コラム・アーカイブ

 

2017年

 

4月26日(水)

*赤ん坊が主役の日々が始まっています。授乳、寝る、授乳、寝る、沐浴。

写真、ビデオ撮り、家族ラインにアップ。家族の書き込みでスマホが盛んに鳴る。

 土曜日夜は晴れ時々曇り。前回同じ場所が霧で全く視界が効かず、しかも途中から雨になって私の赤外線カメラがダメになったことがありました。

 ですから霧が心配。でも湿度が低い予報なので大丈夫でしょう。

 初参加が3人もいる。私は英語ができない人に日本語でオリエンテーションをする係になりました。これ、もともと必要だったと思う。参加21回目で初めて任されました。

 さて、eBookを読み進めます。

 

4月25日(火)

*テレビ番組が北の件で騒がしい。乗せられてはいけない。

 

5月9日からiTunesでグリアのUnacknowlegedが放映されます。日本語字幕つきだそうです。このコラムにリンクを張ろうと思います。

 eBookを読み進めています。闇の政府の中心グループの名前が挙がっている。ジョージ・ブッシュ(父)、チェイニー、ラムズフェルト、キッシンジャー。このグループに影響を与えている組織にモルモン教。

 UFOを撃墜する電子プラズマビームを作った天才科学者の証言も登場。彼の仲間は消されていく。闇のグループ内部の人物がグループに離反してグリアと会ったあと水死体で発見される。

この連中は反重力技術や無尽蔵のフリーエネルギーを独占し、UFOを撃墜する装置を地球周辺宇宙に設置し、地球製UFOを宇宙に飛ばしている。

 異星人は数世紀前から地球の地下に基地を作っている。

 

 このような話についていけない人も多いと思います。でも直接的関係者の証言が並び、話が首尾一貫してくると、信じざるを得なくなる。

 でも正直、現実感がまだ薄く、半ば空想領域を出入りしている感じです。

 

 土日は天気良さそうです。UFOをこんな危険な地球に呼んでいいものか。やはり物質化は危ないから、来るとすれば非物質状態でしょうか。

 

 

4月24日(月)

*地球周辺宇宙:Unacknowlededによる今回のDisclosureは凄い。証言のレベルが高い。すべてがつながってきた。この仰天事実が全く予備知識のない人に伝わるか?証言の確かさがあっても、受容しない場合が多そう。

 地球:北と米がチキンレース。でも先制攻撃はなさそう。

 日本:政府がこの機会を逃さず、北のミサイルの脅威を宣伝。

マスコミがその流れに呑まれ、日本の軍拡に加担。

 家庭:三女夫婦が赤ん坊連れて来るのを待っているところ。長女一家は自宅で待機中。今夜から我が家は賑やか。

 

 

4月23日(日)

*音大の新校舎を見に行ってきました。公開日なので。

新設備満載でしたが、もう私が使うことはない。一度見ればもう十分。私の側では「見納め」でした。

 

 今日は家内が病院へ行きました。赤ん坊が夜寝てくれたお蔭で、三女は元気だったそうです。良かった。明日我が家に来ますが、長女たちも来て賑やかな夕食になりそうです。

 

 

4月22日(土)

*病院へ行ってきました。病室へ向かうと三女が婿さんにおむつの換え方を伝授しているところでした。新米父親も大変だ。赤ん坊は20分おきくらいに泣く。産婦、やはり疲れている。1時間ほどいて引き上げました。

 泣かないで起きているとき赤ん坊はあちこち眺めている。でもまだ見たいところに目を向けているのではなく、偶然眼差しが向かうところを見ている感じ。

 月曜日には母子ともに我が家へ来ます。

 

来週の土曜日のコンタクトの件でまたリーダーとメッセージのやり取りが頻繁になってきました。人数がまだ定まらない。参加・不参加をまだ決めかねている人たちもいるのです。宿の都合もあるから、参加決定が前日とか当日ではまずい。宿と掛け合う幹事(私)のことも想像してほしい。ドタキャンなどはもってのほか。

 

4月21日(金)

*私は今日は家にいて、家内が病院へ。病院から赤ん坊の動画がラインにアップされました。赤ん坊が目を開けて周囲を見回す様子が見える。ん?左右の目の動きがちゃんと連動していて新生児っぽくない。可愛いだけでなくて、なにか並外れた才能の芽生えのようなものを感じる。などと言うのは祖父バカですが、母親はあの頭脳明晰すぎる三女だし、父親も数学が専門だし、私の直感が当たっているかもしれません。

 三女は赤ん坊が夜中寝ないで寝不足らしい。最初は大変だと思う。

 

 Unacknowleged読み進めています。司令パイロットの証言がすごい。目視でもレーダーでもUFOの乱舞を確認。地上で目撃した兵士たちがショックを受けた様子などとてもリアル。上部に証言とレーダー記録が伝達されるが、これらの情報は秘密にされる。彼の友人がスピルバークにこの記録のマイクロフィルムを見ることを許可したという。スピルバークはトップシークレット閲覧資格をもっていたことになるそうだ。噂は本当だったのか…。

 

 

4月20日(木)

