コラム・アーカイブ

 

2017年

 

5月25日(木)

*家内が長女の5歳娘にヴァイオリンレッスン。レッスンしている部屋に三女が赤ん坊を抱いて見学。長女は2歳娘を膝に抱っこ。私はマロンを抱っこ。

賑2歳娘に要求されて三女がドキンちゃんやメロンパンナちゃんの似顔絵を描く。それに2歳娘がNGを出す。賑やかです。

 

明日は父母の墓参り&姉弟会。姉弟とは、私の姉2人と私と弟1人。家内も同席します。1年に1回の顔合わせ。リラックスした集まりです。

 

 

5月24日(水)

*赤ん坊がだんだんしっかりした顔付きになり、目の動きも背後の自我を感じさせるようなものになってきました。

 

 筋トレ今月5回目。プレス75s×15回の最後の2,3回がきつくなってきた。年齢としては頑張っている方だと思いますが確実にパワーは落ちてきている。でも腹筋・背筋で体はスリムです。

 独文、英文は毎日読んでいます。残りの人生の目標も明確。

 

 がんばります。

 

5月23日(火)

*共謀罪が衆院本会議を通過しました。20日の衆院法務委員会で採決への口火を切ったのは維新議員。新旧の悪党たちが寄ってたかって悪法をこの世に放つ。

 悪法が人々の頭上に暗雲を広げる。そして悪党たちの思惑通り、人々はその暗さに慣れ、自らの精神を萎縮させながら適応していくのだろうか。情けない。

 

 

5月22日(月)

*墜落したUFO回収の仕事をしていた軍曹の回想。友人にペンタゴンの地下深くにある施設に案内され、弾丸のような4人乗りモノレール(グリア氏によれば磁気浮上式列車)に乗り、着いた回廊の先で生きたETを見せられる。グレイタイプ。その目を見ているうちに自分の生命力が抜き出されるような変な気持ちになり失神する。目が覚めると友人の事務所にいた。何も起こらなかったよ、君は一日中ここにいたよと言われる。でも自分はそんなことはなかったと知っている。

 

 この証言は地下に連れていかれる途中のどこかで何らかの催眠状態にされ、幻を見せられた可能性もあります。グレイや誘拐体験の偽記憶を植え込んだりすることも彼らの手口だという(グリア)。

 

 土曜日の天気はどうやら大丈夫そう。コンタクトのフィールドワークが終わったあとの日曜日、帰宅せず友人のパーティーに行きます。ドイツ人の友人のパーティーです。

 案外忙しい毎日です。

 

5月21日(日)

*お宮参りをしてきました。神社で祈祷も。最近はそこまでするのがトレンドらしい。私たちは自分の子どもが生まれたときは、ただ近くの神社に連れて行ってお詣りしたくらいです。でも娘たちはみな、祈祷までする。

 今日の神主さんは少しパワーがありそうでした。祈祷が終わってから、スマホで写真撮りましょうかと言って撮ってくれた。神主さんが撮ってくれたのは初めて。その辺は商売上手。

 

5月20日(土)

*昨日午前11時すぎ、衆院法務委員会にて自民・公明・維新による強行採決で共謀罪が可決してしまいました。このあと衆院本会議、参院と続いて法案が成立します。

 こういう連中に強行採決できるだけの議席を与えた国民。いまさらながら、情けないです。

 

 今日も黒を白と言う官邸。加計学園をめぐるメール問題で、文科省は省内のPCを調べもせずに該当するメールはなかったとして幕引きをしようとする。官邸から強力な命令が下っているのでしょう。国会の発言を見ても安倍は恫喝体質だと思う。官房長官時代からNHKの番組にも介入していました。

 こういう鉄面皮の悪党どもが日本を牛耳っている。

 国民はもっと目を覚まさないといけない。

 

 毎日新聞社特別編集委員岸井氏によればあのメールは文科省内部で回覧されたそうです。TBSアナウンサーが、メールの真偽は分からないわけですねと解説の岸井氏に言ったところ、メールは本物です。文科省内で回覧したと聞きましたと岸井氏。黙るアナウンサー。なんかここのところTBSアナウンサーたちが情けない。政権に寄り添う「公平性」を演じようとしているように見えます。

 

 明日はお宮参りです。 

 

5月19日(金)

*与党は今日、共謀罪の衆院採決をする構えのようです。来週じゃなかった。

 

加計学園の獣医学部設置を安倍・官邸側が恫喝に近い形で強要したことが分かる文科省の資料。これを官房長官は日付も出所も分からない怪文書のようなものだと一蹴しましたが、2度目に開示された資料で日付と関わった人物たちの名前も分かりました。そこに記載された人物の1人で自民側の情報を文科省に伝えた元自民党衆議院議員の木村直人氏は、自分に関する部分はほぼ正確だと証言(今朝の東京新聞)。

