Steven Greer 著『非認可Unacknowledged』電子版を読む

 

2017年

 

4月9日(日)

Steeven GreerCSETIが再びディスクロージャーのための資料を配布しています。以下のサイトから廉価で手に入れられます。

eBook

https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-the-book

DVD:

https://sirius-disclosure.myshopify.com/products/unacknowledged-dvd

 

eBookをダウンロードし、読み始めています。以前からのテーマばかりですが、新しい証言もあるようです。

 興味深く読み進めています。月にある基地、わくわくします。

 

4月10日(月)

Unacknowledgedを読んでいます。

 アポロの月面着陸映像はフェイクだという話がありますが、その点も明かされている。月面着陸はじっさいに行われた。しかし旗を立てる場面の映像はニューヨークで撮影したもの。1969年、アームストロングたちが着陸したとき、クレーターの縁にずらりとUFOが並んで彼らを迎えたという話がありますが、これはれっきとした証言がある。

 米国空軍に勤め、ロッキード・マーティン先進開発計画とCIAにも加わっていたドン・フィリップは、U-2SR‐71ブラックバードのデザインや建造に関わっていた人物。この件があったとき彼はラスベガスの空軍基地にいた。彼はアームストロングが着陸の際に次のようなことを言ったと文書で知らされている:

「彼らはそこにいる。ほんとに向こうにいるんだ。あの宇宙船たちの大きさを見ろ。明らかに彼らは俺たちがここにいるのを歓迎していない。」

そしてアームストロングは戦闘機の布陣について描写する。宇宙船がここだけに集まっている。その乗員とともに。アポロ宇宙飛行士たちを観察しながら。アームストロングは言う、「彼らは私らがここにいることを望んでいない」。

 

 グリアによれば、このような部分はNASAがカットし、代わりにフェイク映像を流した(月に先住者がいることは1965年には分かっていた)。

 ソ連との競争で月に人を送りこんだ米国のアポロ宇宙船は異星人との交流の前提となる高次の精神の産物ではなかった。

そしてアポロ計画は途中で立ち消えとなり、その後何十年も月に人がいくことはなくなった。スペースシャトルが地球周辺を飛ぶだけとなり、それも終わって、今では米国は民間しか宇宙船開発をしていない。

 

 月の裏側に古代の建造物があったことは2001年のデスクロージャーでカール・ウルフ(最高機密アクセス許可証を保持していた精密電気写真修理工)が証言している。しかし、その口頭証言では建造物の描写はごくわずかでした(このファイルの最後の方、8月26日の箇所にあります)。

 しかし、今読んでいる文書では、建造物について口頭証言よりずっと詳しく述べています。

 とても興味深いのですが、訳すのは明日にします。

 

4月11日(火)

*昨日の続きです。ルナー・オービターが写した月の裏側にある建造物を見せられたカール・ウルフの証言から、建造物の描写の部分だけ訳出しました。

彼は20015月のディスクロージャーでは「その写真には明らかに、きのこ形状のビル、球状のビル、そして塔の建築物が写っていました。」とだけ口頭証言しましたが、グリアたちがウルフから直接聞き取ったテープにはこんな詳しく述べていたのですね。

 

以下引用

 

いくつもの建物が広大な風景の中にちりばめられていた。皿のような形をした物がひとつあった。それも建物だった。その近くに、てっぺんが鋭く切り取られたように見える建物もあった。いくつもの塔があり、球体状の建物があり、それからとても高い塔の群や、何かお椀型のレーダーのように見える物体もあった。いくつかの建物は非常に高くて幅が薄い構造をしていた。私にはどれくらい高いのか分からなかったが、とにかくとても高いように見えた。影を引いた角張ったものも写っていた。球状のドーム型建物群があったが、それらはとても大きかった。くっきりとした輪郭をしていて目立っていた。大きな構造物だった。心の中で地球にある構造物と比較しようとしてみるのも面白かった。スケールと構造がここ地球にある如何なるものとも違っていた。ある程度までは似ていたが。私はこれらを金属製の建造物のようなものだと理解しようとしたが、金属の特徴は認められなかった。むしろこれらは石造りの建造物に似ていた。

 表面が反射するように見える建物もいくつかあった。電力プラントにある冷却塔を想起させるような構造物もあった。そのような形をしていたのだ。そのうちのいくつかはまっすぐに高くそびえていて、てっぺんは平らだった。丸い建物もあり、かまぼこ型のようなのもあった。それにはドームもついていて、温室のような形だった。

 

 

以上引用

 

 前後の状況説明も訳出すれば、彼が写真を見せられたときの動揺が臨場感をもって感じられ、描写のリアル感も増したかもしれませんが、とりあえずこれだけ訳しておきます。昨日のコラムにリンクさせたファイルの最後、8月26日の箇所を見れば、状況は分かります。

 太古から地球を訪れていた異星文明が、地球から見えない月の裏側に基地を作っていた。それを1965年にルナー・オービターが撮影し、地球に送信してきた。米国の当局では大騒ぎとなり、世界中の科学者が秘密裡に召集された。ウルフはその写真受信機を修理しに来ていた。受信する部署にいた兵士がこの写真を同じ階級のウルフに気を許したのか、見せてくれたのです。

 

4月12日(水)

*グリアのUnacknowledgedeBookを読み進めています。あまり期待せずにロズウェルの項目を読んでみて驚きました。すごい!!

ロズウェルに関しては以前良書を読んで、これで決まりだなと思っていました。この本は証拠や証言を列挙して客観的な説得力があり、しかも亡くなる前の関係者が遺言の形で述べた証言も入っていて信用できました。

 しかし今回読んだ証言は、実際に政府が秘密裡に保持しているUFOと異星人の情報を知る立場にあった情報将校のもので、確度は格段に上がります。彼、リチャード・ドーティが知らされた4つのタイプの宇宙船と4つのタイプの異星人はとても興味深い。

1つは昆虫のような肢体の異星人。目が非常に巨大で、大きな頭部をもち、体は小さい。腕にはふたつの異なる「手」が付いており、脚の関節は複数ある。胸に気泡のような付属物が付き、背中にこぶのような突起がある。この異星人のサイズは大人の人間の平均的大きさくらいで、5〜6フィート。

もうひとつのタイプはとても背が高く痩せた人間型だが、腕が長く、膝までか、または尻と足先の間くらいまで伸びている。手はふつうの手。顔は彫りが浅く、ほとんど人間のようだが、髪はない。猫のような瞳をしていることを除けば、彼らが人間でないことに気付くためにはうんと近づかないと分からない。

3つ目のタイプはロズウェル(実際はニューメキシコのコロナとホース・ミサ)で墜落した卵型UFOから見つかった異星人に似たもの。しかし、後にこれはその異星人が遺伝子操作で作った生物だと判明。

なおその異星人は目が大きく、耳がない。鼻は筋のような痕跡があるのみ。親指がない手の4本指の先には吸盤のようなものがついている。

4つ目のタイプには言及がない。

 

彼が見せられたものが写真なのか絵なのか分かりません。それが正しいものだったかも分からない。

いちおう正しいものだと仮定して想像すると、かなりグロテスクですね。でも異星人の姿に恐怖を感じるようではコミュニケーションはできません。昆虫のような姿でも、テレパシーで交感して相手の精神性を感じられれば、十分コミュニケーションできるはずです。全く異なる環境の星で進化すればおのずと姿形は地球人と異なるはずです。そして精神進化では地球人よりはるかに進んでいることでしょう。

 

熱中して読んでいます。1980年代の後半シュタイナーの原書を夢中で読みましたが、それに似ている。秘められていた真実を見つけたときの熱中度です。

 

4月13日(木)

Unacknowledged関連

ロズウェル関係の証言

証言者はSuper-secret National Reconnaissance OrganizationNRO)に勤めていたダン・モリスで特に異星人問題に数年関わっていたという。大統領でさえもっていないような最高度の機密閲覧許可証を保持していた。

 

ほんまかいなという箇所もある。

ロズウェル空軍基地が当時唯一の原爆搭載爆撃機の基地であり、UFOが強い関心を示していたということはそうだろうと思う。19458月に広島・長崎に原爆が投下され、人類破滅の可能性が出てきたわけだし。そして飛来してきたUFOに基地防衛用のスカラー波を浴びせて操縦を攪乱し、2機が互いに衝突。このうち1機は農場に着陸。もう1機は土手に墜落した。その機体には2人の異星人がいたが、軍が到着したときは機外に放り出されていた。一体は負傷し、もう一体は生きていたが、連れ出す前に死んでしまった。別の墜落機から確保された異星人は約3年生きた。しかし病気になった。

(ここまでは、知っていることでした。このあとが、私にとってのほんまかいな?です)

「我々はあらゆる周波数を使って彼らに連絡しようとした。仲間が病気だと。我々では手のほどこしようがないと。もしそうしたければ仲間を連れに来てもいいと。でも彼らが到着する前にこの異星人は死んでしまった。彼らはやって来て、その死体を確保した。それは彼らがワシントンにやって来て、ワシントン上空で編隊を組んだときだ。こうして彼らはその死体を取り戻した。」

(以上)

 

 ワシントンの議事堂上空を無数のUFOが取り囲んだ1952719日と726日の事件は有名で写真も残っています。あのときに、死体を返却する取引があったというのだろうか。

 本当だとすると、またひとつ隠されていた秘密が明かされたことになる。

 

4月15日(土)

*さて、Unacknowledgedの続きを読みます。英文290ページあるから、まだまだ楽しみがつづきます。

 スティーブン・グリアによれば米国で撃墜されたUFOは13機、他にメキシコで2機、ノルウェーで1機だという。回収したETは65体。うち3年生存が1体。

 この数はにわかには信じがたいですが、まあ先を読んでみよう。

 

4月21日(金)

Unacknowledged読み進めています。司令パイロットの証言がすごい。目視でもレーダーでもUFOの乱舞を確認。地上で目撃した兵士たちがショックを受けた様子などとてもリアル。上部に証言とレーダー記録が伝達されるが、これらの情報は秘密にされる。彼の友人がスピルバークにこの記録のマイクロフィルムを見ることを許可したという。スピルバークはトップシークレット閲覧資格をもっていたことになるそうだ。噂は本当だったのか…。

 

4月24日(月)

*地球周辺宇宙:Unacknowledgedによる今回のDisclosureは凄い。証言のレベルが高い。すべてがつながってきた。この仰天事実が全く予備知識のない人に伝わるか?証言の確かさがあっても、受容しない場合が多そう。

 

4月25日(火)

*5月9日からiTunesでグリアのUnacknowledgedが放映されます。日本語字幕つきだそうです。このコラムにリンクを張ろうと思います。

 eBookを読み進めています。闇の政府の中心グループの名前が挙がっている。ジョージ・ブッシュ(父)、チェイニー、ラムズフェルト、キッシンジャー。このグループに影響を与えている組織にモルモン教。

 UFOを撃墜する電子プラズマビームを作った天才科学者の証言も登場。彼の仲間は消されていく。闇のグループ内部の人物がグループに離反してグリアと会ったあと水死体で発見される。

この連中は反重力技術や無尽蔵のフリーエネルギーを独占し、UFOを撃墜する装置を地球周辺宇宙に設置し、地球製UFOを宇宙に飛ばしている。

 異星人は数世紀前から地球の地下に基地を作っている。

 