*今日も面会に行きました。他には誰も来ていない。入院の手続きをまだしていなかったとかで、私が代行。帰り際抱いて写メ。腕の中に収まって寝ている。小さくてとっても軽い。なんだかこれまでで一番可愛い。なぜこんな感情が湧くのか。

 ふつうだと、末っ子の子どもだからとか、私が歳を取ったからだとか考えるでしょう。……今一瞬、赤ん坊と私の相性を調べようかと思いましたが、やめます。ふつうの解釈の方が人間的だし、理解しやすい。

 

 帰宅後、長女の5歳娘といつもの遊び。夕食のとき向かいの席で家内の料理をパクついている5歳孫娘を見ると、やはり可愛い。

 食後また続きの遊びをしてから、長女宅へ送る。出迎えた2歳孫娘が姉にハグ。これも可愛い。

 3人娘が次々と孫を生んでいる状況下にあって、私もそのベビーラッシュの波に呑まれそうです。

 

 でも、今日も瞑想がある。来週末はコンタクト。今のところ晴れの予報。久しぶりに地球を越えて念を飛ばせそう。反応もありそうな予感。

 

 

4月19日(水)

*赤ん坊、ちっちゃい。軽い。可愛い。

新米父親、新米母親、がんばれ。

 家内、婿さん一家、そして最後に私が訪問。産婦に休養してほしい。

この大学病院は小学生以下は面会に連れていくことが禁止されているので幼児のいる長女や次女は面会に行けず。来週我が家に来てから会うしかない。

 

今日の自主英語講座の担当者は昨年度の人。教え方が上手だし良い雰囲気を醸し出す。でも隔週(昨年度は正規講座として毎週)。火曜日の正規英語講座の担当者は、変なオーラを放っている。自我の増長がある。その影響を遮断しながら学習に集中するという、一種の行として受けることにします。こちらは毎週。これを辞めると英語に接する時間が去年より減ってしまうこともあり頑張るつもりです。我慢しない若い頃だったら即座に辞めるところ。この歳になってのボケ防止の刺激としてはいい。

 

 

*早朝3女が無事出産。これで3人娘が全て子持ちになりました。

私はこれから英語講座を受講しに行き、帰りに病院に寄ることにしました。

 我が家は来週からまた産婦+赤ん坊で賑わいます。  

 

 

4月18日(火)

*今日は午前中、区の英語講座に行ってきました。これまで通っていた講座とは別です。

感想:教材は良い。担当教師は…ま、我慢するしかないか。

 

 今日は一日そわそわ。UFO関連の英文すら関心が薄くなるほど。家内は付き添うつもりで仕事を休んで行ったけれど、大学病院産科の管理体制は最近のトレンドとは正反対。まったく…。

 明日私はもうひとつの英語講座(これまでの続き)の今年度初回があるけれど、場合によっては休むことになりそう。

 

4月17日(月)

*午前中、マロンを動物病院へ連れて行き、狂犬病予防注射、フィラリア検査、爪切り、肛門嚢絞りなどをしてもらいました。臆病マロンは自転車に乗せた段階で察して、病院へ向かっている時からすでにブルブル震えている。

 診察台で獣医が爪を切るとき私が首を押さえていました。ときどき痛がって体をくねらせる。でも獣医によれば、とても大人しいという。マロンは多摩地区に住んでいるときもその地のペットホテルのマスターや獣医に大人しい!と言われていました。沢山ミニチュアダックスを見て来ている専門家たちが言うのだから、目立って大人しいのでしょう。家内が何匹もいる中から大人しそうな子犬マロンを選んだからです。気のいいマロン。癒されます。

 

 今夜はドイツ語講座をしてきました。単語帳で単語を覚えていくことも始めました。やはり、語彙力をつけないと始まりません。

 単語を覚える宿題も出しました。ついてきてくれるかな。

 

4月16日(日)

 

*区民オケの演奏会を聴きに行ってきました。演奏は以前何度か聴いた市民オケよりレベルが高い。長い曲を聴いている最中、ふっと眠気がさすこともありました。その瞬間、現実とは別の物語の中にいる。あ、いけないと目を見開くと、演奏中のオーケストラが目にはいる。演奏は途切れずに聴いていたように思う。一瞬の居眠りのときも夢物語のBGMになっていたらしい。

 指揮者は一般大学を出たあと、音大を2つ出ている。

 指揮者のメンタリティってどんなふうなのだろうとちょっと考えました。

 

 今週前半はちょっと忙しい。

 

4月15日(土)

*米国は北への攻撃に出るときは日本と事前協議をすることになっているらしいのですが、それがないという時点で、今日の先制攻撃はないと判断されたようです。互いに攻撃的なトーンで相手を脅し合うチキンレース的な状況にみえましたが、駆け引き的な要素が強かったことになります。

 ただニュースでも言っているようにパレードで射程を伸ばしたICBMや潜水艦搭載弾道ミサイルをこれ見よがしに初公開したのは北なりの戦意表現であり、米国を刺激したことでしょう。