こういう動かぬ証拠を出されても、今の自民は無視して大丈夫と、国会も国民もなめてかかっている。昨日のTBSのコメンテーター(女性弁護士)などは、2度目に出してきた資料はあとで書き足したのではないかと言う声が自民にあると発言し、資料の価値を否定する側についていました。サンケイ系のフジテレビならそんなこともあろうと思えますが、毎日新聞系のTBSがこの体たらくでは情けない。

現在、ことほど左様に報道の批判力が落ちている。

そんな中で、国民の精神の自由に介入する共謀罪が、今日衆院通過することになりそうです。

 

5月18日(木)

*昨夕はeBookUnacknowledged)で1986年の日航寺内機長のアンカレッジUFO事件に関する証言を夢中で読みました。証言者は米国連邦航空局の事故調査部の主任だった人。2001年のDiscurosureでもこの事件の口頭証言はありましたが、あまり詳しくなく、当時の大統領レーガンたちがレーダー記録を見て興奮したという話だけでした。今回のDiscurosureでは元の文書が載っていて詳しいものです。

 それによるとアンカレッジでは米軍の管制レーダーと連邦航空局の管制レーダーの両方がUFOを捉えていた。米軍は連邦航空局のデータを押収し、航空局の職員たちはこの事件もこの集まりもなかったことにせよと命令される。

 証言者の連邦航空局事故調査主任はデータのコピーを提出したが、オリジナルを寄越せと言われなかったのでそれを保持していた。そしてそのレーダー記録などこの件に関わるデータは全て今ではグリア氏の手に渡っている。

 寺内機長は金星を誤認したことにされ、地上勤務に回されるなど酷い仕打ちを受ける。

 私は当時この事件を告げた新聞雑誌の記事を全て集めて保管しています。寺内機長の証言は非常に細かくさすが視認のプロと思わせるものです。これに米国連邦航空局側の証言をつき合わすと、その時何が起こったかよく分かる。

 UFOって本当にいるのか?と入り口で逡巡しているような人には、後押しになる良い資料です。これらの資料を使いUFO問題を検討する会を開くことにしました。

ただ参加者が集まるかが問題。

UFOはジャンボジェットの数十倍の大きさでした。半分物質化していたらしい。この大きさだと母船で、恒星間をワープしながら飛ぶと思われます。その中は小都市くらいの構造があったのではないか。異星人たちも数千人規模で乗っていたかもしれない。と想像するとすごい。

 このような話に興味をもつ人はいそうですが…。

 

 

5月17日(水)

*共謀罪採決は来週に持ち越しのようです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6240020

 いずれにせよ、日本を戦前の言論・思想の自由がない窮屈な社会にする悪法が今にも国会を通ろうとしている。

 報道機関の弱腰ぶりは目を覆うばかり。

 昨日のTBSのニュースでも籠池氏が暴露したメール(実は学校予定敷地の3m以下にはゴミがなかった→ごみ処置のための8億円ディスカウントの根拠が消滅する)の扱いが全然なっていませんでした。これがどういうメールか分からない。籠池氏ばかりがいろいろ出してきている。というふうにこのメールの背後に透ける真実を示唆することもしない。最後に財務省からの反応がほしいと言って終わらせている。腰が引けていました。

 財務省は国会で民進党が田村氏の出席を要求しているのに無視を決め込んでいる。状況証拠から言って真っ黒なのに、このまま逃げ切れると踏んでいる。 

 加計学園の件もありますが、これも同じように逃げ切るのでしょう。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6240000

これらの件に無関心な国民が多いのも残念です。

 

憲法第9条は戦争放棄の高邁な理念をもった条項であり、人類存続の条件でもあります。この第9条に自衛隊の存在を明記する第3項(一種の殺人ウイルス)を加える方針を憲法記念日に表明した安倍。これで海外派兵を正当化できると踏んでいるようですが、この戦前回帰に狂った国家主義者はその目的のためにはどんな破廉恥なことでもするということが、この理念殲滅ウイルスの仕込みで分かります。

 

*自民は今日か明日あたり共謀罪法案を強行採決するつもりらしい。

 秋篠宮の長女真子さんの結婚報道が昨日出ましたが、各メディアはそのニュースでもちきりです。

 なぜ今の発表なのか。現政権の情報操作の手練手管からいうと共謀罪強行採決の悪印象を減ずるために結婚報道をぶつけることはありえる話です。宮内庁をうまく操ることくらい現政権には出来るはず。

 

 

5月16日(火)

*昨日のドイツ語講座の文化パートではオーストリアから送られてきたチョコレートMozartkugelを参加者みんなに食べてもらいました。数が足りないので持参した果物ナイフで半分にしたのでほんのかけらでしたが。

食べる前に、これは留学中の私の教え子たちに星占いしてあげたお礼です。お礼のチョコの分け前を進呈しますと口上を述べました。みんなオーストリアのスイーツの味を味わったのと同時に星占いの対価を食べているという不思議な気持ちも味わったかもしれません。

 

 前々回から初参加した女性はホロスコープの作成と解釈に興味をもっていたので、前回作成法が書かれた本を貸してあげました。昨日はその本を返却してくれましたが、お礼にクッキーをもらいました。