 このような話についていけない人も多いと思います。でも直接的関係者の証言が並び、話が首尾一貫してくると、信じざるを得なくなる。

 でも正直、現実感がまだ薄く、半ば空想領域を出入りしている感じです。

 

4月28日(金)

Unacknowledgedは「非認可の」と言う意味ですが、Unacknowledged Special Access Projects(USAPs)という句の冒頭の語です。これは米国大統領すらアクセスできない秘密のUFO情報のことです。アクセスできるのは陰の政府に関係する連中だけ。タイトルのUnacknowledgedって何だろう?と思って読み進めると全体の4分の1くらいのところにUSAPsの章が現れる。

 

5月2日(火)

 グリアのUnacknowledgedでは、異星人が地球の地下に基地を作っているという証言があります。そういう都市伝説的な話は知っていましたが、怪しげな人が言っても信用できない。グリアの資料に出て来て初めて実感が湧きました。それとともに、去年赤岳の稜線に何度も現れた青い光もそうですが、今回の横岳の北の稜線下に出た光も、おそらく人間が関与したものではなく、地底からの合図と考えるのもひとつの解釈だと思うようになりました。

 去年も今年も我々がコンタクト終了を決めた時に出現していますが、これは偶然には思えない。我々が事前に瞑想状態で何度も呼びかけているのをキャッチしている彼らが、意図的に存在の証拠を見せてくれたように思えます。おお、帰るのか、じゃあちょっと最後に合図しておこうということかもしれない。

グリアによれば、UFOにさらわれ、何かを埋め込まれたと言う人たちの多くはそのような幻を見る装置にかけられたケースであるか、または地球製のUFO、遺伝子操作によって作られたグレイなどで偽装した連中のUFOマイナスキャンぺーンにはまったケースです。ただ、本当に異星人が拉致するケースもあるらしいことは、木村秋則氏やプチ氏の経験から推測できます。

 

5月6日(土)

Unacknowledged

1963年から1977年まで米国空軍で技術職の軍曹をしていたW.H氏の証言:

 

1966年の夏、コロラド・スプリングスに駐屯していたところ、ワシントンDCへ戻るように命令が下りました。空軍の上級将校たちや科学者たちの一団を迎えに行く任務です。さらにワシントンDCのアンドリュー空軍基地からオハイオ州のダイトンにあるライトパタ−ソン空軍基地へ飛びました。私たちはブルーハンガーと呼ばれている場所へ連れていかれました。そこにはいくつもの異なるUFOから集められた残留物があり、それを使った実験が行われていました。この部署にはベル研究所も関与していました。またゼネラル・エレクトリック社も。そのほか多くのハイテク企業がここで知識を集めていました。例えば、電子磁気推進システムなど。このシステムが最初に使われたのはどこかあなたは知っていますか?ディズニーランドのモノレールです。

 ブルーハンガーの内部で私は円盤型をした機体を見ました。直径は推定3035フィート、高さはたぶん12から14フィート。それは地球のものではない。ニューメキシコの墜落現場の1つから運び込まれたものです。説明してくれた将校たちの1人は、ニューメキシコのフォー・コロナ地域では実に沢山の墜落があったという。彼が言うにはそれはフォー・コロナ地域に大きなレーダードームがあって、そのレーダーシステムは常時稼働しているからだ。そして円盤がそこを飛ぶと、コントロールを完全に失って墜落するのだと言う。

 ETの乗り物には開口部が1つあり、そこから中に降りるようになっていた。窓はなかった。つなぎ目はないように見え、色はアルミ色だった。」

(和訳はここまで)

 

この人物は高度の秘密にアクセスできる許可証をもっているので、こんなことを体験できたらしい。彼はこのあと空軍の秘密基地バーキング・サンドで地球製の円盤が水面から出たり入ったりするのを見る。電子磁気推進中、円盤は保護膜に包まれるので水中にも入れると説明を受ける。

 

 読者はどう思うかなぁ。説明なしにこんなことを聞かされても、耳を閉ざすだけかもしれない。

 証言はこの人のものだけでなく、沢山あります。

 

*上の証言は常識世界との間に架ける橋渡し部分がないので、予備知識なしには信じがたいだろうと思います。

 証言を無批判に信じ込むことも推奨できませんから、それはそれでその人のその時点での見識だと思います。

 さて、さきほどたまたま読み返したファイルが面白かったので、ここにリンクを張ります。思い込みと認知に関する考察です。

 

  関連ファイル

 

5月8日(月)

*次期米国大統領はUFOETに関する事実を報告されてから大統領府に入ったという証言があります。

宇宙戦争に触れたレーガンが報告を受けたろうことは分かります。でもカーターに関しては当時CIA長官だったブッシュ(父)に開示を拒否されたと言う話を読んでいたので、報告はなかったろうと思っていましたが、あったらしい。すると拒否されたというのは、さらに深く知ろうとして資料を要求したら断わられたということだろうか。カーターが生きた異星人と会い、感動のあまり涙したという目撃証言もある。

 ビル・クリントンは知らされていないはず。グリアから教わって驚いているくらいだから。ヒラリー・クリントンは大統領になったら、UFO関連の機密を公開すると言っていましたが、彼女もグリアからの情報しかもっていなかったと思う。そしてもしロシアの妨害がなく、大統領になっていたらどうだったろうと想像するに、政府の力も及ばない軍産共同体(いわゆる陰の政府)に関わる機密まで開示しようとしたら、JF・ケネディの二の舞になったかもしれない。

 陰の政府で内部告発しようとした者たちも暗殺されている。グリアに話したあと殺されたりしている。証言はそのような危険の中で集められた、二度と手にできないようなものばかりです。英語が出来る方は是非Unacknowledgedを読んでほしいと思います。

eBookもあります。たった10ドルくらいで驚天動地の事実を知ることができます。

DVDここから。なお日本語の字幕がついた動画は5月9日からiTunesで見られるそうです。日本時間だと5月10日になるかもしれません。

 

5月10日(水)

*昨日の夕方からはドキュメント映画UnacknowledgediTunesのストアから入手しようと手順を調べ始めました。

 分かったこと:この映画は米国のiTunesストアでしか手に入らない。日本のIDでは買えない。その場合、米国のiTunesギフトカードを使うしかない。

というわけで昨日公開された映画UnacknowledgediTunes版(日本語字幕に切り替えられる)を昨日のうちに入手することはできませんでした。リーダーは昨夜見始めたという。

FB経由で教え子たちに宣伝しようと思っていますが、視聴するまでの手続きが面倒臭そう。費用は$19.9。製作費の補てんのために料金がかかりますが、これで世界の秘密が知れるなら安いものだと思う。

 

5月12日(金)

*結局米国iTunesIDが作れないとGift cardも使えないと判明。米国に住所がないと米国のIDは作れないのでアウト。なんだこれ。Amazonとかは外国からでも買えるのに。しかたなくもうひとつのメディアVimeoに登録して購入。しかし日本語字幕が見あたらない。いまサポートセンターに問い合わせ中。英語でもかなり聞き取れるようになりましたが、やはりまだまだ字幕が必要。FBで教え子たちにも字幕がないと推薦しにくい。昨日はこの件でかなり時間をとられました。

 

5月13日(土)

*午前中シュタイナー読書会。

 新シュタイナー読書会(超能力、スプーン曲げの回)に参加したことのある女性が友人を連れてこの旧読書会にも参加してくれました。

 私は先日のETコンタクトの報告と、グリアのディスクロージャーの内容についてまず話しました。それから今回読む箇所にエーテル体、アーリマン、ルチファーなどの精神科学用語が出て来るので、表を使ってその説明もしました。

 新参加者2人とも、全然知らないようなので。

 そんなこんなで1時間後にようやく読み始めましたが、やはり彼女らには難しそう。30分くらいしか読まなかったけれど、それが限界だったかも。

 友達の方はどの話も興味が薄かったようです。スプーン曲げの回に出た方の女性は反応がありました。エンデにも興味があるということなので今日、エンデの絵本を持参して貸してあげました。彼女はETコンタクトにも出たいという。5月のコンタクトは新人は参加できないので、6月のコンタクトの場所を伝えておきました。

 

 今日感じたこと:

 いくらグリアたちが信頼のできる証言で事実を固め、軍産共同体の国家を超える支配、その悪徳共同体による異星文明のテクノロジー(反重力、無限のエネルギー)の簒奪と独占、情報操作によるUFO情報の攪乱などを暴露しても、この種のテーマに全く関心のない人たちには全然伝わらないだろうということです。

 

 予備知識がないとちんぷんかんぷんなのはシュタイナーの世界観もそう。

 時代のパラダイムを越えている認識が世間に理解されないのはふつうの現象。

でも残念です。ある程度、知的興味をもって自ら学習するくらいの熱がないと、この溝は埋まらない。これらの知識は一部の人間が所有する秘義なんかではなく、シュタイナーもグリアも人類全体が知るべきこととして公表しているのですから。

 

5月14日(日)

VimeoUnacknowledgedには字幕がないことが判明。まあ大体わかるのでいいや。私には文献資料のeBookの方が重要。

 

5月18日(木)

*昨夕はeBookUnacknowledged)で1986年の日航寺内機長のアンカレッジUFO事件に関する証言を夢中で読みました。証言者は米国連邦航空局の事故調査部の主任だった人。2001年のDisclosureでもこの事件の口頭証言はありましたが、あまり詳しくなく、当時の大統領レーガンたちがレーダー記録を見て興奮したという話だけでした。今回のDisclosureでは元の文書が載っていて詳しいものです。

 それによるとアンカレッジでは米軍の管制レーダーと連邦航空局の管制レーダーの両方がUFOを捉えていた。米軍は連邦航空局のデータを押収し、航空局の職員たちはこの事件もこの集まりもなかったことにせよと命令される。

 証言者の連邦航空局事故調査主任はデータのコピーを提出したが、オリジナルを寄越せと言われなかったのでそれを保持していた。そしてそのレーダー記録などこの件に関わるデータは全て今ではグリア氏の手に渡っている。

 寺内機長は金星を誤認したことにされ、地上勤務に回されるなど酷い仕打ちを受ける。

 私は当時この事件を告げた新聞雑誌の記事を全て集めて保管しています。寺内機長の証言は非常に細かくさすが視認のプロと思わせるものです。これに米国連邦航空局側の証言をつき合わすと、その時何が起こったかよく分かる。

 UFOって本当にいるのか?と入り口で逡巡しているような人には、後押しになる良い資料です。これらの資料を使いUFO問題を検討する会を開くことにしました。

ただ参加者が集まるかが問題。

UFOはジャンボジェットの数十倍の大きさでした。半分物質化していたらしい。この大きさだと母船で、恒星間をワープしながら飛ぶと思われます。その中は小都市くらいの構造があったのではないか。異星人たちも数千人規模で乗っていたかもしれない。と想像するとすごい。

 このような話に興味をもつ人はいそうですが…。

 

5月22日(月)

*墜落したUFO回収の仕事をしていた軍曹の回想。友人にペンタゴンの地下深くにある施設に案内され、弾丸のような4人乗りモノレール(グリア氏によれば磁気浮上式列車)に乗り、着いた回廊の先で生きたETを見せられる。グレイタイプ。その目を見ているうちに自分の生命力が抜き取られるような変な気持ちになり失神する。目が覚めると友人の事務所にいた。何も起こらなかったよ、君は一日中ここにいたよと言われる。でも自分はそんなことはなかったと知っている。