 ほおっておけば、じきこれらのミサイルに核爆弾を装着するところまでいき、米国本土を射程に収める脅威となるはずです。このままでは済まないでしょう。

 金日成生誕105周年を祝す打ち上げ花火的な核実験かミサイル発射がひとつの山場でしたが、それはなくなったかもしれない。でも今後、北が核やミサイルの開発をやめるようにも思えない。ということは当面衝突の危険は続くことになります。

 

 今日はヨーロッパ各地で声楽を教える声楽家と縁あって話す機会を得ました。生年月日を聞いたら私と同期。西洋占星術をめぐる議論もしました。ヨーロッパ音楽界での外国人問題の実際を聞けたし、UFOに関する意見も聞けました。

 宇宙に関心があるというので、話は宇宙論へ。私の関心分野であり、彼も最近そちら方面を集中的に調べているということで、話が大変はずみました。銀河が形を保つにはダークマターを仮定しなくても隣り合う別宇宙の存在を考えれば、可能だという話からユミットの双子宇宙論を紹介。このHPのアドレスを伝えました。音楽論を核に宇宙論まで視野に収める著作を構想しているらしい。久しぶりに多面的な話が出来る人と出会いました。

 家内にメールでその旨伝えたら、類は友を呼ぶという返信が来ました(^^)

 

 さて、Unacknowlegedの続きを読みます。英文290ページあるから、まだまだ楽しみがつづきます。

 スティーブン・グリアによれば米国で撃墜されたUFOは13機、他にメキシコで2機、ノルウェーで1機だという。回収したETは65体。うち3年生存が1体。

 この数はにわかには信じがたいですが、まあ先を読んでみよう。

 

 

4月14日(金)

*日本国内の各米軍基地も有事に備えた体勢を整えているという。

北当局は海外記者団の前で先制攻撃を口にしました。

 明日が山場です。まさかが現実にならないことを願っています。

 

今日の午前中、区のカルチャーセンターで講義を聴いてきました。久しぶりに学生気分。でもこの元国立大教授は政治的に偏っているある研究会の理事でした。

 さて、明日は面白そうな声楽家と初顔合わせをします。どんな話になるやら。彼はじきドイツへ戻るらしい。

 

*米国の3大TVネットワークのひとつであるNBCが複数の米国情報当局からの情報として、米軍はもし北が核実験をしたら先制攻撃する準備(トマホークを発射できる駆逐艦が近海に展開、グアムで重爆撃機が待機)をしていると報じています。米政府はこれを明確には肯定していない。米国の攻撃情報が核実験を抑止するための牽制になるように、米政府がそういう話を情報機関を通じて流しているのかもしれませんが、北は米国が攻撃する前に攻撃すると言っていたので、暴発もありえます。

 15日の式典前後はちょっと目が離せなくなってきました。

 

 

4月13日(木)

*北朝鮮情勢は確かに緊迫していますが、それを煽り立てている報道も見受けられます。安倍首相も北はサリンをミサイルに装着して飛ばす可能性があると強調。15日前後にただのミサイル試射があるだけでも、多分大騒ぎになるかもしれません。

 

 Unacknowledged関連

ロズウェル関係の証言

証言者はSuper-secret National Reconnaissance OrganizationNRO)に勤めていたダン・モリスで特に異星人問題に数年関わっていたという。大統領でさえもっていないような最高度の機密閲覧許可証を保持していた。

 

ほんまかいなという箇所もある。

ロズウェル空軍基地が当時唯一の原爆搭載爆撃機の基地であり、UFOが強い関心を示していたということはそうだろうと思う。19458月に広島・長崎に原爆が投下され、人類破滅の可能性が出てきたわけだし。そして飛来してきたUFOに基地防衛用のスカラー波を浴びせて操縦を攪乱し、2機が互いに衝突。このうち1機は農場に着陸。もう1機は土手に墜落した。その機体には2人の異星人がいたが、軍が到着したときは機外に放り出されていた。一体は負傷し、もう一体は生きていたが、連れ出す前に死んでしまった。別の墜落機から確保された異星人は約3年生きた。しかし病気になった。

(ここまでは、知っていることでした。このあとが、私にとってのほんまかいな?です)

「我々はあらゆる周波数を使って彼らに連絡しようとした。仲間が病気だと。我々では手のほどこしようがないと。もしそうしたければ仲間を連れに来てもいいと。でも彼らが到着する前にこの異星人は死んでしまった。彼らはやって来て、その死体を確保した。それは彼らがワシントンにやって来て、ワシントン上空で編隊を組んだときだ。こうして彼らはその死体を取り戻した。」

(以上)

 

 ワシントンの議事堂上空を無数のUFOが取り囲んだ1952719日と726日の事件は有名で写真も残っています。あのときに、死体を返却する取引があったというのだろうか。

 本当だとすると、またひとつ隠されていた秘密が明かされたことになる。

 

 

4月12日(水)

*グリアのディスクロージャー UnacknowledgedeBookを読み進めています。あまり期待せずにロズウェルの項目を読んでみて驚きました。すごい!!