この講座はグッチ色に染まっていってます(^^)

 

 中級と銘打っているので新参者が少ないのですが、昨日1人増えました。ドイツ語は数十年前、大学で学習し、ドイツに半年住んだこともあるという男性。見学でしたが、授業前に参加を決めて参加費を払っていました。プラザの事務所に支払うのです。私の報酬は人数とは関係なく固定ですが、10月からは少し値上げしてくれるという。

 現役時代にやっていたのと同じ仕事が出来ることは有り難いことなので、大学非常勤と比べると単価は4分の1以下ですが、文句ありません。

 

我が家の赤ん坊。顔を見合わせる形で抱くことも多いのですが、お人形さんのような赤ん坊と目を合わせて見つめ合う時は幸せなものです。暫くこの幸せが続きます。でも家内は食事の用意などで大変。そろそろ娘も少しずつ手伝い始めていますが。

 

5月15日(月)

*今朝マロンをリビングに降ろし、食卓をふきんで拭いたりしている時マロンを見ると、目が輝いている。あ、これは食欲があるなと分かりました。家内にそういうと、信じていないふう。

 でも餌皿を置いて、よしの号令でさっと食べ始めました。一安心。

 ほら、食べた。14年近く一緒にいれば分かるのさと私。餌係は私です。

 マロンの食欲や気持ちを心配する家庭内の小さな私。

 

 でも意識が拡張するときもあります。見慣れた光景を当たり前のものとして眺めるのではなく、不思議なものを見るような気持ちで見てしまう時がある。

 

 午前中、ドンキに買い物しに行きました。自転車を走らせ、街を歩く人々を見ながら、なんで最初は無だったところにビックバンが生じ、星々が生まれ、超新星爆発でさまざまな元素が生まれ、生命が生まれ、そして今そこを歩いている人間たちのように、自分や、自分を生んだ宇宙をすら認識するような存在までが生まれたのか。物言わぬ石ころや、地べたに張り付く草花くらいなら、ありえるかもしれないけれど、自己認識する存在まで生み出すとは、いったい、この宇宙は何なのだ。宇宙の背後の超越存在がこれを意図したのだとしたら、その目的は何なのだろう。

 ここまでの思考は哲学的なものですが、シュタイナーの世界観を学んでいる私は、人間から精神進化した高次存在を生み出すことが宇宙の目的なのだろうと考えてしまう。そしてさらにどんどん進化させて、超越存在に向って無限に伸びるベクトル上を遡上していくことが目指されていると。

 街を歩く人々を見ながら、これらの自己認識存在は宇宙の高邁な仕組みを具現化した存在に見えて来る。

 

 自転車を走らせながら考えたことはそこまで。

 

神性を秘めた存在なのだから、宇宙の意図、宇宙の摂理に反するような低次な行為はやめてほしい。憎しみ合いや殺し合いなどの愚行をやめ、精神の高い部分を伸ばしてほしい、とさらに思う。 

 

現在の地球は地獄への口を開いている。その口の中に転げ落ちる前に、本来の人間存在に戻ろう。

 

 

5月14日(日)

*次女と長女も子供たちを連れて来て、我が家で三姉妹が合流。

 赤ん坊を見に来ることと、母の日なので家内にプレゼントをすることの2つの目的で集合。プレゼントはフレンチのコース+コンサートのチケットを2枚。

 今度の水曜日私も自主英語講座を欠席して相伴に与ります。

 

 今日も孫4人が揃いました。長女の所の2人は三女の婿さんにべったりでした。子どもの要求は全て呑む彼は孫娘たちのよい遊び相手になる。

 

 マロンがここ数日、朝食欲がないので心配。餌皿を目の前にしてすぐは食べない。餌をやる時、待て、お座り、お手、よし!をしますが、ボケてきてその意味が分からなくて混乱しているのか、それとも胃腸がおかしくて食欲が出ないのか判断が難しい。いちおう5,6分してから食べ始めますが、これまでがっつきだったマロンがこんなふうでは心配です。夕飯はふつうに食べますが。

 今日は夕方吐いたので、胃腸が変調を来しているのかもしれない。

 なにせ8月には14歳。老犬です。茶色だった顔も白くなってきている。今後何が起こってもおかしくない。 

 

 VimeoUnacknowledgedには字幕がないことが判明。まあ大体わかるのでいいや。私には文献資料のeBookの方が重要。

 

5月13日(土)

*午前中シュタイナー読書会。

 新シュタイナー読書会(超能力、スプーン曲げの回)に参加したことのある女性が友人を連れてこの旧読書会にも参加してくれました。

 私は先日のETコンタクトの報告と、グリアのディスクロージャーの内容についてまず話しました。それから今回読む箇所にエーテル体、アーリマン、ルチファーなどの精神科学用語が出て来るので、表を使ってその説明もしました。