 

 この証言は地下に連れていかれる途中のどこかで何らかの催眠状態にされ、幻を見せられた可能性もあります。グレイや誘拐体験の偽記憶を植え込んだりすることも彼らの手口だという(グリア)。

 

6月1日(木)

*人間が作る偽のUFO、つまりARVAlien Reproduction Vehicle)の特徴は、本物の異星人の乗り物とは違って、光を反射する。位相転換できない。つまり非物質化できない。機体が一体化しておらずボルトなどがついている。でも反重力装置はつけてあるので、普通の飛行機とは異なる飛び方で飛ぶことはできる。(S.グリア)

そうなのか…。位相転換まで出来たらまずいところでした。やっぱり野蛮な文明はそれなりのUFOしか作れない。

 

6月3日(土)

ETの母星が地球から3千光年離れているとすると、ETの宇宙船が地球を訪問したあと再び母星に帰るには、往復6千光年の距離を移動することになる。地球の科学レベルで考えると空間を移動する速度は光のそれを越えられないから、最速でも往復6千年かかる。いくらETの寿命が長いと言っても、その距離は数世代の人生を重ねないとカバーできない。

異星人ユミットから得た知識に基づいてフランスの宇宙物理学者ジャン・ピエール・プチ氏が主張した双子宇宙論は、その問題を解決していました。ETの宇宙船は反物質で構成された別宇宙を通って来る。2つの宇宙の間はいわば湾曲していて、その曲率が大きい時、別宇宙を通れば目的の星に光速で進むよりずっと早く到着できる。

ユミットは14.5光年を7カ月でカバーしてきているといいますが、それだとたかだか3分の1の短縮です。3千年光年の距離だと片道でも千年かかる。地球には数十光年以内の距離にある星からしか実質これないことになってしまう。

 

 それではDr.S.グリアが明かしたET宇宙船の飛行法はどんなものだろうか。グリアによると、宇宙はゼロ・ポイントを通って瞬間移動ができるという。ET宇宙船は位相転換して別宇宙へ入り、「瞬間」移動するが、その別宇宙では引っ張る力も働くので、まったく瞬間というわけにはいかない。

 完全な瞬間移動ではないにしろ、距離にかかわらず、ほぼ瞬間的に移動できるなら、3千光年どころか、数億光年先の深宇宙からでもやって来られることになる。なんか、こちらの説の方が腑に落ちます。グリアは異星人たちと接していろいろな知識を与えてもらっているらしいので、この説が本当である可能性がある。

その別世界に行っているときはこちらの世界から見えない。非物質化している。こちらの世界と別世界の両方にまたがる状態にあることもできるという。

 レーダーに全く映らないUFOがあったり、映っても固い物質ではないような変な反応をする巨大UFOがあったりする謎もこれで説明がつく。

 

6月7日(水)

*さて、異星で精神進化を伴った文明の発達が続くと、人の意識が宇宙全体と繋がっていることが原理として把握され、他者の意識への直接的接続も出来るようになるとグリアは言う。その際、空気の振動(声)や電磁波などは使わず、直接相手の思考に自分の思考を伝達する。テレパシーだ。

 このあたりはシュタイナーの霊的進化論とも一致している。

 意識が物質に作用することも、原始的な地球文明の科学では理解されていないが、当然の事実となっている。これも霊的進化論と一致している。

 しかし異星文明では、テレパシーやサイコキネーシスにテクノロジーが融合している。

 人の意識のポテンシャルをテクノロジーが支援して強めたり(‘TAC’―Technology Assisted Consiousness )、逆にテクノロジーを人の意識が操ったりする(‘CAT- Consiousness Assisted Technology)場合がある。

 このような用語まで準備されていることから見て、グリアたちの組織CSETIでは、意識とテクノロジーの融合が未来文明の常識として扱われていることが分かる。

 異星人の宇宙船は乗員の意識で操縦されており(CAT)、逆に意識の超時空性をテクノロジーで強めることもある(TAC)と思われる。地球上の人間の意識にテレパシーで思考を伝達するときも、ある種のテクノロジーの支援があるらしい。

 

 グリアは興味深い話を ‘Unacknowledged’で明かしている。

 グリアはかつてのベル研究所の技術者だった人物を知っている。その技術者は30年前にある将官からETのコミュニケーション・端末を渡され、その使い方を研究させられた。

 その端末はグレープフルーツほどの大きさの丸いもので色は黒っぽく、表面に模様があった。その機械が彼の意識に直接話しかけてきたのだ。特にその機械が、これを研究するよう彼に依頼した人々は心に悪だくみをもっている。あなたはこのデバイスを破壊すべきだと彼の意識に語りかけてきたときは驚愕した。

 彼はこの謎の物体の使用法を探って苦闘し、ある実験で「偶然」この物体を熱しすぎて壊してしまう(少なくとも物質的には)。しかしその後、彼は最後に「ありがとう」という思念を受け取ったという。

 

 これは墜落したUFOから回収した機械だが、墜落UFOの母星にいるETか、宇宙を航行中の宇宙船にいるETが、仲間の機械に思念を同調して状況を把握し、彼に警告を送ったとも考えられます。

 

 異星人が使うテクノロジーの超物質性に関しては、私がこれまで読んできた遭遇事件の中にも、いくつか例があります。

 たとえば、小箱のようなものを操作して部屋の壁を通り抜けてきた異星人の目撃例が思い出されます。

 また、テレパシーではなく、テレポーテーションを起こす機械を渡された北海道の青年の事件(1977年)も思い出します。それは丸くて平たい金属で、真ん中に穴があるものでした。その話の全てが信じられるわけではありませんが。また、かなりアヤシイ話としては、異星人が念力でUFOを作っている場面を目撃したという超能力者もいます。

 いずれも嘘とも本当とも決めつけないで脳裏にとどめているUFO事件簿ですが、私は新たにそれらと符合する話が出てきたとき、頭から否定する人たちとは違い、検討する用意が出来ていると言えます。グリアの場合は信用度が高いので、その証言や話はかなりまじめに受け止めています。

 

6月9日(金)

CSETIのコンタクト法であるCE-5Close Encounters of 5th Kind、第五種接近遭遇)を使ったコンタクトでETたちはどんな反応をするかが、 “Unacknowledged”に書いてあります。

 私たちのグループも、そのうちのいくつかを体験しています。

 

1.    突然大きな宇宙船(円盤型、三角型など)が現れる。それは忽然と出現し、そして数秒ないし、1秒以内に消え去るが、多くの人に目撃される。

2.    物体がもっと長い時間現れる。何分間も続く。そして消える(視覚的・物理的認識を越えて位相転換する)。

3.    様々な色彩を帯びた球形の探査機がやって来る。コンタクトグループの間に入ってくることもある。それは偵察目的で動くが、それ自体が意識と知性を持っている(進化したAI、人工知能)。たいていそれは半透明で、ややくすんだ赤、青、緑、金色などの色合いを帯び、15cmから3060cmの大きさである。この機器はおそらくTAC機能の発現であり、宇宙船上のETの意識と思考(個性までも)がテクノロジーの支援とコントロールを受け、コンタクトグループ内に投影されているのだと思われる。

4.    全方向から奇妙な発信音ないし高音が一斉に響いてくるように聞こえる。この現象はコンタクトサイトから定期的にCSETIの発信音をラジオ波に乗せて送った後によく起こる。

5.    奇妙な電子電磁的効果(EM)が我々の機器や自動車に起こる。ET宇宙船が接近するときにしばしば機器が動作を停止する。1993年にメキシコで起こった例では、250mほどの大きさの三角型宇宙船が無音でグループに接近してきた時、全てのカメラと電子機器が停止した。他にもレーダー探知機やレーザー探知機や車の電子機器の機能が次第に落ちてきたり、オフになったり、参加者の肌や服に静電気が感じられたりした。反時計回りに回転している宇宙船が接近して来た時、私の磁石も反時計回りに回りだしたことが何度もあった。磁石が指す北がほとんど南になってしまい(160度の狂い)、その状態がほぼ3ケ月続いた。

6.    地上の人たちとのやり取りで速度を増す現象。グループがしばしば体験することだが、最初は人工衛星のように見えているものが、こちらの思念や合図に反応することがある。たとえば、高い高度で飛んでいる物体が、思念を送ったとたん、動きを止めたり、急に方向転換したりする。人工衛星は地上の人たちとやり取りしながら、バックしたり、急に右旋回したり急降下したり、光度を増したりすることはない。このような現象は多くのCSETIのイベントで沢山の人たちに目撃されている。

7.    物質と非物質の境界での現象。この現象はETの乗り物が非物質状態から、我々の次元に突入するときに起こる。我々のチームはストロボ状の光が我々周辺全体に放電を起こす現象によく出会う。ET宇宙船の形や、さらにはETの個体までもがかすかに見え出す。そしてぼんやりした電子的ホログラムの中に姿を結ぶように見える。この接近遭遇の間、参加者たちは淡い輝きを見ているだけなのに誰かに軽く触られたようだと報告したりする。この種の出来事の間、時間や空間の異常な延長や短縮が起こることがある。時間が止まったり、非常に速く経過したりするように見えたり、グループの周囲の空間がより明晰になったりする。この種の遭遇はあっという間だったり、2時間以上継続したりする。

 実例:1998年、英国のアルトン・バーネスの近くで、非常に大きな円形の宇宙船が我々CE-5の円陣の中に突如出現し、数秒で消えた。その船体はきらめきながら、閃光を放ちながら我々のグループの上に下降したので、我々は、ある意味船体の中に入っていた。そして仄かに光るET生命体の姿がいくつも我々個々人の間にあった!この現象の間、我々のサイト内の温度は少なくとも6〜9度だった。参加者全員が船体と生命体の姿を見た。どちらも完全に「固い」物体ではなく、部分的に我々の次元に入り込んでいるのだった。

8.    覚醒夢に現れるET宇宙船やET

9.    位相転換したET宇宙船が激突することなく山体に入って行くのを目撃したりする。

 

(8,9は訳す時間がなくて、内容はなしにしてタイトルだけになりました)

 

6月12日(月)

*Unacknowledged”の第4章「宇宙的欺瞞 − 究極の仮想敵捏造」に何やらヤバイことが書かれていました。この章はたった6ページなのですが、危険を煽り立てないように表現を抑制している分、深刻さが増して感じられます。

 世界を陰で牛耳る軍産複合体はこれまでも嘘を使って湾岸戦争やイラク戦争をでっちあげ武器の在庫整理をし、新しい武器を売って大儲けしてきました。  そして次に使う手口は「異星人の襲撃」だという。

 そのアイデアはフォン・ブラウンの時代からあった。フォン・ブラウン…ナチのもと、V2ロケットを作成。米国に亡命してからはNASAのトップになってサターンロケットを完成し、アポロ計画を可能にした男。しかしこれは表の顔。彼は実は陰の政府のもとで働いていた。彼の最後のメッセンジャーだった女性の証言によると、ガンのため余命少ないフォン・ブラウンから異星人の襲撃をでっちあげる話を聞いたという。

空軍の情報機関に勤めていたリチャード・ドーティは人工的に作られた偽の異星人の存在を証言。偽の異星人を使った極秘プロジェクトの存在も示唆するが、詳しく述べることは出来ないという。極秘中の極秘だという。