ロズウェルに関しては以前良書を読んで、これで決まりだなと思っていました。この本は証拠や証言を列挙して客観的な説得力があり、しかも亡くなる前の関係者が遺言の形で述べた証言も入っていて信用できました。

 しかし今回読んだ証言は、実際に政府が秘密裡に保持しているUFOと異星人の情報を知る立場にあった情報将校のもので、確度は格段に上がります。彼、リチャード・ドーティが知らされた4つのタイプの宇宙船と4つのタイプの異星人はとても興味深い。

1つは昆虫のような肢体の異星人。目が非常に巨大で、大きな頭部をもち、体は小さい。腕にはふたつの異なる「手」が付いており、脚の関節は複数ある。胸に気泡のような付属物が付き、背中にこぶのような突起がある。この異星人のサイズは大人の人間の平均的大きさくらいで、5〜6フィート。

もうひとつのタイプはとても背が高く痩せた人間型だが、腕が長く、膝までか、または尻と足先の間くらいまで伸びている。手はふつうの手。顔は彫りが浅く、ほとんど人間のようだが、髪はない。猫のような瞳をしていることを除けば、彼らが人間でないことに気付くためにはうんと近づかないと分からない。

3つ目のタイプはロズウェル(実際はニューメキシコのコロナとホース・ミサ)で墜落した卵型UFOから見つかった異星人に似たもの。しかし、後にこれはその異星人が遺伝子操作で作った生物だと判明。

なおその異星人は目が大きく、耳がない。鼻は筋のような痕跡があるのみ。親指がない手の4本指の先には吸盤のようなものがついている。

4つ目のタイプには言及がない。

 

 

彼が見せられたものが写真なのか絵なのか分かりません。それが正しいものだったかも分からない。

いちおう正しいものだと仮定して想像すると、かなりグロテスクですね。でも異星人の姿に恐怖を感じるようではコミュニケーションはできません。昆虫のような姿でも、テレパシーで交感して相手の精神性を感じられれば、十分コミュニケーションできるはずです。全く異なる環境の星で進化すればおのずと姿形は地球人と異なるはずです。そして精神進化では地球人よりはるかに進んでいることでしょう。

 

熱中して読んでいます。1980年代の後半シュタイナーの原書を夢中で読みましたが、それに似ている。秘められていた真実を見つけたときの熱中度です。

 

4月11日(火)

*米国が空母2隻を朝鮮半島近辺に送りだしている。もし北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合応撃する準備が出来た。同盟国は厳戒せよと言っているそうです。北は金正日生誕105周年の行事が始まる15日前後にミサイルを発射するか、核実験をするかもしれない。米国は試射した弾道ミサイルでも撃ち落とす気だろうか。

 北はヒステリックな放送を繰り返しているけれど、戦争になったら終わりであることは知っているはず。

 

 しかし、なんて地球は野蛮なのだろう。宇宙の仲間になれる日は来るのだろうか。 

 

*昨日の続きです。ルナー・オービターが写した月の裏側にある建造物を見せられたカール・ウルフの証言から、建造物の描写の部分だけ訳出しました。

彼は20015月のデイスクロージャーでは「その写真には明らかに、きのこ形状のビル、球状のビル、そして塔の建築物が写っていました。」とだけ口頭証言しましたが、グリアたちがウルフから直接聞き取ったテープにはこんな詳しく述べていたのですね。

 

以下引用

 

いくつもの建物が広大な風景の中にちりばめられていた。皿のような形をした物がひとつあった。それも建物だった。その近くに、てっぺんが鋭く切り取られたように見える建物もあった。いくつもの塔があり、球体状の建物があり、それからとても高い塔の群や、何かお椀型のレーダーのように見える物体もあった。いくつかの建物は非常に高くて幅が薄い構造をしていた。私にはどれくらい高いのか分からなかったが、とにかくとても高いように見えた。影を引いた角張ったものも写っていた。球状のドーム型建物群があったが、それらはとても大きかった。くっきりとした輪郭をしていて目立っていた。大きな構造物だった。心の中で地球にある構造物と比較しようとしてみるのも面白かった。スケールと構造がここ地球にある如何なるものとも違っていた。ある程度までは似ていたが。これらは精神構造の何かを表しているかとも思ったが、はっきりとした意味は見てとれなかった。むしろこれらは石造りの建造物に似ていた。

 表面が反射するように見える建物もいくつかあった。電力プラントにある冷却塔を想起させるような構造物もあった。そのような形をしていたのだ。そのうちのいくつかはまっすぐに高くそびえていて、てっぺんは平らだった。丸い建物もあり、かまぼこ型のようなのもあった。それにはドームもついていて、温室のような形だった。

 

以上引用

 

 前後の状況説明も訳出すれば、彼が写真を見せられたときの動揺が臨場感をもって感じられ、描写のリアル感も増したかもしれませんが、とりあえずこれだけ訳しておきます。昨日のコラムにリンクさせたファイルの最後、8月26日の箇所を見れば、状況は分かります。

 太古から地球を訪れていた異星文明が、地球から見えない月の裏側に基地を作っていた。それを1965年にルナー・オービターが撮影し、地球に送信してきた。米国の当局では大騒ぎとなり、世界中の科学者が秘密裡に召集された。ウルフはその写真受信機を修理しに来ていた。受信する部署にいた兵士がこの写真を同じ階級のウルフに気を許したのか、見せてくれたのです。