 新参加者2人とも、全然知らないようなので。

 そんなこんなで1時間後にようやく読み始めましたが、やはり彼女らには難しそう。30分くらいしか読まなかったけれど、それが限界だったかも。

 友達の方はどの話も興味が薄かったようです。スプーン曲げの回に出た方の女性は反応がありました。エンデにも興味があるということなので今日、エンデの絵本を持参して貸してあげました。彼女はETコンタクトにも出たいという。5月のコンタクトは新人は参加できないので、6月のコンタクトの場所を伝えておきました。

 

 今日感じたこと:

 いくらグリアたちが信頼のできる証言で事実を固め、軍産共同体の国家を超える支配、その悪徳共同体による異星文明のテクノロジー(反重力、無限のエネルギー)の簒奪と独占、情報操作によるUFO情報の攪乱などを暴露しても、この種のテーマに全く関心のない人たちには全然伝わらないだろうということです。

 

 予備知識がないとちんぷんかんぷんなのはシュタイナーの世界観もそう。

 時代のパラダイムを越えている認識が世間に理解されないのはふつうの現象。

でも残念です。ある程度、知的興味をもって自ら学習するくらいの熱がないと、この溝は埋まらない。これらの知識は一部の人間が所有する秘義なんかではなく、シュタイナーもグリアも人類全体が知るべきこととして公表しているのですから。

 

5月12日(金)

*結局米国iTunesIDが作れないとGift cardも使えないと判明。米国に住所がないと米国のIDは作れないのでアウト。なんだこれ。Amazonとかは外国からでも買えるのに。しかたなくもうひとつのメディアVimeoに登録して購入。しかし日本語字幕が見あたらない。いまサポートセンターに問い合わせ中。英語でもかなり聞き取れるようになりましたが、やはりまだまだ字幕が必要。FBで教え子たちにも字幕がないと推薦しにくい。昨日はこの件でかなり時間をとられました。

 

 今日は久しぶりに古代インドの講座シリーズを聴講。20世紀になってから極めて古い時代に非常に栄えたインダス文明があったことが発見される。都市国家文明。しかし未解読の印章文字を使っているので詳細が分からない。角をつけた行者らしき人物が坐臥している印章もある。これをヨガの行者という人もいるが論拠が弱いそうだ。

 

 この辺、シュタイナーの古代インド文化期の話とのすり合わせに使える。シュタイナーは古代インドのヨガはアトランティス時代までは見えていた霊界を再び霊視するための手段として開発されたと述べています。

調べると、19世紀からインダス文明の遺跡調査は始まっており、シュタイナーは古代インド文明の存在は文献的にも知っていたはずです。

ケーシ―的にはアトランティス時代は12000年前くらいに滅んだことになりますが、シュタイナーの場合は年代の基準に問題があって、いつとは言いにくい。仮にケーシー説によってアトランティス時代が12000年前ごろに滅んだとすると、シュタイナーが言う古代インド文化期の始まりはそれ以降だから、紀元前8000年とかになりそう。

でも考古学的には紀元前8000年あたりはインドも文明のない石器時代です。

さらにシュタイナーは古代インド文化期のあとに古代エジプト・カルデア文化期を置きますが、考古学的には古代インド文明より古代エジプト文明の方が古い。

 この辺の矛盾を、シュタイナーは考古学がまだ発見していない超古代のインド文明を霊視したのだろうというふうに言って解決する手もある。でも私は考古学的発見による裏付けがないと、いまひとつ確信がもてません。

その意味ではネアンデルタール人がアトランティス人だったか?とかいろいろ考察すべきことが出てきます。

 

今日三女と赤ん坊は健診で病院へ行きました。家内が付き添いました。病院での健診のあと娘+赤ん坊は自分の家に行き、泊まる。

あすまた我が家に戻ります。

 

 あすはシュタイナー読書会。

 

5月10日(水)

*昨日の午前中は英語講座。講師のアクの強さにも少し慣れてきました。反面教師でもある。要は英語に触れる時間が定期的にあり、その時間を自分なりに有効利用することです。

 

 午後は別の場所で行われた講演を聴きに行きました。テーマは地域に住むさまざまな人たちが集まれる場作り。講演者(女性)は初めは特養で働いていたが、そのうち、認知症の家族をもち疲弊する人や、相談相手がいなくて孤立する人をなくそうと思い立つ。そして地域の人たちが気軽に集まれる場を作った。子どもから老人までの幅広い年齢層の人たち(障碍者も含め)が集まれる場を作ると自然発生的に相互の助け合いが起こって驚いた。彼女の活動に行政も関心を示し、連携して成果を上げている。

目の前の人の置かれた立場を察し、想像力が働く人。そして制度のすき間にある困難に直面してもさまざまな工夫をし、もてるパワーで乗り切れる人。オーラがありました。73歳とはとても思えない。途中10分休憩を挟んで2時間。よくあのような情熱と優しさに満ちたスピーチができるなぁと感心。主張していることが実際に成果を上げているのだからすごい。刺激を受けました。現実社会を変えていく人って、すごいなと思う。目の前の悲しみや困窮に深い関心を寄せつつ、同時にそれを解決するための現実的な手段を制度の中から即座に選び出し、対処する。制度がなければそれを作るために行政に働きかける。やっぱり社会を変えるのに大事なのは人の心を理解し、人を助けようというやむにやまれぬ気持から行動に出ることだと思う。