グリアはこれまで少なくとも1ダースの内部告発者から、9.11の被害すら軽度な自動車事故くらいに思わせるような大規模な攻撃が行われる警告を受けてきたという。彼はあまりにも狂気じみた話なので最初は信じられなかったそうだ。

終末論に取り憑かれキリストの再臨を信じているこの連中は地球製のUFOで大都市を襲い、電磁気兵器で破壊する。地球の歴史上最悪の戦争、アルマゲドンとなり、数百万人、いや数十億人の命が失われる。この偽UFOの攻撃を演出するホログラム技術も彼らは既にもっている。

グリアはこの攻撃を阻止するために、今この脅威を公けにすると言う。

この連中の計画が本当に実践されたとしたら、それはアルマゲドンを起こすためにサリンを撒いたオウム真理教の超拡大版の惨事が起こることになります。

この計画を公けに暴露することが阻止に繋がるというグリアの言葉を信じたいです。

なお、この陰の政府の中枢にいる終末論者たちについては、『UFOテクノジー隠蔽工作』にも載っています。

このファイルの4「最後に闇のグループ形成の歴史と、その実態について」、の「グループ内に存在する終末論思想について」にあります。 

 

6月16日(金)

Unacknowledged

すでに残りのページは少なくなっていますが、今日はあまり強い興味が湧かずに後回しにしていたフー・ファイターの項を読んでみました。

参った…。こんな証言が出てくるとは。

ナチスがUFOを作成していたという都市伝説的な話はこれまで読んだことがありましたが、ナチスに関する様々な奇怪な話− たとえば残党が南極に渡ってどうのこうの− と同様、眉唾ものだと思っていました。

以下和訳

証言者ダン・モリス。退役した生え抜きの空軍一等軍曹。長年異星人プロジェクトに従事。空軍を退役後、極秘の全米偵察協会National Reconnaissance Organization(NRO)に加わり、異星人関連作戦に専属。宇宙最高機密閲覧許可証をもつ。これは彼が知る限り米国大統領も持ちえないもの(アイゼンハワーがそれに最も近い許可証を持っていた)。情報機関は陸軍にも空軍にも海軍にもあるが、NROは存在しないことになっている。それほど極秘の機関。ある時期、空軍情報局、海軍情報局、NROなどすべての情報機関がヴァージニア州のラングレイ空軍基地のある場所で共同作業をしたこともある。空軍、陸軍、海軍の情報分析官のほとんどが集合していた。

ナチは2機のUFOを ―1931年か1932年に− 回収し、それをドイツへ持ち帰り、そのテクノロジーを研究分析した。研究は進み、戦争勃発前にすでに稼働可能なUFOを保持していた。それはフン・ディ・ドウと呼ばれる1号機と2号機。2号機は直径30ないし40フィートで、3つの球が下がっていた。それは着陸するとき上下に弾んだ。

(以下、彼の話は第二次世界大戦中目撃されたフー・ファイターに移り、そのビデオ映像は沢山残っているという。)

以下和訳

終戦後、我々はドイツから豊富な情報を得ることができた。ヴェルナー・フォン・ブラウンばかりでなくヴィクター・シャウベルクも連れて来ることができたからだ。彼ら電磁気研究者の中にはUFO関連に携わっていた者たちもいた。彼らのお陰で我々はこの分野で大飛躍ができた。シャウベルクはニューメキシコにいた。彼はニューメキシコ近辺のホワイト・サンズやその他の場所で我々に協力した。彼は我々が悪い扱いをしたと感じ、帰国した。そして帰国後2週間して彼は殺された。

以上

 

 ん〜。このダン・モリスの経歴って信用できるのだろうか。すべてはそこにかかっていますね。ナチスとUFOの関係については『ナチスがUFOを造っていた』(矢追純一著、雄鶏社、19941011日、日本テレビ特番放映番組)にもナチスのUFO写真や、証言者のインタビューが載っているのですが、この話も、証言者がどこまで信用できるかによって、妄想と事実の間を揺れ動きます。

 明日はマッカーサーがUFOのことを知っていたという証言を紹介します。

6月17日(土)

Unacknowledged

 米陸軍曹長クリフォード・ストーンの証言(彼は墜落UFOの回収任務をもつ陸軍チームの公務において、生きているET、死んだETの両方を見ている。彼は闇の軍事作戦基地や極秘プロジェクトへのアクセス権をもっている)

以下和訳

 1942226日、いわゆるロサンジェルスの戦いの最中、我々のチームは15ないし20機の未確認航空機がロサンジェルス上空を飛行しているのを見つけた。我々はすぐにこれらの飛行体を撃墜する体勢に入った。地上の37番要塞砲兵団は1430発の砲弾を費やした。我々は日独伊枢軸に属する秘密基地があるのではないか、そこからこれらの飛行体がやって来ているのかもしれない、駐機できる民間の飛行場などがあるのではとか考え、それを探し出そうとした。しかしどれも確認できなかった。我々の探索は無駄に終わった。

 同じころ太平洋でも同じ現象が起こっていた。いわゆるフー・ファイターである。マッカーサー将軍は情報局員たちに何が進行しているのか探らせることにした。信じるに足る根拠があることなのだが、1943年にすでにマッカーサーは探り出していた。我々が地球起源ではない物体に直面していること、別の惑星から我々が第二次世界大戦と呼んでいる出来事を観察するために我々の惑星を訪れている訪問者がいるのだということを。マッカーサーが直面した問題の一つは、もしこれが本当なら、そして彼らが敵意をもった存在と判明したなら、我々の方では彼らについて知っていることは極めて少ないし、自分たちを防衛する手段も極めて少ないということだった。

 マッカーサーはいわゆる惑星間現象調査部を組織した。この部局は後にマーシャル将軍に引き継がれることになった。そしてずっと今日まで続いている。ユニット名は変化し、この部局はいまだに何の記録にも残らず、表面化していない。陸軍はUFOを探究することは軍の正規の任務ではないと言明しようとした。しかしこの部局はある将軍によって組織され、結果を出したのだ。出した結論は、公けになっていないが、フー・ファイターは惑星間宇宙船というものだった。この部局は当時やっていたことを今日もやり続けている。これは起源不詳の物体の回収、特に地球外起源の物体の回収にあたるマルチ情報作戦の一部をなしている。その目的はそのような情報にアクセスすること、現地の生の情報を手に入れること、そしてそのデータをある種の有用情報資料に加え、その情報を必要とする人たちに伝えることである。その人たちはその情報を機密にするのだ。

 マッカーサーが組織した部局の空軍将軍の一人が彼に伝えたことは、我々が手にしているものは「地球外」のものであるということだった。言っておきたいが、その時点でドイツ人たちも我々が地球外からの訪問を受けている証拠、それもある種の物的証拠をつかんでいたことを挙げておきたい。マッカーサーが物的証拠をもっていたことは明白である。私は陸軍でこの問題を扱っているとき、記録文書の中でそのことを見たのだ。物的証拠が何なのかは正確に確認できなかった。分かったのは物的証拠があるということだけだ。

以上

 このクリフォード・ストーンの陳述は信頼感を寄越す気がします。マッカーサーが手にした物的証拠はETの墜落宇宙船やETの死体だったのかも知れません。ドイツ側も同じ物的証拠をもっていたというなら、ナチが墜落UFOを回収・分析したという話につながっていきます。この証言は昨日紹介した証言を裏打ちすることになるのでしょうか。

6月21日(水)

*モンローはJFケネディーの愛人だったとき彼からロズウェルに関する秘密情報を知らされていた。でもケネディ―兄弟に突然縁を切られたあと、教わったUFO情報をばらすことにした。 ―彼女が交わした電話の内容は盗聴されていた− そして彼女は殺害された。マスコミに流されたような睡眠薬を過剰に飲んだための死ではなかった。

グリアはこの盗聴内容を含むCIA文書が本物であることをその筋の権威に確認してもらっているので、内容は事実であると断言している。

6月25日(日)

*ロズウェルのUFO墜落が本当だったとして、それは事故なのか?遠い地球まで来られる技術をもっていても事故る?地球にはよほどUFOを飛びにくくさせる要因があるのか?と考えてしまう。

さらに、事故でなく撃墜されたという話が出てくると、ふつう引きますよね。

UFOを撃墜ってそんなことあり得るのかと思う。異星人がUFOに乗って地球にやってきていることを信じられる人でも、科学が地球より遥かに進んでいるはずの異星人の乗り物を地球レベルの武器で撃墜できるのか?と思うのがふつうです。弓矢でヘリコプターを落とせるのかというのと同じような疑問。

 また墜落UFOを分析してその高度なテクノロジーを再現したり、地球製のUFOを造ったりという話も、どこまで信じられるのか分からないものです。

 でもグリアが明かした証言の中にそれらを裏付けるかのようなものが沢山出てきます。とりあえずUFO撃墜装置に関して、一つの匿名証言をみてみましょう。この証言者は神童・天才系ないしマッド・サイエンティストの類のようです。

 

以下UnacknowledgedeBook 5659ページ

 

証言者プロフィール

‘ドクターB’は科学者兼エンジニアであり、反重力、化学兵器戦、セキュリティのための遠隔測定法、コミュニケーション、宇宙空間に設置した超高エネルギー・レーザーシステム、電磁気パルス・テクノロジーなどを含む極秘プロジェクトに携わっていた。

 

証言

 私は1943年に生まれた。私の父は世界的に著名な科学者だった。彼はヘンリー・フォードやハワード・ヒューズと一緒に仕事をしていた。私は精子バンク愛好科学クラブの出自だ。9歳でアナーバーのミシガン大学と共同の科学プロジェクトに携わっていた。

 15歳のときミシガンを離れた。政府からの要請で空軍に招聘されたのだ。私は16歳でアーカンソー州都のリトルロックに連れていかれ、化学兵器戦や細菌兵器戦を研究する陸軍基地で働かされた。17歳で兵役につきラックランド空軍基地で訓練を受けた。それからキースラー空軍基地、合衆国陸軍研究所を経て、カリフォルニアのポイントアリーナの早期警戒レーダーで働いた。

 我々はANF PS35レーダーをもっていた。それは466フィート(約140m)のアンテナをもち9階建ての高さがあった。パワーは5メガワットだが、HARP(ハルパーン対レーダー点?)よりはるかに低い。その探知距離は455マイル(約732km)。これら全て、当時は機密情報だった。

 このレーダーは定置探知装置と呼ばれるものだった。我々は毎晩北カルフォルニア全体を監視し、数千もの未確認航空機(UFO)がポイントアリーナから20マイル(約32km)あたりの所へやってくるのだった。それらは時速2万マイル(32千q)でやってきた。バジャ方面に向かってきて、それから左に曲がり、メキシコを横断するのだ。メキシコでは毎晩時速5千マイル(約8千q)で飛ぶのが目撃された。我々はPPIスコープ(Planned Position Indicator Scopes 所定位置表示スコープ)と呼ばれる装置がある部屋をもっていた。私はその装置に何か不具合が出たとき駆けつけて原因を突き止め、直した。

 彼らはDDSフォーム332sに修理案件を書き込み、警護の曹長に渡した。なぜならここはダブルセキュリティ・エリアだったからだ。彼らはUFOレポートのおよそ半分をシュレッダーにかけた。我々の部署はSAC(Strategic Air Command戦術空域指令)部隊だった。この任務は休みなく年中行った。これは1960年ごろのことだったろう。