 

 

4月10日(月)

*お隣の御主人の母親が亡くなったので、近所の奥さんたちとお焼香をあげに行きました。家内は仕事でいなかったので私が我が家代表として参加。他の3人はみな70〜80歳くらいの寡婦。お隣の家に上がったのは初めてでした。ご主人もいてご夫婦で亡くなった母親のことをいろいろ話してくれました。小さな工場経営のご主人の話し方はせっかち。江戸っ子のしゃべり方。歴代の飼い猫の話も延々としました。私は猫好きなのでいいのですが、他の人は相づちを打ちにくかったと思う。

 でも会話の雰囲気は下町ふうで、気取らず、ざっくばらんでいいなあと思いました。以前住んでいた多摩地区とは全然違います。

 お隣は今回家族葬だったのですが、この地域では以前は町内会がお葬式を仕切っていたそうです。その辺も全然違う。

 

 お焼香に行く前にマロンを散歩させました。好きなように歩かせるのですが、どんどん歩く歩く。久しぶりに30分歩きました。後半は半分走っていました。気温が上がってきたので、その気になったようです。まだまだ元気を維持。

 

 ディスクロージャーを読んでいます。

 アポロの月面着陸映像はフェイクだという話がありますが、その点も明かされている。月面着陸はじっさいに行われた。しかし旗を立てる場面の映像はニューヨークで撮影したもの。1969年、アームストロングたちが着陸したとき、クレーターの縁にずらりとUFOが並んで彼らを迎えたという話がありますが、これはれっきとした証言がある。

 米国空軍に勤め、ロッキード・マーティン先進開発計画とCIAにも加わっていたドン・フィリップは、U-2SR‐71ブラックバードのデザインや建造に関わっていた人物。この件があったとき彼はラスベガスの空軍基地にいた。彼はアームストロングが着陸の際に次のようなことを言ったと文書で知らされている:

「彼らはそこにいる。ほんとに向こうにいるんだ。あの宇宙船たちの大きさを見ろ。明らかに彼らは俺たちがここにいるのを歓迎していない。」

そしてアームストロングは戦闘機の布陣について描写する。宇宙船がここだけに集まっている。その乗員とともに。アポロ宇宙飛行士たちを観察しながら。アームストロングは言う、「彼らは私らがここにいることを望んでいない」。

 

 グリアによれば、このような部分はNASAがカットし、代わりにフェイク映像を流した(月に先住者がいることは1965年には分かっていた)。

 ソ連との競争で月に人を送りこんだ米国のアポロ宇宙船は異星人との交流の前提となる高次の精神の産物ではなかった。

そしてアポロ計画は途中で立ち消えとなり、その後何十年も月に人がいくことはなくなった。スペースシャトルが地球周辺を飛ぶだけとなり、それも終わって、今では米国は民間しか宇宙船開発をしていない。

 

 月の裏側に古代の建造物があったことは2001年のデイスクロージャーでカール・ウルフ(最高機密アクセス許可証を保持していた精密電気写真修理工)が証言している。しかし、その口頭証言では建造物の描写はごくわずかでした(このファイルの最後の方、8月26日の箇所にあります)。

 しかし、今読んでいる文書では、建造物について口頭証言よりずっと詳しく述べています。

 とても興味深いのですが、訳すのは明日にします。

 

 

4月9日(日)

*午前中、家内と次女の家へ行きました。2時間ほどベビーシッターするためです。2歳6カ月の孫息子の進化に二人して驚きました。まず言葉が多くなっている。「○○くん(自分)とママとパパで飛行機乗った」と先日の沖縄旅行について報告する。こちらの問いかけを理解して答える。それから新幹線車両の絵がメインのパズルを短時間で完成できる。はめるべきピースの形が台紙に記してあるので、それで判断しているのですが、判断が早い。20ピースを数分で完成する。以前の積み木をぶっ飛ばすだけの孫息子ではなくなっていました。

 

 Steeven GreerCSETIが再びディスクロージャーのための資料を配布しています。以下のサイトから廉価で手に入れられます。

 

eBook

https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-the-book

DVD:

https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-dvd

 

eBookをダウンロードし、読み始めています。以前からのテーマばかりですが、新しい証言もあるようです。

 興味深く読み進めています。月にある基地、わくわくします。

 

 

4月8日(土)

*午前中シュタイナー読書会。ルチファーやアーリマンが盛んに登場するくだりを読みました。本題から離れましたが、国会にたむろする政治家や官僚たちの話もして、この輩がルチファーやアーリマンに取り憑かれていることを論じました。世界情勢も緊迫してきていますし、気が抜けません。

 新シュタイナー読書会からも1人参加してくれました。朝早いのが申し訳なかった。でも新しい人が加わると、説明が詳しくなって他のメンバーにも良い復習になったかなと思います。

 

 帰宅後、依頼された星占い。

 

 本当は今ごろETコンタクトをやっているはずでした。予報はやはり曇り。やめて正解でした。

 

4月7日(金)

*昨夜、5歳孫娘と夕食を食べるとき:

私: いただきマッスル!

孫娘:スルはいらない!!