政治家にこそ、そういう人格者が必要ですが、実際には人を支配したいという権力欲と物欲の強い非人格者が多いのは残念です。

 

昨日の夕方からはドキュメント映画UnacknowledgediTunesのストアから入手しようと手順を調べ始めました。

 分かったこと:この映画は米国のiTunesストアでしか手に入らない。日本のIDでは買えない。その場合、米国のiTunesギフトカードを使うしかない。

というわけで昨日公開された映画UnacknowledgediTunes版(日本語字幕に切り替えられる)を昨日のうちに入手することはできませんでした。リーダーは昨夜見始めたという。

FB経由で教え子たちに宣伝しようと思っていますが、視聴するまでの手続きが面倒臭そう。費用は$19.9。製作費の補てんのために料金がかかりますが、これで世界の秘密が知れるなら安いものだと思う。

 

5月8日(月)

*昨日は6月のコンタクトサイトへの新アクセス作りで苦労しましたが、リーダーがそのアクセスを採用しました。やれやれ、報われた。

 あとは何人参加するかです。

 

 次期米国大統領はUFOETに関する事実を報告されてから大統領府に入ったという証言があります。

宇宙戦争に触れたレーガンが報告を受けたろうことは分かります。でもカーターに関しては当時CIA長官だったブッシュ(父)に開示を拒否されたと言う話を読んでいたので、報告はなかったろうと思っていましたが、あったらしい。すると拒否されたというのは、さらに深く知ろうとして資料を要求したら断わられたということだろうか。カーターが生きた異星人と会い、感動のあまり涙したという目撃証言もある。

 ビル・クリントンは知らされていないはず。グリアから教わって驚いているくらいだから。ヒラリー・クリントンは大統領になったら、UFO関連の機密を公開すると言っていましたが、彼女もグリアからの情報しかもっていなかったと思う。そしてもしロシアの妨害がなく、大統領になっていたらどうだったろうと想像するに、政府の力も及ばない軍産共同体(いわゆる陰の政府)に関わる機密まで開示しようとしたら、JF・ケネディの二の舞になったかもしれない。

 陰の政府で内部告発しようとした者たちも暗殺されている。グリアに話したあと殺されたりしている。証言はそのような危険の中で集められた、二度と手にできないようなものばかりです。英語が出来る方は是非Unacknowlededを読んでほしいと思います。

eBookもあります。たった10ドルくらいで驚天動地の事実を知ることができます。

DVDここから。なお日本語の字幕がついた動画は5月9日からiTunesで見られるそうです。日本時間だと5月10日になるかもしれません。

 

 

*森友学園問題

 ついに財務省は籠池氏が公けにした音声記録が財務省で録音されたことを認め、登場する田村氏本人にも確認したという。ただし、田村氏は音声がよく聞き取れないし、このときの記憶もはっきりしていないと言ったという。籠池氏のケースが首相側の後ろ盾があることを忖度し「特別扱い」したことが分かる音声記録です。「特別」と言う言葉が田村氏の口から出ている。その証拠を突き付けられても、ごまかそうとする。

 また籠池氏が土地購入の件で財務省に提出した書類は廃棄して存在しないと財務省は言っていましたが、これも酷い隠蔽でした。しかしこれもついに出してきました。しかし、なんと全文黒塗り。あまりにひどい話です。国民を愚弄しています。

http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/746.html

 全面開示させて、首相側の関与が明らかになれば、安倍首相は首相も議員も辞めると言った約束の履行を迫られる。 

 

 米国は北と交渉に入る道をとりました。双方の交渉人も決まっている。当面、北の攻撃はなくなりました。緊張は明らかに消えつつあるのですが、安倍日本はいまだに緊張を維持させ、憲法改悪に利用しようとしている。

 

5月7日(日)

*赤ん坊のほっぺがふっくらしてきて、いかにも赤ん坊らしくなってきました。

 眼差しは優しい。きょろきょろという風でなく、すーっと瞳が動く。目が合うと見つめてくれる。いかにも女の子らしい顔つき。

 でもあくびは豪快。思いっきり口を大きく開けてあくびする。

 

*今日はほぼ一日、リーダーから頼まれた仕事でつぶれました。

まず6月のコンタクトサイトへのアクセスに別のルートがあるらしいと言い出し、調べさせられました。高速バスを途中駅でローカルバスに乗り換えるパターンに別ルートがあると。

いちおう往きの例を作ってメッセージで送ると、遅い便はないのか。もし接続で間に合わない場合はどうなるか。帰りの便はどうなるかとたたみかけて聞いてくる。もう…日本語をもっと習得して自分で調べろよ!と言いたくなる。ローカルバスのルートや時刻表を検索するのが大変なのです。

 夕飯前にやっと終わって、いろいろなケースを表にしてメッセージに添付。

 でもこの別ルートを彼が採用するかどうかは不明。

 