 後年私は多くの会社のコンサルタントになった。彼らがエリア51に行った時、私はラスベガスの国防契約会社EG&Gにもよく行った。私はテキサス州アマリロの原子エネルギー委員会にもよく顔を出しした。またマンハッタンのマーリー・ヒルにあるベル研究所にも身分を隠したCIA関係者と共に出入りした。もっぱらCIAのためにラングリーにはよく行った。クワンチコではFBIのために働いた。その他いろいろな所に出入りした。さて、なんで私がこれらの会社に行ったかって?私が機械操作の専門家であり、それが得意だったからだ。

 私は自分の会社をもっていた。スコープ・リミテッドという名前だった。その前にEHリサーチのために働いた。そこではとても良い報酬をもらい、1971年に辞めた。

 ロックウェルとの契約によってNASAで日々を過ごすようになる前、私は自動制御論を研究していたが、その頃私はアイグラスというプロジェクトに関わっていた。それは10億ワットのレーザー装置であり、宇宙空間から発射してエイリアンを撃ち落とすためのものだった。それは電子=プラズマ光ビームと呼ばれている。それは宇宙空間の複数の発射台に設置されている。ほかに今では747の機体にもそれを積んでいる。一般向け科学雑誌の表紙にも載っている。それは彼らが開発した新しいレーザープラズマ装置だ。

 そして私はロッキード社のスカンクワークにも携わった。国防契約会社のEG&Gの工場も沢山訪問した。そのひとつはラスベガスにあった。私がそこへしょっちゅう行った理由は、EHリサーチの仕事をしていた時、単発レーザーのテストをやっていたからだ。そして我々は後にEMPelectromagnetic pulse technology 電子電磁パルステクノロジー)として知られることになるテクノロジーの開発をしていた。私は計測装置を作るパイオニアのひとりだった。私はEMPテクノロジー開発の仕事を沢山やった。その仕事はいつも身近にあった。

 建材会社マーティン・マリータや、自動車部品メーカーTRWなど…私はこれら全ての場所で働いた。我々が行った磁気プロジェクトは1950年代のカナダにまでさかのぼる。それは5大湖全体に関わった。このことは私の本で説明している。我々はライトパターソン基地やデンバーのマーティン・マリーで作業した。ボール・ブラザーズでも。私は彼らの工場に何度も行った。彼らはガラスのジャーを作っていたが、今をときめく航空宇宙素材も作っていた。ロックウェル、ロッキード、ダグラス、ノースロップ・グラマン航空、TRWなどなど。ヒューズ航空はこの件に大いに関わった。私はロサンジェルスのヒューズ航空の施設でよく働いた。ここフラートンにも施設がある。私は当時その両方の施設で、実に多くの秘密のプロジェクトに関わっていた。

 そこでは反重力が研究されていた。私はよくマリブのヒューズ施設に出かけたものだ。そこには大規模な専門家集団がいた。大きな反重力プロジェクトだった。私はよく彼らと話をした。私は彼らにアイデアを出した。なぜなら彼らはみな私の装置を購入していたからだ。しかし米国の一般人は決してこのプロジェクトのことを耳にしないだろう。

 私には航空宇宙で働く相棒たちがいた。我々はときどきささやかな宴を開いた。つまり友人のひとりが円盤を飛ばすのだ。あなたはたぶんその円盤を見たことだろう。エリア51から飛ぶやつだ。この円盤には小さなプルトニウム原子炉が積んである。それが発電し、反重力円盤を動かしているのだ。我々はさらにもうひとつレベルを上げた推進装置をもっている。それはバーチャル・フィールドとか、流体力学波と呼ばれている。このアイデアを実験場で試し、12の異なるレーザー光をひとつのプラズマ・システムで使うことによって流体力学波を作り出せる。こうして我々はあなたが写真に撮った三角形の航空機を製造したのだ。それらは英国のベントウォーターの近くで製造されている。そこでも彼らはそれを飛ばしている。

 私がNASAを辞めた理由はこうだ:私は宇宙船について口出しをし始めた。私にはシール・ビーチで一緒に働いていた友人たちがいた。我々はそこで第2ステージのサターンロケット2型を建造していたのだ。そして私は意識し始めた。我々はいったいここで何をしているのかと。〔ロケット推進を使うのは〕馬鹿げている。そこにはウェルナー・フォン・ブラウンと彼の突撃隊員たちがいた。彼らはいつも黒いスーツ、スキーズボン、金色のヘルメットを着用していた。私が言いたのは彼らがナチのような服装をしていたということだ。彼らは本当にそんな恰好をしていた。我々はサターンロケットが如何に馬鹿げているか、NASAの最上層部の人たちを通して電子=重力〔反重力〕推進装置を使い始めることが如何に当然であるかということについて、激しい議論になった。そのため私は非常に深刻なトラブルに陥った。私は頭を冷やすよう警告を受けた。

 我々がサターンロケットを格納庫から引き出し始めた最初の夜、私はコンピュータ制御台に向かって座り、ぐっすり寝込んでいた。朝の4時だった。私の部下のエンジニアがやってきて私を揺すり起こした。「ドクターB、外に出てみてください、すごいことが起こっています。あなたが起こるはずだと言っていたことです。」

 彼らがちょうど鳥〔サターンロケット〕を引き出して写真を撮りだしたとき、大きな円盤が降りて来たのだ。カルフォルニア、シール・ビーチに。私は上空にホバリングしている宇宙船の写真は撮っていないが、その円盤は降下してきたのだ。400人の従業員がそれを目撃した。19664月の朝4時のことだ。

 この出来事を全て秘密にすることなどどうして出来ただろうか。私と一緒に働いていた数人の人が姿を消した。彼らの消息はその後二度と聞かなかった。ロッキード・スカンクワークで私の相棒だった男がいたが、その男の情報網は広かった。彼は私にオーロラ計画について全て話してくれた。彼はどんどん話し始めた。そして消えた。その後の彼のことを知る人は誰もいなかった。彼がどこへ行ったか誰も知らない。彼の席は無くなった。一晩で彼の存在は消えた。

 

以上。次回は墜落UFOを回収した人物の証言を紹介します。

 

6月26日(月)

*昨日に引き続きUnacknowledgedからインパクトのある証言を紹介します。

昨日アップした証言は丸一日かけて翻訳しました。地名や施設名など調べないと繋がりが分からない箇所も多く、訳には時間がかかりました。内容が細かいところがリアルさを感じさせるかなと思いますが、逆に強いインパクトが感じられなかったのではないかと心配です。原文を初めて読んだ時の私の興奮を読者ももって読んでくれたか否かは分からない。ま、無駄な労力を費やすことが私の人生の特徴らしいから、それでもいいや。

 

 なお敗戦直前のドイツを見限り米軍に投降したヴェルナー・フォン・ブラウンのことは理工科の授業で何度も紹介しました。ヒトラーのもとでV2ロケットを作り、米国に渡ってからはアポロ計画のためにサターンロケットを作った天才科学者です。最近彼の闇の部分を知るようになってきました。

 

以下、翻訳を頑張ります。

 

eBook  118121ページ

 

なお、この証言者は617日のコラムでもマッカーサーの件で登場しています。

 

証言者のプロフィール

 米国陸軍軍曹クリフォード・ストーンは墜落UFOの回収任務をもつ陸軍チームの公務において自身、生きているET、死んだETの両方を見ている。彼は闇の軍事作戦基地や極秘プロジェクトへのアクセス権をもっている。

 

証言

 私を墜落UFO回収の仕事に付かせる準備として陸軍は私をアラバマ州フォート・マックマレン(McMullen: eBookではMcCullenとあるが、打ち間違いと思われる)のNBCスクールへ送り込んだ。NBCとはNuclear(), Bioloical(生物), and Chemical(化学)(兵器)を意味する。私が深く関わる事柄は常にNBC組織との繋がりがあると思っていい。もしあなたがその組織に入り込むことが出来、回収にあたったとする…破片をそっと内緒で持ち出しても誰も気付かない。あなたはそんなこともやろうとすれば出来る。もしあなたが公認の隠蔽プログラムを使う必要を感じ、嘘のニュースを流そうとすれば、それも出来るだろう。

 もちろん、回収するのは高度に進んだテクノロジーの産物のマシーンである。また墜落の数は多くない。しかしそのマシーンはあなたや私と同じく寿命の限られた知性が作ったものだ。そのような限界の下で作られたものなのだからエラーもあり得る。

 墜落UFOを回収する場合、危険な素材を含む一般の航空機事故の場合と同じ扱い方をすることになる。ブルー・フライ[ET宇宙船]回収作戦の場合、現場解析と呼ばれるやり方をする。

 それが何かを簡単に言うと、まずミサイルのことをよく知る専門家や航空機の専門家らと一緒に墜落破片を検分する。専門家は何がふつうと違うかを述べてくれる。すると残された結論はただひとつになる:地球起源のものではない何かだと。このような選別がブルー・フライチームの目的だった。現場で即座に分析することはとても危険だ。デブリは危険物質のように包装することになる。注意が必要だ。私はETたちは悪意を持った存在ではないと言い続けているが、回収の際に事故が起こったり死亡したりする可能性は常にあった。

 破片物質を隠匿しようとすることももちろん出来た。特に対象が大きな宇宙船の場合そうだった。機体は円盤型だったり、くさび型だったりした。回収する機体の中に時々くさび型のものもあったのだ。注意が必要だった。特に運ぶ必要が出て、トラックに積み込む時などがそうだった。我々の最も大きな関心事は、真にエイリアン起源のものだとしたら、その結果、生物学的汚染があり得ることだった。

 さて、UFO目撃事件もあるし、墜落ET宇宙船の回収もあるけれど、言った通り、回収はまれだし、間隔も空いている。ある回収作業は1969年に戦闘訓練場のインディアン・タウン・ギャップで行われた。季節は冬だったが雪はなかった。我々はフィールド・トレーニングの訓練をしていた。第96民事対応班に所属。私の身分はNBCの下士官だった。我々は宇宙船墜落に関する事故があり、回収作業の支援が必要だということを知らされた。

 それはくさび型の宇宙船だった。現場には既に回収チームが入っていて、物体の周辺は投光器の照明で照らされていた。幸いなことに周辺住民や野次馬など、そのたぐいの問題は全くなかった。私は物体にもっと近づいて光信号検出器APD27で検査するよう求められた。それをした結果、検査対象の物体は地球起源のものではないことが分かった。私はその物体の奥深く侵入することをためらった。気持ちが高まり過ぎることを避けたかったのだ。

 もうひとつ我々が関わった事例を挙げよう。その事故は1976919日にイランで起こった。2機の戦闘機が同時に故障した原因を突き止めるため、2機とも機体が分解された。奇妙なことが起こっていた。空軍パイロットの一人がUFOが降下・着陸するのを見たのだ。我々はこれら奇妙な出来事についての証言を音声記録に録った。現場の映像証拠も撮ったが、その証拠映像には奇妙なものがいくつか写っていた。私は着陸地点で起こったことの全ては関知していない。しかし私はこの件に関しあなたに沢山話すことができる。そこで起こったことが何であれ、チームは2,3週間その地点を調査したのだから(この件を裏書する資料として付録2と3を参照のこと)。

 

訳注:この付録はこのイランUFO事件を報告した政府の極秘資料の写し。関係者の証言だけでなく、政府の報告書という公文書もあるのに事件の存在を否定することは非合理だろう。