 

筋トレ野郎のおやじギャグを粉砕する5歳児。

幼稚園などでいろいろ社会的なきまりを覚えている最中。ギャグだろうがなんだろうが、逸脱は許せない。

 

去年5月の野辺山でのコンタクトでは山の端に青い光が現れ奇妙な光跡を何度も描きました。その動画も撮れています。またレーダー波をキャッチする装置が盛んに反応しました。このYoutube映像で、そのレーダー反応装置の音と、それに喜ぶチームの声が聞けます。私の声は一声くらい入っています。YouTube映像は昼間の現場の景色を使っていますが、音声は夜中のもので、編集されています。装置がこんな反応をすることはふつうありえません。青い光の揺曳と合わせて地球外生命からの合図であるように思えました。メンバーにはヨガの米国人師範や、チャネラーの日本人女性もいました。この女性は夢で「野辺山」という言葉が聞こえたので検索して私らのコンタクト・イベントを見つけ参加したそうです。このイベントは光も出たし、レーダー反応も盛んで、参加者は満足していました。

私らは青い光りが何度もアヤシイ動きをしたのが最大の収穫だと思っていますが、リーダーはレーダー装置の反応の方を重視しているようです。それでこんなYouTube映像を作ったわけです。

 

 今日の午後、図書館で週刊新潮や週刊文春の最新号を読みました。これら保守系の週刊誌はいつもは読まないのですが、最近政権批判もするようになったので、覗いてみたのです。週刊新潮の安倍昭恵夫人特集が興味深かった。スピリチュアル方面へのめり込んでいく彼女をシニカルに描いている。そうか、例の『水の伝言』も信じてしまったか。水が言葉の善悪を結晶の形で表すというエモト氏の主張は都合の良いサンプルだけ集めて作った疑いが強いです。

 

以下に1999年のコラムから引用します。

 

江本勝氏著、写真集『水からの伝言』

10月23日(土)

*『水からの伝言』という写真集が出ています。境界科学的なものにどう向かい合ったら良いかを考える実例となると思うので、ここでとり上げて見ます。

 この写真集は、著者が工夫の末に水の氷結結晶写真を撮れるようになり、その技術を使って、まず、いろんな川の水の氷結結晶を撮っています。きれいな川からはきれいな結晶が、汚れた川からは、形にならない歪んだ氷結映像が撮れています。この実験を、他の水にも広げていく。たとえば、「ばかやろう」「むかつく」「殺す」というような汚い言葉を浴びせ続けた水を凍らすと、醜い氷結が生じ、「ありがとう」という暖かい言葉をかけ続けた水は、きれいな結晶となるという。また「ヒトラー」という文字を貼ったビンの水は醜悪な氷結を見せ、「マザーテレサ」の名前を貼ったビンの水からは、金色のきれいな結晶が生まれる。それらの映像が写真集に次々と現れます。阪神淡路大震災直後の水道水の水は、ぐちゃぐちゃに氷結したが、その後、全国から暖かい支援の輪が広がっていたころの震災3ヶ月後の水からは非常にきれいな結晶が生まれている。また、ベートーヴェンやモーツアルトを聞かせた水と、ヘビメタを聞かせた水とは明らかに異なる氷結をする…。

 さて、こういう写真をどう受け取ったらいいでしょうか。まず、私の感じ方を辿ってみます。初め、家内からこのような写真集があると聞いた時、私はすぐに、そういうことはありえるだろうと思いました。水が実に不思議な溶媒であり、さまざまな情報が刻印されてしまうことは、前から読んだり聞いたりしていました。水の分子配列が奇妙な振る舞いをするらしいのです。我々の生体の90パーセント以上を占める水。何十億年もの歳月をかけて生命を育んできた水。その水が特別な物質であったと聞いても不思議には思いません。シュタイナーが、大地に太古の昔から貯えられていた湧き水は特別な力を持つと主張しても、ルルドの泉などを思い浮かべて、さもありなんと思います。

 さて、実際にこの写真集を買いましたが(新宿紀伊国屋の写真集のコーナーにありました)、出版社名は「波動教育社」(1999年6月1日第1刷発行)。著者の江本勝氏は国際波動友の会会長、IHM総合研究所所長。まず、これらの名前を見て、おっーと、と思いました。「波動」という言葉は何もかもアイマイに受容するような響きがあって、私は用心します。でも、偏見はいけないと、無心で映像を見ることにする。まずは写真を見て、ほおと感心しました。映像が訴えかける力は大したものです。人間の言葉の念が水に移ることだって、ありそうだと思う。しかし、1回の実験で沢山できた結晶をどのように選んでいるかが気になりだし、どうしても解説を読まないではいられなくなる。著者はこう言っています(15ページ)

 「結晶写真の撮影については、完全に同じ結果、つまり同じ結晶は得られないわけですから、再現性という点では100点満点の結果ではありません。でもたとえば、格子状の結晶が多いとか、板状の結晶が多いなどの、はっきりした傾向が見られ、傾向性という面では、識別ができていると思っています。74ページに1回に1種類の資料水を100のサンプル用意し、凍らせて撮影したときの、いろいろな結晶写真を用意しました」