 その他去年7月のコンタクト・レポートのチェックを頼まれていました。これもやっとさきほど終了。スペルミス1つ、前置詞の消し忘れ1つ、レイアウトの崩れ1つ発見。

彼は去年8月以降のレポートをまだあと5つほど溜めている。

 

 

5月6日(土)

*若夫婦が今日、赤ん坊の手形取りに苦戦していました。よく寝ている隙に手形足形を取ろうとしたけれど、手を握り締めていて開いてくれない。そうこうするうちに起きて泣き出す。

 でもようやく成功したらしい。私らを含め、何か所かに送るという。

 

 昼食は婿さんがスパゲッティ―を作ってくれ、美味しく食べました。娘の婿さんの料理を食べる日が来るとは思っていませんでした。

 彼は家でもほとんど作っているらしい。娘が学校勤めで忙しいこともありますが。

 我が家には週末泊まりに来ています。リビングで持参のパソコンを前に研究発表の準備もしている。専門が数学。大学で教えています。

 

*下の証言は常識世界との間に架ける橋渡し部分がないので、予備知識なしには信じがたいだろうと思います。

 証言を無批判に信じ込むことも推奨できませんから、それはそれでその人のその時点での見識だと思います。

 さて、さきほどたまたま読み返したファイルが面白かったので、ここにリンクを張ります。思い込みと認知に関する考察です。

 

  関連ファイル

 

 

 

Unacknowleged

1963年から1977年まで米国空軍で技術職の軍曹をしていたW.H氏の証言:

 

1966年の夏、コロラド・スプリングスに駐屯していたところ、ワシントンDCへ戻るように命令が下りました。空軍の上級将校たちや科学者たちの一団を迎えに行く任務です。さらにワシントンDCのアンドリュー空軍基地からオハイオ州のダイトンにあるライトパタ−ソン空軍基地へ飛びました。私たちはブルーハンガーと呼ばれている場所へ連れていかれました。そこにはいくつもの異なるUFOから集められた残留物があり、それを使った実験が行われていました。この部署にはベル研究所も関与していました。またゼネラル・エレクトリック社も。そのほか多くのハイテク企業がここで知識を集めていました。例えば、電子磁気推進システムなど。このシステムが最初に使われたのはどこかあなたは知っていますか?ディズニーランドのモノレールです。

 ブルーハンガーの内部で私は円盤型をした機体を見ました。直径は推定3035フィート、高さはたぶん12から14フィート。それは地球のものではない。ニューメキシコの墜落現場の1つから運び込まれたものです。説明してくれた将校たちの1人は、ニューメキシコのフォー・コロナ地域では実に沢山の墜落があったという。彼が言うにはそれはフォー・コロナ地域に大きなレーダードームがあって、そのレーダーシステムは常時稼働しているからだ。そして円盤がそこを飛ぶと、コントロールを完全に失って墜落するのだと言う。

 ETの乗り物には開口部が1つあり、そこから中に降りるようになっていた。窓はなかった。つなぎ目はないように見え、色はアルミ色だった。」

(和訳はここまで)

 

この人物は高度の秘密にアクセスできる許可証をもっているので、こんなことを体験できたらしい。彼はこのあと空軍の秘密基地バーキング・サンドで地球製の円盤が水面から出たり入ったりするのを見る。電子磁気推進中、円盤は保護膜に包まれるので水中にも入れると説明を受ける。

 

 読者はどう思うかなぁ。説明なしにこんなことを聞かされても、耳を閉ざすだけかもしれない。

 証言はこの人のものだけでなく、沢山あります。

 

 

5月5日(金・こどもの日)

*朝6時半に家を出て、高尾山口の温泉に8時過ぎに入ってから、京王線で聖蹟桜ヶ丘駅へ。そこから歩いて百草園(もぐさえん)を目指す。カンカン照りでアスファルトからの照り返しがキツイでした。もっと鄙びた道かと思った。

 

 百草園はとても良かったです。木々が新緑の葉を茂らしている中に色とりどりの花々が咲いている。つつじは平凡ですが、藤棚が見事。周囲を池や屋敷を配した日本庭園風にしてあり、藤色の鮮やかさが映える。他にも菖蒲などもあり、心安らぐ時間を過ごせました。園内で尺八の演奏会もあり、木立越しに聞こえて来る尺八の音色も風流でした。上手。音色に誘われて野外コンサートが行われている場所まで行きました。奏者は山野明彦。まだ若い。和服を着ている。一般向けによく知られた洋楽も吹いていました。

 

 リーダーから6月のコンタクトのスケジュール確認の依頼が来て、ちょっと手間取りました。3月にいちおう情報を調べてリーダーに送ってある。そのファイルを探し出してチェック。直したり追加したりして送る。東京駅の高速バス乗り場の確認、チケット購入のサイト。後者は購入したい路線の英語版がない。ちょっと調べた限りではない。外国人に不親切。

 しかし、私はまったく幹事というか事務局になっている。

 

 

5月4日(木)