 

1986年、我々がUFOに向かって攻撃したことが2度あった。UFOは何事もなかったかのように発進した。同じ年に20機ないしそれ以上の数のUFOがブラジルの航空機の回りを飛ぶ事件があった。航空機の周りをぐるりと周回したのだ。

私は1989年の夏にベルギーとドイツの上空で起こったUFO事件にも関わった。またソビエト領との境界近くで起こった恐ろしい事件にも。それが巨大な物体だったのでロシア人たちは周章狼狽した。それは正三角形のような形をしていた。その直径はおよそフットボール場3つ分あった。それは「無人地帯」と呼ばれる場所の上を飛んだ。

我々はみな落ち着かなかった。髪の毛の先が逆立つのを感じた。それは恐怖に震える以上のことだった。その時起こったのは生理的影響だったのだ。この出来事が終わるや否や、我々は戦闘機を緊急発進させた。我々がパイロットに伝達したことは、ロシア機が山峡を越えてやってくるかもしれない。我々はそれを阻止するのだということだった。ロシア側も同じことをした。UFOはソビエトの上空を通って戻っていった。ロシア側も戦闘機にスクランブルをかけて、UFOの接近を阻止しようとした。この時のUFOのスピードは全然速くなかった。しかしこの特別な日の夜、UFOに向かって攻撃した者は誰もいなかった。

写真は何枚か撮られた。ソビエト連邦との協議も行われた。その協議が進行している時、関係者がみな集められ、説明を受けた。彼らが見たものは他ならぬ航路から外れたロシアのミグ27戦闘機であり、無人地帯の奥深くまで入り込んで騒ぎを起こし、警報が発せられる事態に至ったのだということを告げられた。しかしあれはミグ27ではなかった。我々は自分たちが目撃したものが何であったか正確に知っていた。ロシアの様々な航空機のシルエットが載ったフラッシュカードで識別訓練をしていた。わが軍の航空機のもやっていた。我々が見たのは普通ではない所属不明の航空機だった。航空力学的音響も聞こえなかった。私が航空力学的音響が聞こえないという意味は、ふつうなら上空を飛べないはずだ…推進システムがないということだ。完璧に無音だったのだから。

 これは私が少しばかり関与した事件のひとつだった。この事件は私に仕事を辞めて家族のもとに帰りたいと思わせるようなものだった。この事件はさらにエスカレートした。ソビエト連邦はベルギー政府を通じ、米国政府に公式の抗議文を送りつけ、偵察目的でステルス機をロシアの空域に飛ばすことを米国に許したベルギーの当局者並びに関連する諸国に憂慮の念を抱くと述べた。我々はこの件についてロシア側と連絡をとり、議論した。我々はロシアの東西軍事連絡機構を通じ、この件は我々のステルス機とは何ら関係ないことを説明した。

一方、ベルギー当局もUFOを目撃していた。我々はそれをTV番組で見たことがある。このTVの目撃報告について、みんな知らされていないことだが、とてつもない −私はそれを隠蔽とは言いたくないが− この種の目撃に関する明確な情報は内密にする動きがあったのだ。情報源に接触し、レーダースクリーンに映った証拠の映像を改変し、UFOが地下に潜って行くように見せかける工夫がなされたのだ。本当は地下に潜ってはいない。地下600フィート(180m)まで潜ったようにされたと思う。繰り返すが、そんなことは起こらなかった。それは明らかだ。みんなが見たのだから。パイロットたちも見た。パイロットたちの戦闘機はその物体をロックオンしたのだ。しかしこの種の目撃は我々が答えたいと思う以上の疑問を生み出してしまう。そこで我々はこの件を報道機関に対し伏せておくことにした。そしてその対策はうまくいった。

ベントウォーターズ[英国]はもうひとつのとても興味深いケースだった。物理的証拠としては写真があった。映像による証拠があったのだ。着陸地点として調査した地域にも異常が見つかった。その地域の自然放射能より高い放射能が検知されたという物証が出たのだ。我々は付近の木々の頂きが同じ高さで切り取られていることにも気が付いた。

そして多くの目撃者がいた。

彼らは技術的な質問をしてきた。何人かのレーダー・オペレーター、英国と米国の両方のオペレーターが質問を受けたことを覚えている。彼らの中の何人かは2日間のうち別々の夜に現場にいた。

我々は198012月末ごろにその地に到着した。我々は物証やレーダー記録を集め、欧州連合最高司令部(SHAPE)に報告する準備として、その全てをリンディー空軍基地に送った。その後その情報は特使に手渡され、物証は当時の米国空軍特別野外活動班、空軍野外活動センターの司令部である、ヴァージニア州のフォート・ベルボアに転送された(この件を裏書する資料として付録7を参照せよ)。

 

訳注:付録7にはこの件に関する空軍の公文書があります。

 

7月11日(火)

*既に知っている事件なので後回しにしていたレンデルシャムの森UFO事件についての証言をUnacknowledgedで読んでいます。

実際に現場にいた兵士たちの証言。非常に詳細かつ具体的。この事件が現実にあったことだという圧倒的な印象を寄越します。

このHPにも以前からこの事件のごく簡単な紹介を「UFO小史」に載せていますし、CSのヒストリーチャンネルのUFOハンターズでも2010年にかなり詳しい特集を見ました。場所はイギリス。NATO軍兵士たちが森に着陸したUFOに接近し、司令官が異星人と交渉したという。

 

今読んでいる証言はかなりの分量がある。和訳して伝えたいけれど、どうしよう。

 

7月13日(木)

*レンデルシャムの森事件。異星人側の対応は相手が軍なのでかなり制圧的です。

でも一人の軍人は飛んできた小型の物体を素手で捉えたまま10メートルも走り、物体が離れ去ったあと、警告のビーム照射を足元に受けている。別の兵士は物体に追跡され、逃げ回っている。小型の光る物体のほか、中型の黒い物体が上空で監視していたり、森の中の兵士たちはパニックになっている。

 やはりこの証言は訳そうと思います。すぐには出来ませんが。

 

7月19日(水)

*本HPの「UFO小史」のレンデルシャムの森事件の項に、この事件を扱ったB.バトラー/D.ストリート/J.ランドルス著『謎のHALT文書』(矢追純一訳、二間書房、1989年11月刊)のことが載っています。内容をすっかり忘れているので、この本を読み返してみました。

なおこの本は『第四の遭遇』(1984年11月刊)を改題して再刊した本です。『謎のHALT文書』の最後に私のメモが書いてあります。「1989年12月3日読了(11月初めから途中、中断を挟み)。なかなか説得力あり。」

原書は “Sky Crash: A Cosmic Conspiracy, Brenda Butler, Jenny Randles & Dot Street, (Neville Spearman 198410月刊)

 

 28年前に読んだわけで、細かな内容はすっかり忘れていました。

  読んでみて、ここまで多くの証言があったのかと驚きました。Unacknowledgedで証言しているラリー・ウォレン( Larry Warren)もアート・ウォーレスという仮名で登場している。その証言はUnacknowledgedの内容と一致しているものもあれば、無かったものもある。

 Unackowledgedで読んだとき、小型UFOを掴んで飛んだ兵士がいたという話に仰天しましたが、この本でも似たようなケースを話していました。

 

 以下に引用しておきます(196−197ページ)。

 著者がウォーレスにインタビューしている。

(前略)

「私が心配したのは。最初の夜、森へ偵察に行った3人の兵士のうちのひとりのことです。」

「というと27日のことですね。なにかあったんですか?」

「ええ。3人のうちのひとりが例の物体によじのぼろうとしたんだそうです。」

「えっ?そんな近くまで行ったんですか?」

「彼らの報告によると、そういうことでした。よじのぼろうとすると、その物体は急に浮き上がり、3本の脚をひっこめてうしろへ遠ざかりはじめたというんです。兵士たちは追いかけたんですが、ついに逃げられてしまった。ところが、このよじのぼろうとした兵士が、どうしても基地に帰りたくないといってきかないというんです。」

「それはどうして?」

「彼は、自分が見たものが、なにか人類の歴史上重要なもので、自分はその最初の発見者になった、自分の使命としても、その物体が森へ戻ってくるのを待つしかないーなどとわけのわからんことをいって帰りたがらないというんです。結局、彼は3日間、森から出てこなかった。彼の同僚が心配して毛布や食べ物を持っていってやったということでした。結局は3日後にはその兵士も基地へ復帰したので私も安心したんですが…」

 

Unacknowledged では円盤をつかんで乗っかり、10メートル移動した兵士は空軍兵士John Burroughsと名前も挙げられている。その時の様子はBurroughsから聞いたというふうに読めますが(As we left, Airman Burroughs told me another object appeared)、Its an absolute fact physically touched it! He moved with this thing on it. と、まるで見たようにも言っている。

 『謎のHalt文書』の方では聞いた話として述べている。同じ兵士である可能性もあります。

 

7月23日(日)

*戻ってきました。これまででベストのコンタクトでした。

 

 夜中2時すぎ水平線から強く光るシリウスが昇ってきてその明るさに驚きました。コンタクトとは直接関係ないことでしたが、海面にシリウスの光が反射して見えるレアな光景が見られたのは得難い体験でした。

 面白かったのは泊まった部屋のドアに貼ってある宿泊団体名の紙。「星をみるひと」となっていました(^^)

 

 さてコンタクト

 

  これまでのコンタクトで一番でした。

 星空の一点でピカーっと強く光る出方ですが、こちらに反応して出る。1ヶ所で56回反応した後、しばらくしてからまた別の場所でピカーっが始まる。みんな喜んでオオーッと歓声。

 コンタクトは9時過ぎから始めましたが、最初はレーダー受信機が反応するくらい。他には飛行機の点滅する光を沢山見るだけで夜半までは成果なし。

 

 忍耐強く観測するうち1時頃になって、香港の女性が光の出現を見つけ、皆で確認しました。でも、私はカメラが間に合わずビデオに撮れない。米国人リーダーがトランプ大統領を真似て、お前はクビだー!とジョーク。

 

 1時半を過ぎ飛行機も飛ばなくなった頃、星空の別の一角で集中的に出始めて、これはビデオに収めました。2時ごろ皆で意識を合わせて呼掛けたら、今度は強い光でピカーっとパワーアップ。皆が光る度にオーっと歓声を上げる。私はビデオを回しながら、オーっ!!78回こちらに反応して光ってくれる。みなすごいすごいと興奮。コミュニケーションが成立している感じがしました。こちらを見ている感じが明確に感じられ、しかもなにか温かさ、優しさのようなものも感じました。

 

 一段落した頃、もう成果十分だから引き上げるかと思いきや、もう一度呼ぼうとリーダー。引き際が大切なのに欲張るといいことないのにと思いながら私も付き合う。

 するとなんとまた出た!! 時刻は2時を越えています。私はビデオに撮っていましたが双眼鏡で見ていた日本人女性が、光点でなく物体が見えると報告。こちらに反応して動いていたという(後に詳しく報告してくれましたが楕円形で光を出さない物体が見え、その背後または端から光が出ていた。地上からのポインターの動きに反応して動いていたという)。

 香港女性はその物体の横で別の光が動いていた。宇宙船は複数だったと証言。

 

