われ憤慨しているとブログで反論している。防衛大臣が大臣になる前、学園の弁護士をしていたとか、その夫が顧問だったとかの話もあり、この問題の根は深いですね。

NHKの「印象操作」は今に始まったことではないですが、一昨日くらいは土地価格のダンピングを単に「通常の価格より低い価格で」といって、極端に低い価格という印象を消して表現していました(ニュースの最初に)。批判されたのか昨日は「14%で」と数字で言いましたが、8億円という金額は出しませんでした。民放が(サンケイ系のフジまで)声高に8億円の数字を述べ立てているので、この小細工は無意味ですね。政権の意向に沿っているというジェスチャーをしているのでしょう。視聴者から徴収した金で運営しているという意識をもっと持って欲しい。

 

3月5日(日)

*家内がオケ合宿でいない昨夜、リーダーから依頼のあったコンタクト候補地へのアクセスを細かくネット検索していたら、3時間近く経っていて驚きました。ひとりで集中するとこんなことが起こるんだと再認識。バスの乗り継ぎや時刻表、いろいろなオプションなどを調べて表を作っていたのですが。

 結婚前はよく集中して文章を書いたり、冊子を作ったりしていたものです。長期休暇中など数日間集中してひとつの文章をねっていたりしました。生産的だったかもしれないけれど、超変人生活を送っていたと思う。

結婚後は共同生活の現実路線に乗り、変人具合はちょいワルくらいに縮小。

 

もし未だに独身だったら、服装などまったく無頓着(家内がすべて吟味して買い与えてくれている)、食事もいい加減(家内が自然食を中心に献立し料理)、UFO追尾装置などに金をかけて貯金ゼロ(家内が家計を管理)、非常勤の方が気楽だと言って専任の話があっても蹴っていたことでしょう(家族のために有り難く話を受ける)。

結婚により人生行路が修正を受けることもあるということだと思う。占い的にも伴侶の良い相の影響で運命が変わることがあるようです。

 

 

さて、森友学園問題。なぜあんなスピードで省庁が動いて土地価格のダンピングや学校認可が可能になったか。財務省はなぜ記録を廃棄したか。

テレビ局の報道番組で、解説者たちがなぜか一様に黙っていたこと:学園長が日本会議大阪の代表格であり、現在の極右政権中枢の日本会議+日本会議国会議員懇談会(首相や財務相などほとんどの閣僚が参加)と思想的な同調があること。この点を追及することは現在の政権の化けの皮を剥ぐことになる。メディアはその本丸を前に躊躇しているようでした。

でもようやくその点を突く報道が出てきましたが、早速日本会議側は真相に煙幕を張っています↓

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00010000-bfj-soci&p=1

 

なお森友学園の偏向教育のことを私が最初に知ったのは去年8月25日テレビ東京「アンサー」の報道でした。その番組では園長には日本会議大阪代表というテロップが付いていました。現在は代表ではなく委員と紹介する雑誌もあります。

 

3月3日(金)

*今日は夕方から長女宅でひな祭りです。孫娘2人がまたはしゃぐことでしょう。

 

 昨日は今年度の英語講座の最終日でした。来年度の教材が配布されたけれど、期待していた文法教材は練習問題がメイン。文法事項が粗すぎ。なんだこりゃ。それはないでしょうと思い、今日自分で別に文法教材を購入しました。現在進行形のいろいろな意味なども明示してある。日頃FBで読む英文に出て来てぼんやり把握していた用法がはっきり書いてある。50年前に覚えたはずだけれど、すっかり忘れている仮定法のifの省略形など、今だとドイツ語の同様の用法と対比できて興味深い。

 昨日はリーダーがまた次々にメッセージを送ってきて、コンタクト候補地についていろいろ調べさせられ、英文で返答するのに時間を食いました。最近は英語漬けです。

 

 

3月1日(水)

*私の部屋には次女からプレゼントされたぶら下がり健康器があります。ぶら下がって背筋を伸ばすこともできますが、懸垂もできる。でも急に普段使わない筋肉を使うと筋を痛めると思い、懸垂はほとんどやっていません。

 

 今日、運動不足解消のため久しぶりに外を速歩しようと思い立ち、出かけようとしてはたと思い出しました。歩くのはいいけれど、そのあといつも上体の筋肉がもやもやする。そこでバランスを取るために、スロー腕立てを10回やり、そのあと自室で懸垂をやりました。けれど3回が限度。

 

ジムでする筋トレではチェストープレスマシンを使っています。現在は75s×15回をワンセットやっている。この運動では二の腕や胸の筋肉などが鍛えられ、体を腕で支えるとき役に立ちます。でもプレスですからバーを押すわけです。引くのはやっていない。引く時は後背筋も使うと思う。今日は体重64sを引き上げる運動をやったわけです。幸い背筋を痛めることはなかったですが、予想以上にきつい。毎日やって10回出来るようにしたい。

 

こうして準備運動のあと速歩に出掛けました。家内はジムへ出かけており、マロンは独りぼっちで留守番。

マロンは午前中の2度目の散歩で○ンチをし、3度目の散歩ではシッコをしていました。さすがに留守中に腹いせ○ンチはしないだろうと思って出かけました。

しかし30分後に戻ると、しっかり○ンチとシッコがしてありました。どんだけ溜めているんだ。

そのマロンと戯れている動画を撮り、続いて私の膝に乗って丸まった様子を写メし近況報告がてらFBにアップ。教え子たちが反応してくれています。

 

なんかこう書くと暇人っぽい感じですね〜。

 

でもひがな一日マロンと戯れているわけではなく、明日の英語講座のために例文暗記をしたり、シュタイナー医学の本を読んだりもしています。

 

日本のシュタイナー学校の校医としてシュタイナー医学を実践している内科医(女医)の寄稿文を読んでいて興味深かったのはドイツでシュタイナー学校出身者の健康状態を調べた結果でした。30代、50代、60代ともに、あらゆる病気で罹患率が平均よりはるかに低い。60代の関節症などは8分の1です。エーテルの流れを使うオイリュトミーが良い影響を与えているのだろうか。出典は書いていないけれどHeinz BartDirk Randoll著の『Absolventen von Waldortschulen(VS Verlag, 2007)だと思う。この本は私も読んでいましたが、その時はこの部分をあまり重要には思いませんでした。あらためてこの結果を見ると、いろいろ言えそうです。でも、かえって躊躇します。ドイツでは1000人以上の卒業生の回答をベースにしていますが、世界中のシュタイナー学校を調べた後でないと、声高にこの結果を喧伝できないと思います。それくらいすごい結果だと、今にして思う。