*今日のお昼に孫が4人勢ぞろいしました。2歳孫息子はやはりびびって赤ん坊を抱けず。従姉とは遊んでいましたが、5歳と2歳に両側から手を取られ、引き回される場面もありました。2歳同士のからみでも、長女の方の2歳娘に牛耳られていました。2歳息子は体は大きいのですが、気が優しいのか、強く出られるとひるんでしまう。

 しかし、賑やかでした。ちょうどオムツが届いて、その段ボール箱が空いたので、子供たちの遊び道具になりました。2歳のうちのどちらかが段ボールの中に入って、それを5歳と2歳で引っ張ったり、押したりする。キャーキャー大賑わい。

 途中から5歳が抜けて絵本の音読を始める。その横で興奮した2歳児2人が段ボール船を暴走させる。それでもテーブルの上の赤ん坊は平然と寝ている。最後にはついに赤ん坊も泣き出し、3重奏。おお、超賑やか〜。

 幼児のエネルギーが我が家に浸透しました。

 長女一家と次女母子が帰ったあとはまた三女と赤ん坊の世界に戻りましたが。

 

 昨日は夜11時までコンタクトのフィールドワークのタイムテーブル作りをしていました。Action Cameraで録画・録音してあったのです。録画の方は暗すぎてほぼ映像なしです。書き出した時間と出来事を英文に直す作業が残っています。

空に出現した光flashbulbは感覚では20秒おきくらいに光った感じでしたが、録音を聞くと8秒おきくらいでした。感覚はあてにならない。

 

 

5月3日(水・憲法記念日)

*赤ん坊はマロンが届かない場所に寝かさないといけない。ベビーベッドみたいなものは用意せず、なんとテーブルの上に座布団を乗せ、その上に寝かせています。今日も夕食のとき、つなげた拡張テーブルの上で赤ん坊が寝ていました。食事が終わったころ、赤ん坊のオムツのあたりでブリブリブリ〜ッという破裂音が!同時にその音を発した当人がびっくりして、ビクッと体を震わせ両手が上がりました。面白い(^^)今日2度目の○ンチ。回数は少な目。このあともう一度たれてから、沐浴になりました。

 明日は次女が2歳の長男を連れて赤ん坊を見に来ます。それに合わせて長女一家も来る。三女が出産後、3人姉妹が集まるのは初めてです。次女は働いていることもあり、まだ来られていなかったのです。また賑やかになります。長女の2歳4カ月の娘は先日赤ん坊を抱きました。新生児に比べると2歳児の大きく見えること。明日は次女の2歳7カ月の息子が赤ん坊を抱くことになるでしょうか。どんな反応をするか楽しみ。

 

 憲法記念日…。首相が2020年に憲法改正をすると所信表明しました。5月1日に海上自衛隊を米艦防護に出動させて米軍支援の実績作りをするなど、次々と手を打っている。

 

5月2日(火)

*今日は晴れて暖かでした。朝、二階のベランダの欄干を拭いてから、布団干し。三女が寝ている部屋の布団も全て干しました。

 布団や毛布、シーツ、掛布団、枕など、マメに時間をおいて向きを変えたり、裏返したりして、全面に日が当たるようにしています。洗濯物をその後干す。

 それからリビングの絨毯も外で裏表干し、そのあと部屋に運んでから掃除機をかける。絨毯は掃除機を十字にかける。掃除マニアのテレビ番組で知ってから、いつもそうしています。

 あとやったことは私が撮った家族ビデオのダビング。3人娘それぞれの家庭用のDVDを作製。

 昔は写真がメインで、3人娘、我々両親用と4冊のアルバムを作ったものです。写真には日付や状況を記載。お嫁入には重くて持参せず実家に置きっぱなし。でも一昨年の実家引っ越しの際、それぞれに引き取ってもらいました。我が家のアルバムは家内が写真をスキャナーでとって、デジタル化し、アルバム自体は廃棄。引っ越しの際は断捨離の嵐でした。でもおかげでこちらの生活を始めたとき、家の中はすっきり。私の部屋だけ、また物が増殖中ですが(^^)

 

 

*今回のコンタクトでもSONYα7sでビデオを撮ったのですが、1月以来久しぶりだったせいか、操作を誤り、山の端に3回出現した映像のうちの最後のしか撮れず、しかも光がピンボケで球状に見える。光が出た証拠にはなるけれど、出現位置や光の動きなどを検証することは出来ない。リーダーをがっかりさせてしまった。

 グリアのUnacknowlededでは、異星人が地球の地下に基地を作っているという証言があります。そういう都市伝説的な話は知っていましたが、怪しげな人が言っても信用できない。グリアの資料に出て来て初めて実感が湧きました。それとともに、去年赤岳の稜線に何度も現れた青い光もそうですが、今回の横岳の北の稜線下に出た光も、おそらく人間が関与したものではなく、地底からの合図と考えるのもひとつの解釈だと思うようになりました。