 皆余韻に浸ってすぐ帰らず、結局帰り支度を始めたのは2時半近く。

 帰り道、初めて参加したタイ人男性が、25年前、森でUFOを見た時に感じた喜びと怖れの交ざった感情がまた起こったという。この人は現在日本の大学に留学中。25年前に見たUFOは皿を合わせたような形をしていて底に突起がついていたという。大きいUFOを見たのはその時だけ。あとは光を7回、計8回目撃してるそうだ。昨夜コンタクトに出かける前の自己紹介の際、タイのテレビ番組に出て証言している様子をYoutubeで見せてくれました。

 

 撮った映像を帰宅後すぐ編集し、リーダーに送りました。

 

8月3日(木)

SNSにアップしたものの1部を転載します。

 

72223日の九十九里浜でのETコンタクトはこれまでで最高の成果がありました。

 20回以上、こちらからの合図に応えて夜空で光点が輝き、コミュニケーションが成立していました。双眼鏡で見たメンバーは楕円形の物体の背後か横から光が出ているのを確認しました。

 私は自分のカメラで光点が現れる様子をビデオに撮りました。その映像を米国人リーダーが編集しYOUTUBEにアップしました。それをここにリンクします。

https://www.youtube.com/watch?v=t9siSspmsS8

 

 ただ光が出たというだけではないのです。点滅しながら移動する飛行機や、点滅しないで直線的に動く人工衛星や、尾を引いて消える流れ星などはちゃんと区別しています。光は一定の時間、ほぼ同じ場所に出現し、時に強く輝いて合図を寄越します。

 私たちは数日前から準備してETに呼びかけ、当日現地では装置も使って合図をし、意識を純化して思念も送ります。その挙句の出現なのです。

 

地球を訪れている異星の知的生命体とコンタクトするという少年時代からの夢が実現しつつある感じです。もっと宇宙船が接近してくる場合も想定しています。米国やニュージーランドのCSETIイベントではそのようなケースもあり、私たちのリーダーもそれを経験しています。

以上

 

8月4日(金)

*前回のコンタクトの参加者にまだ興奮が残っているようです。双眼鏡で観察した女性は思い出すとドキドキするそうです。リーダーは熱心にビデオを編集したし。

 私は3年前の式根島のコンタクトで最初にUFOの光を見ました。その時も、ああ、やってきてくれたという思いがありました。その時撮ったビデオもリーダが編集してYouTubeにアップしましたっけ。

その後のコンタクトでも、単発的に目撃。また八ヶ岳の山稜に青や緑の怪しい光の出現を見てビデオにも撮りました。これは地底から出て来たのかもしれない。

 

 しかし前回のコンタクトはこれまでと違って出現回数が多く、我々とのコミュニケーションが成立していました。私は星空に現れて合図してくれる光に親切な心、温かみを感じました。光の背後の知性にこちらを気遣うような感じがあったのです。

 大げさかもしれませんが、宇宙的知性には愛と平和な心が浸透しているのだと思います。

 このようなことは真実だと思うのですが、なかなか人には伝わらないもどかしさがあります。

 SNSにアップしたビデオ映像にも「友達」14名が反応しただけでした。この後はもう見向きもされないでしょう。

世界観を覆す真実がそこにあるかもしれないのに。

 

8月7日(月)

*以前、レンデルシャムの事件の証言を和訳するとか言いましたが、B・バトラーの『謎のHALT文書』を読み返したら、この件がかなり詳しく紹介されていたので、和訳の労をとる気力が失せました。

 でも、Unacknowledgedにはその本にもない証言が多い。事件のあったイギリスの当時の防衛大臣の証言もある。元防衛大臣がこの事件(大気圏外からやってきた知的生物を多くの軍人が目撃した)の実在を認めているのです。こういう一級の証言があっても、関心のない人は素通りするのでしょうね。

 

8月18日(金)

Steven Greerが異星と地球の文明の関係について述べていることは私の考えと完全に一致しています。

 異星人たちが地球人を自滅させる恐れのある核ミサイルを無力化した「事件」はこれまで何度もあったという(16〜18回)。

 

以下引用

米国がソ連に対する優位を示すために月で核実験をしようとした1970年代末から1980年代初めにかけて、彼らは自分たちの月面上の施設を守るため介入しミサイルを破壊したこともある。こうしたことから、レーガン大統領の軍事顧問たちは異星人が地球人に対して攻撃的だとして「宇宙戦争」のための防衛システム作りをした。防衛情報関係者の話では宇宙空間を監視する精巧な衛星システムが沢山あるという。それらは地球外宇宙船を追尾し狙撃するためだ。

 これら地球外文明は未熟でコントロールを失った地球の軍事文明が生物圏を脱し宇宙空間に出て行くことを抑えようとしている。

 地球外文明は何らかの新しい秩序を課すために地球にやって来るのだという考えは妄想に過ぎない。彼らは我々が子ども時代をどうにか脱して成熟した大人の時期に移行するために修得すべき学びを課しているのだ。

 地球外文明は我々の進化を長いこと見守ってきた。数千年とは言わずとも数百年は確実に…たぶんそれ以上だと思うが。

 今後数十億年の長きにわたる進化の土壌となるべき生物圏、そして数十万年から数百万年にわたる知的営みと霊的覚醒のための場所としてあるべき世界を、たった一代の異常な地球世代が破壊してしまうことを彼らは許そうとはしないだろう。

 地球はある種、宇宙からの隔離状態に置かれている。我々が彼らの進んだテクノロジーを使って宇宙に進出するに十分なほどはいまだ社会的、精神的に進化していないことは周知のことである。そのため我々の翼は切り取られているのだ…今のところは。

 我々が宇宙に迎えいれられるためのキーポイントは平和である。

 

以上 “Unacknowledged”の UFO SECRET FILE  Entraterestrials and Nuclear Incidentsの冒頭のGreerのコメントから引用。

 

 精神進化の道から大きく外れた好戦的で狭隘な思考に取り憑かれた国家元首たちが我々の生殺与奪の権を握っている地球という惑星。このような状態を脱すべき努力をしないといけない。独裁的な国家主義者、差別的民族主義者らを権力の座から追い落さないといけない。選挙民が目を覚まさないといけない。

 

9月16日(土)

*外出し、コンタクトリーダーから私のカメラを受け取ってきました。彼はハワイ土産にナッツをくれた。

 会ったついでにUnacknoledgedの英文で分からなかった箇所を質問。INTEL peopleって何?と。まさかIntel Corporationの連中ではないでしょうと?

 

 答え:INTEL=Intelligence つまりINTEL peopleは情報機関の連中。

なんだ。そんな略号使うなよ…と言いたい。

 

10月9日(月・体育の日)

*土曜日のUFOの会は16人満員の盛況でした。

 少し準備通りにいかないこともありましたが、まあ予定通りに展開。

 やはりこういう催しをするとそれなりの人が集まりますね。

 他のUFOの集まりにも出てる女性が「月の裏側の建物群写真」をスマホで見せてくれました。真偽のほどは不明。

 またオーナーの話では「魔女」を自称する人も加わっていたらしい。

 関心が湧いた人は詳細なファイルを差し上げますと告げて終わったのですが、申し込んできたのはたった一人。月の建物の写真を見せてくれた女性。

 Unacknowledgedの証言の建物群の描写は会で読みあげましたが食事中だったせいかあまり聞いておらず、そのファイルの請求もなかった。そんなもんかい。

 ちょ〜面白いのに。

 

10月17日(火)

*2001年のディスクロージャーの際、ワシントンDCの記者クラブで証言が行われ、その様子を録画編集したDVDも出ましたが、同時に証言の詳しい文書も出版されていました。私は日本語字幕付きのDVDは見ましたが、文書は読んでいませんでした。 

 その日本語訳が今日出版され、アマゾンから入手

 

 『ディスクロージャー』(スティーブン・M・グリア編著、廣瀬保雄訳、ナチュラルスピリット)。740ページ、3,780円+消費税。なかなかの分量、金額。

 図書館に購入申請する手もありますね。

 

 カール・ウォルフの月の裏側の建物群の証言箇所を確認。

 DVDの本人の証言は短いものでした。でも前もってなされたインタビューもある。この本にはなんとその全文が載っていました!

 そうか…20174月公刊されたUnacknowledgedで初めて全文が公になったのではなく、2001年の時点で文書として発表されていたんだ…。

 私が訳した証言がこの本でも全部訳されていました。ふ〜っ。

 まあ、この訳本が出る前に興奮しながら英文を読めたんだから、まあいいか。

 

10月19日(木)

*2001年の「ディスクロージャー」の際、私は中途半端な形でその情報に接し、寺内機長の日航機UFO事件だけに関心を示し、コラムでも紹介していました。

その後、2014年に遅ればせながら『UFOテクノロジー隠蔽工作』を読んでグリア氏が暴いたことの重大さに気付き、CSETIに参加したわけです。2001年のディスクロージャーのDVDも視聴して証言者の信頼性も確認できました。

しかし2014年の時点では、2001年のディスクロージャーの際にワシントンDCの記者クラブでの証言と同時に発表された文書形式の証言集を入手することは全く念頭に浮かびませんでした。

今、その文書の全訳『ディスクロージャー』をめくってみると、私が今年4月から熱中して読んだ「Unacknowledged」の証言のほとんどは既にその中に入っていたことが分かりました。

比べてみたら、2017年の「Unacknowledged」に登場する33の証言の中、28が2001年の「Disclosure」文書に出ている。逆に「Unacknowledged」には出ていないが「Disclosure」には出ている証言は39に上っている。ちなみに後者の証言数は全体で67です。

 2017年の「Unacknowledged」で新たに登場した証言は5つです(そのうちの1つは2001年の文書に名前がないけれどDVDの方にはあるかもしれず確認が必要)。

Unacknowledged」に新規に登場して耳目を引く証言をしたのは空軍特殊調査事務局の特殊諜報員だったRichard Dotyです。

 最近CSETIが彼のインタビューの完全版(Unacknowledgedにもない箇所を含む)を特別にDVDにして提供しているのは、他のものが2001年の繰り返しであったのに彼の証言が新しくて注目が寄せられたからでしょう。

 私はDotyの証言はあまりにぶっとびすぎていていまひとつ完全には信じられないのですが、グリアはこのDVDで証言する彼の様子を見れば信頼できるだろうと言っている。

 とにかく言えることは、私が10月7日にUncknowledgedの証言をいくつかプレゼンした時は日本語ではその内容を初めて紹介したつもりでしたが(まあ事実そうでしたが)、10月17日にはその証言のほとんどが日本語で読める形で載った「ディスクロジャー」が出版されたわけです。

 なんか結果的にはぎりぎりの滑り込みだったことになりますが、私の側にUnacknowledgedで初めて詳細が明らかにされた証言を紹介するのだという思い込みがあったことは確かです。

グリアは2001年のディスクロージャーで原文の英文で既に発表済みだったものを2017年の2度目のディスクロージャーで、 −言葉は悪いですが− いわば使い回していたわけです。もちろん目にしたことのない人のために(私も含めて)、重要な証言を再録して発表したわけですが。

 この訳本『ディスクロージャー』が今年4月以前に出版されていたら、私はおそらくUnacknowledged全文を英文で読み通すこともなかったでしょう。その意味では訳本があとで出て良かったと言える。

 これから翻訳・紹介する意味があるのは2001年の証言集にはなくAcknowledgedに初めて登場したDotyの証言かもしれません。でも上述したように、私には真偽がつきにくいものなので、さてどうするか。