そこで、74ページを見ましたが、そこには、精製水の結晶写真と、その精製水にヒーリングミュージック<Hado>を聞かせてから作った結晶のサンプルがそれぞれ9つづつ並べてあります。2つのグループの差異は一目瞭然ですが、ヒーリング水の結晶同士は、それほど似ているともいえない(これは100あるサンプルの中からアットランダムに選んだそうです)。

 これくらい個々に違うのなら、たとえば「マザーテレサ」の結晶と称して掲載されている写真は、選別時に必ず、選ぶ人のマザーテレサのイメージが入ると思います。「ヒトラー」の醜い氷結部分の他の多くのサンプルも見てみたい。実際、「ヒトラー」の他のサンプルから結晶化しかかっているきれいなものが選ばれ並べてあります。そして、これを見ると根っからの悪人など存在しないのかもしれないと解説がついていますが、それならなおさら、さらに他のサンプルも見たくなる。

 私は、別に否定論者ではなく、反対に、こういうことはありえると思っている人間です。しかし、特定の理論を持っている者が、その理論を証明しようとする時は、特に自分に厳しくする必要があります。都合のいい結果を自己誘導しないために、条件を厳密に設定するべきです。結晶を選別するときに選別意図が入らない保証はどこにもありません。サンプルすべての形態を数値化して、他のケースと比べるくらいのことをしないといけないと思います。グループ間の傾向の違いは認めます。それを効果的に訴えたい気持ちも分かります。「ヒトラー」や「悪魔」という言葉が醜い氷、「マザーテレサ」や「ありがとう」という言葉がきれいな結晶を作るということで伝えたいメッセージも分かります。この言葉によってできた結晶サンプルの中に、こういうものがありましたという風に主張するなら、なんら文句ありません。そのように象徴的に表現されている事柄を、感慨を持って鑑賞することもできます。しかし、この写真集の読者に、マザーテレサの結晶はこれ、ヒトラーはこれという風に、1対1の対応があると思わせようとしているのだったら、それは誤りだと言わなければなりません。途中の選別プロセスの不透明さが、科学性を損ねています。

 

 

4月6日(木)

*今日も5歳孫娘のレッスン中、妹の2歳4カ月娘と遊びました。まあ、小さいくせによくしゃべること。

長女がマロンを自分の膝に引き取ってくれたので、私はこのちっこいのに集中できました。まずはベッドルームでそれぞれのベッドに寝る真似。マロンを抱いて寝ると、マロンがじき起き出して長続きしない遊び。それがちゃんとできる。

「オーパ、わんわんいなくてよかった」と2歳孫娘。否定形をちゃんと使えている!「マロンはママが抱いているんだよ」と言うと、「ママを見に行く」と言って遊んでいるベッドルームを出ようとする。この子がマロンにちょっかい出すとトラブルと思って、「マロンはママに抱かれて大人しくしているから、見に行かなくていいんだよ!」と制止しました。すると、「そうなんだ」と言って出るのをやめました。

 2歳4カ月弱の幼児が「そうなんだ」と今ふうの受け答えをするのが、びっくりでした。ほかにも人の話を肯定するとき、「そうよ」と言うのですが、その言い方が可愛い。

この子は家の固定電話のボタンを勝手に押して自分の声を録音したりするという。母親も使ったことのない機能を見つけたらしい。

 この娘は今日窓際のベッドにいましたが、窓から外を覗いて、「お外寒い」という。風が吹いている日でした。「高くして!」というので両脇を支えて、ぐいと上に持ち上げる。体重は14sくらい。重量挙げのプレスの要領で差し上げました。すると両足で私の首をカニばさみ〜!そのまま肩車へ移行しようとする。そ、それはきつい…。ベッドに腰かけた姿勢では無理。首が折れる。

 そのあと上の子のレッスンが終わり、私と遊ぼうとする上の子と、下の子が争う。泣く下の子を家内がうまく宥めて階下に降ろし、母親と一緒に帰宅させました。

 私はそのあと5歳児と魔法使いごっこ。娘はいつもの通り、魔法を使える姫に扮する。私は姫を礼賛する動物の群れ係。一週間前の話の続きをやるのです。

 

 また土日のコンタクトが悪天候の予想のため中止になりました。リーダーと何度もメッセージのやり取りをした挙句中止を決定。リーダーは米国製の天気予報を信用しており、雨のリスクが高いと判断。私は日本気象協会の予報の方が日本の気象に特化していて、もっと信用できると思っています。その予報では夜間晴れ間もありえる。このような日米の天気予報の違いをめぐるリーダとの軋轢は毎回あります。

でもコンタクトがあると私は読書会を少し早めに切り上げなければいけなかったので、今回は雨のリスクあると主張するリーダーにあっさり折れました。

これで2,3,4月と連続中止です。

天候が崩れる周期が週末に来ている。なんなんだこれは…。

 

 

4月5日(水)

*米国も、北朝鮮も先制攻撃を口にしている。

 かなり危険な状況になってきています。米中会談のウェイトが増す。

 

 百条委員会で大嘘をつき、人に罪を着せて平気な浜渦元副都知事といい、原発自主避難者に冷酷な言葉を浴びせる現今村復興大臣といい、権力をもつ人間の悪党ぶりには呆れ果てます。