 去年も今年も我々がコンタクト終了を決めた時に出現していますが、これは偶然には思えない。我々が事前に瞑想状態で何度も呼びかけているのをキャッチしている彼らが、意図的に存在の証拠を見せてくれたように思えます。おお、帰るのか、じゃあちょっと最後に合図しておこうということかもしれない。

 今回初めて参加した日本人女性2人のうち、1人はカルフォルニアに数年住んだことがあり、その地で退行催眠により、UFOにさらわれた人たちの記憶を呼び戻す仕事をしていたという。

グリアによれば、UFOにさらわれ、何かを埋め込まれたと言う人たちの多くはそのような幻を見る装置にかけられたケースであるか、または地球製のUFO、遺伝子操作によって作られたグレイなどで偽装した連中のUFOマイナスキャンぺーンにはまったケースです。ただ、本当に異星人が拉致するケースもあるらしいことは、木村秋則氏やプチ氏の経験から推測できます。

もう一人の女性はかなり臆病でした。寒がりだとも言っていたので、あの氷点下のコンタクトはつらかったと思います。足元から冷えてたまらないと言っていましたから。

でも、空に光点が現れたのと、山の端に現れたのを目撃できたので参加した甲斐はあったはずです。

 

5月1日(月)

*我が家に宿泊中の孫娘は明日で生後2週間になります。今日婿さんの母親と妹が我が家に赤ん坊を見に来ました。

 私も抱き上げましたが、今日初めてちゃんと目が会いました。アイ・コンタクトができた。感動でした。赤ん坊とコミュニケーションがとれた感じで、気持ちが高まりました。

子どもたちにはこれから長く続く未来がある。

 この子たちに良い未来を用意したいものです。

 

*国内にまずいことがあると国民の目を外(敵)に向けるのは国家統治者がよく使う手ですが、今の日本は特に仮想敵をでっちあげなくてもいい状況です。北朝鮮という敵が存在する。そしてその敵の危険性を必要以上に強調すれば、国内の不祥事から国民の目を逸らすことができる。

 事実、籠池氏の小学校開設のための国有地売買の問題で財務省が政権の意向に沿った異例の対応をした疑いが深まり、一時50数パーセントまでに落ちていた政権支持率が63%にまで戻りました。

実際に核を搭載したミサイルが飛んでくる可能性があるならまだしも、そんなことがない状況で、国は盛んにミサイル飛来時の対応を喧伝し、4月29日早朝に北が打ち上げたミサイルがすぐ爆発して落ちた際には、全く危険がないのに営団地下鉄が止まり大勢の人が迷惑しました。営団地下鉄がこのような過剰な対応をした背景には政治介入が感じられます。前日の28日に籠池氏が民進党の代表たちの前で放った「籠池砲」の影響を減ずるための操作だった疑いがある。

籠池氏は財務省幹部と会って話し合った時の音声を公開し、土地売買の件が特例扱いだったことをバラしました。財務省は窮地に陥ったかと思われましたが、その音声記録をすら無視しようとしている。音声記録に登場する田村氏が当人なのか調べることも拒否。この件をめぐってすでに財務省は交渉記録の違法廃棄もしており、もう真っ黒ですが、それでも事実を認めない。

状況証拠を積み重ねれば事実は明らかです。昭恵夫人が後ろ盾であることを強調された財務省が政権の意向に合わせようとして特例価格で土地を売ることにした。安倍首相も国家主義教育を施す学校に賛同。しかしあまりに不自然な売買状況に疑義が出て来ると、籠池氏の周辺は手の平返しで一斉に引いていき、知らぬ存ぜぬを決め込む。土地の格安提供の件に首相夫妻の関与があれば首相も議員も辞めると啖呵を切ってしまった安倍首相を守るために絶対に白状しない。

こんなことがまかり通っていいのだろうかと思いますが、批判すべきマスコミが実に弱腰です。今日のTBSのニュースでこの件を扱っていましたが、特に突っ込んだ解説はせず、あいまいな問題提起しかしていませんでした。TBSですらこんな風かと唖然としました。

電波を使った報道が政府の意向に沿わぬ場合「公平」を欠くとして取り締まろうとするのは独裁国家の常套手段です。放送許可の取り消しをちらつかされて自主規制をしてしまうケースが蔓延してきました。

 

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」発表の報道の自由度ランキングで、日本の自由度は2010年には11位。安倍第二次政権が始まった2012年から、その順位は毎年下がり続けています。

2012年:22位

2014年:59位

2015年:61位

2016年:72位

2017年:72位

 

 こういう状況が国内にいて分からないのは、政府の巧みな世論操作があるからです。

 戦前の治安維持法の復活である共謀罪、そしてナチスが悪用した緊急事態法が成立すれば、さらに順位は下がるでしょう。お先真っ暗になることが分からないでは困ります。安倍首相は今日、いよいよ憲法改正の時が満ちてきたと自信ありげに語っています。国民は既に憲法違反をくり返している現政権にさらにやりたい放題のお墨付きを与えることになるのでしょうか。

 そんなことにならないことを望みます。成長する子供たちのためにも。