 

4月4日(火)

*マロンは昼間リビングで寝ているとき、体を震わせ、ふがふが言って苦し気なことがあります。悪夢を見ているらしい。そういう時、私はマロンの頭を撫でて、大丈夫だよ〜と言って悪夢を追い払います。効果てきめんで、すぐ安らかな寝息になります。

 今日の夕方も、マロンが石油ストーブの前で寝ながら、びくびく体を震わせふがふが言いだしたのですが、私はビデオ編集している最中だったので、大丈夫だよ〜と声をかけるにとどめました。すると、なんとそれだけで、びくびくが止みました。おお、私の声がマロンの悪夢を退散させたのか、とちょっと嬉しいでした。マロンと私は魂レベルでチャンネルがつながっているらしい。13年半も一緒に生活している家族ですからね。

 時々絨毯の上で遊ばせることもあります。鼻ずらをつかんだり離したり。すると顔を摺り寄せてくる。遊んでくれていると分かるらしい。

 

 

4月3日(月)

*雷雨の中でドイツ語講座が始まりました。でも参加者はほとんど継続者ばかりで和やかな授業となりました。1人すでに独検4級をもっている女性が見学にきましたが、授業後、楽しかったと言って受講を決めてくれました。ドイツ語はこれまでどこにも通わず自習してきたのだけれど限界があるのでこの講座に来てみたのだそうだ。

この講座は中級とうたっていますが、初級の半ばレベル。独検5級にも届かないけれど、和やかに楽しく学習することを目指している。

 

 

2018年度から保育園でも国歌国旗が推奨される。政府は教材として教育勅語の全てを否定するわけではないと言う。正体を隠しながら匍匐前進してくる。それでも政権支持率が52%(共同通信)。ぼんやりな国民。4月6日には共謀罪が審議入りになるようです。

4月2日(日)

*図書館で日経サイエンス最新号の記事「スターショット計画」を読みました。

「亜光速でアルファ・ケンタウリへ」のサブタイトル。レーザーをチップにぶつけて宇宙帆を亜光速までスピードアップさせ20数年でアルファ・ケンタウリ恒星系に到達させ微小ビデオ装置などで観測。その観測結果を地球に送信するという計画。空想ではなく現実化する可能性もあるという趣旨の記事。

 面白いけれど、恒星間宇宙を自由にワープして飛んでいるらしい異星文明から見たら、なんとも原始的な方法に思える。

 好奇心で読み進める自分と、異星文明レベルから醒めた目で見る自分がいます。

 

 しかし…、地球人の肉体の老い易いこと!健康寿命はせいぜい70歳くらいでしょうか。

 今日私は今の意識を保持したまま物質界を去り霊界に戻るイメージを思い描いてみました。この物質界にいる時の肉体的縛りが消えて、すっきりした意識、澄明な覚醒意識になっている。ただし周囲には物質界はない。自分の意識が作り出す幻を消し去ると、既に冥界入りした親族などの存在や、高次の光の存在などが浮かび上がってくる。長い霊界での滞在が始まる。地上で過ごした数十年が仮住まいだったことがはっきりと分かる。

 そんなことをイメージすると、現在の日本の政治を司っている人間の皮をかぶった連中の欲望・野望などは業火に焼かれるべきものでしかない。

 

 明日からドイツ語講座が始まります。一応新年度の開始です。

 

 

4月1日(土)

*午前中、2歳孫息子の入園式に行ってきました。次女の家から歩いて30秒以内のところにある。引っ越した時から狙っていたという。ただ勤め先からは遠くなったので、熱を出して急に迎えに行くときは前より時間がかかるという。前の保育園でさよならしたとき、保母さんが泣いたそうです。孫息子は人気者だったらしい。

 入園式後、近くのイタリアンレストランで食事。いつもお世話になっていますということで次女が奢ってくれました。

 帰宅してから、リビングで絨毯にくるまって寝ました。旅行疲れがまだある。マロンも入ってきて一緒に眠りました。

 夕食後、ジムへ。歩きながら気分は瞑想的。宇宙とのつながりを感じる。たぶんリーダーたちの脳波が影響していたと思う。私はマロンがいるので参加を断ったのですが、リーダーが今夜自宅で瞑想の集まりを開いている。ジムに向かったのは7時ごろだから、多分瞑想が始まったころだと思う。ふだん時間を合わせて一緒に瞑想しているので、チャンネルがつながっているのかもしれない。

ジムで筋トレしながら激しく呼吸をしているとき、私の呼吸の乱れが彼らの瞑想を邪魔しているかもしれないと思いました。

 

 森友学園に捜査の手が入りましたが、一般の人に籠池側の非を意識させるには都合の良いタイミングです。実際に籠池側はいろいろ酷いことをしている悪党ですが、もっと悪いことをしている巨悪が存在することを忘れさせる魂胆もあるでしょう。財務省の記録隠し、土地のダンピング問題、首相夫人の関与、それら全てに通底する日本会議+極右政権。その正体はまた闇に紛れこんでいくのでしょうか。