 

12月2日(土)

*シュタイナーの会は参加者の反応も多く、私にとって楽しいものになりました。全然疲れなかったのも、コミュニケーションがあったからだと思う。

17名の参加者も満足してくれていれば嬉しいです。2次会も喫茶店に5人来てくれました。

 2次会では宇宙人に関する話もしました。50代くらいの男性参加者が、はまってしまいそうだ!と繰り返し言っていました。

 

12月3日(日)

*昨日の2次会ではリュックに入れて持参していた『ディスクロージャ―』(スティーブン・M・グリア編、廣瀬保雄訳、ナチュラルスピリット)を5人に見せ、グリアのことや闇の政府のことも話しました。すると5人のうち女性1人が帰りがけにこの本を購入したというのでびっくり。分厚くて高いのに(3780円+税)。

 読めばその内容に彼女がびっくりでしょうが。

 

 参加者17名(満員)のうち、前回のUFOの会(これも17名)にも来ていた人は教え子2人を入れて3名。あとはがらっと入れ替わっている。前々回の占いの会の時の人たち(たしか15名くらい)はUFOの会にも、今回のシュタイナーの会にも来ていない。

 それだけ関心が重ならないバラバラのテーマをやってきたということになる。

 私からすれば、すべて世界の謎の追究という括りに入っているのですが。

 次回のテーマは妖精にするつもり。どんな人たちが来るやら。今回参加の人たちのうち何人かは来る気がします。

 

12月17日(日)

*昨夜はレーダ探知機が全く無反応。そしてUFOからの合図のフラシュかと思った光は全て雲間から現れた星だったもよう。

 つまり全くの空振り。こんなことは初めてです。

 私の意見では、7月に20回以上光が現れた「大成功」の場所を選び、さらに深いコミニュケーションを求めた我々に対し、まだ君らは未熟だという答えを出されたのだと思う。リーダーたちも、それはありうると同意。

 光の出現に喜んで「サクセス」とか言っているようでは、何のためのコンタクトなのか分からない。地球がヤバいことになっている現在、その地球を救うためのアクションを起こした上でのコンタクトなら、彼らも手を差し伸べてくるのだと思う。

 7月に沢山出現して彼らの存在を確実に感じ取った我々は、その先のステップを踏んだかというと、とうていそうは言えない。

 

 しかし、こんな問題意識を共有できる人は圧倒的に少ないと思う。

 

 なお、帰りの電車の中でスマホのニュースを読んでいたリーダーが声を上げました。UFOディスクロージャ―に関してビッグニュースがあったのです。米国ペンタゴンでUFOに関する秘密の調査を行っていたということをニューヨークタイムズが報じたのです。グリアたちのディスクロージャ―の波が広がっているようでもありますが、どのように展開していくか注意深く見守る必要がありそうだとリーダー。

 

日本でも報じられていますが、内容があまり分からない扱いです:

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000037-jij-n_ame

 

リーダーが読んでいたニューヨークタイムズのニュースでは調査の資金がブラックマネーということも出ていて、背後にいる影の政府の存在がいよいよ表沙汰になるかもしれません:

 

https://www.nytimes.com/2017/12/16/us/politics/pentagon-program-ufo-harry-reid.html

これも参考になります:

 

12月18日(月)

*ワシントン・ポスト紙も米国防省ペンタゴンがUFOを調査していたことを報じています。

https://www.washingtonpost.com/world/national-security/head-of-pentagons-secret-ufo-office-sought-to-make-evidence-public/2017/12/16/90bcb7cc-e2b2-11e7-8679-a9728984779c_story.html?utm_term=.3c522463133b

 

国防省が隠蔽一辺倒から脱しつつあるなら歓迎したいですが、ただ調査機関を蔭で操っているのは政府機関とは異なる軍産共同体の秘密組織であるわけです。兵器開発費などをごまかして巨額のブラックマネーを蓄え、地球を破滅させるほどの技術力を獲得している連中です。

 その組織はUFOに関しネガティブキャンペーンを行っているので、UFOの存在を認めても、それが国防を脅かす対象であるというように歪曲してくる可能性が高い。

 

12月19日(火)

*やはり今回の米国防省からの「リーク」はUFOに関し意図的に間違った情報を流す作戦のひとつだったようです。そしてグリアが2001年5月にその陰の政府グループを暴くディスクロージャ―をワシントンDCの記者クラブで行った後、マスメディアは無視を決め込みましたが、今回2017年4月に行った2度目のディスクロージャ―「Unacknowledged」に対し、その暴露情報はまたもや流通妨害を受け、さらに連中は情報攪乱を目的にマスコミに偽情報を流し、ETが地球を襲うという間違った観念を植え付ける行動に打って出たようです。

 

以下、スティーヴン・グリアからCSETIメンバーに送られてきた緊急情報です(早朝に届きました):

 

From Dr. Greer Sunday Dec 17, 2017

 

URGENT: Note that the recent NY Times story is couched from a Threat office of the Pentagon: This a clear ramp up to False Flag FAKE disclosure designed to prepare people for a threat from outer space- so the War Mongers and War Profiteers have a new , bigger enemy . BEWARE

 

Meanwhile , Unacknowledged is being BLOCKED by media, no coverage even though it is the 2017 # 1 Documentary on iTunes and widely popular on Netflix etc. The secret government is manipulating a false disclosure and threat via their lackeys and 'cut-outs' . Stay tuned!

 

Please read Dr. Greer's paper: When Disclosure Serves Secrecy.

http://siriusdisclosure.com/cseti-papers/when-disclosure-serves-secrecy/

For details about False Flag and its implications read:

"Unacknowledged" - the book.

The "Unacknowledged" film has lots of testimony and analysis, but the book "Unacknowledged" has even more.

 Available from our store:

hardcover

ebook

私が読破したのはこのebookです。

 

12月21日(木)

*講義コメントをやっと完成。

 UFOを目撃した男子学生もいました。返事もし、もう授業も終盤なので、いいだろうと思いUFO関連で重要な文献も挙げておきました:

 

以下学生の授業コメントとそれにたいする私の返事です。

 

・今年のクリスマスは紅茶のシフォンケーキを作ろうと思っていたが、シュトレンもいいかもと思った。そういえばこの間、明治神宮に行ったが、そこで “Unknown Flying Object”を見た。形はキューブ形で、みてたら空に溶けていった。

 

(返事:Unidentified Flying Objectかな。UFOは人を選んで出現するみたいですよ。今月16日に米国国防省がブラックマネーを使ってUFOを極秘に調査していたとニューヨークタイムズが、そのあとワシントンポストが報じました。国防省UFOプロジェクトの元高官ルイス・エクゾンド氏は「宇宙にいるのが我々だけでない可能性を裏付ける極めて説得力の高い証拠がある」と発言。UFOETの調査を国防省がしていることを初めて認めたわけですが、スティーブン・グリアが主導するC-SETIの見解では、これには裏があって、国防省にも根を張っている軍産複合体組織が善なるETを国防上の侵入者扱いにする方向へ導く可能性が高いということです。

 

 参考文献:『ディスクロージャ― 軍と政府の証人たちにより暴露された現代史における最大の秘密』(スティーブン・M・グリア編著、廣瀬保雄訳、ナチュラルスピリット、201710月刊)

  スティ―ブン・グリアが20015月にワシントンDCの記者クラブで行ったUFOに関するディスクロージャ―(機密暴露)。信頼できる空軍の将兵、レーダー管制官、連邦航空局部長、ボーイング航空会社社員、防衛情報局員、空軍特殊調査局の特殊情報員らがUFOETの実在について証言した、その記録。

 

『ロズウェルにUFOが墜落した』(ドナルド・シュミット、トマス・キャリー著、並木紳一郎訳、学研パブリッシング、201010月刊)

   有名なロズウェル事件を類書にはない徹底した調査で解き明かしている。関係者や目撃者は軍からの厳しいかん口令を受け、口を割らないものだが、死期間近になって遺言の形で真実を明かすこともある。状況証拠や周辺のインタビューで外堀を埋めている一方、ずばり年配の関係者から重大な証言を聞きだしている。この本を読むとUFOの墜落が実際にあったと信じざるを得ない。)

 

 なお、16日にニューヨークタイムズが報じた米国防省のUFO調査に関して、昨日のフジテレビ(とくダネ)、今日の日テレ(スッキリ)で取り上げていましたが、コメントのレベルの低さに呆れました。スッキリでは証拠を出さないでこんなことばかり言うとコメンテーターが批判。

 無知としか言いようがないです。上記の2冊も読まないで、証拠がないと言うのは怠惰な精神と言うほかありません。

 

 しかし、一方で圧倒的多数の人が、時代のパラダイムから抜け出せないのも事実です。地球が丸いということを受け入れられなかった人たちが圧倒的多数だった時代もあったわけです。検証や実証など必要とせず、自分の考えを変えないだけの人も多いと思う。

 異星人がいるなら、なんで公然と現れないのだという彼らの常套句に対する答えはこうです:

 

 地球人の発展途上の精神では事実を受け入れる用意が出来ていないからだと。

 

 彼ら同様の高い精神状態に達すれば自然と交流ができるだろう。

 

 これは自戒をこめて言っています。今回のコンタクトイベントでETからより深いコミニュケーションを拒否されたらしいグループの一員として。

 

2018年

1月24日(水)

*1998年から2015年にかけて米国国防省などに21兆ドルの使途不明金があることを経済学者が指摘。

https://www.rt.com/usa/413411-trillions-dollars-missing-research/

 例の軍産複合体秘密組織が不法に蓄えた資金ですね。異星人から奪ったテクノロジーの研究をし地球製UFO製造などに使っている金。

 国防省長官だったドナルド・ラムズフェルトは2001年9月10日に2兆3000億ドルの不明金があるようだと言っています(Unacknoledged 77ページ)。毎年800億ドルから1000億ドルが秘密組織に流れているらしい(79ページ)。武器の費用などをごまかして溜めていくわけです。ちなみに2017年の米国国家予算は4兆1000億ドル。

 闇資金が現実に存在することが確認されたことは重要です。その背後の闇組織の影が見えてくる。

 

2月17日(土)

*妖精についてプレゼンしてきました。18名参加。元教え子が3人いました。そのうち2人はネットで見つけてきたらしい。

 盛況でした。プロジェクターでシュタイナーが述べている妖精の出現の仕方を図示すると、せっせと書き写している人も多いでした。

 実際に妖精らしいものを見たという人も多いでしたが、こういう集まりですから、それもアリでしょう。シュタイナーが言うなら本当に実在するんだ!と思って来たという人もいました。

次回は悪魔論だというと、こわ〜いという女性もいました。

 妖精の次のテーマとしては確かに怖いかも。

 参加者が少ない方が楽なので少なければそれもよし。

 

 4人が喫茶店での2次会にも参加。そこにはツワモノが集まり、テーマは妖精を離れ、シュタイナーをめぐるかなりつっこんだ話になりました。

 

 

3月20日(火)

FBを見ていたら、Tunde Atunraseという人がUFO事件を透視する本を出していました。元米軍のサイキック・スパイ、ジョー・マクモ二ィーグルにレンデルシャムの森事件を透視させたという。

マクモ二ィーグルは20年くらい前に日本のテレビ番組にも盛んに登場していました。

番組での透視の結果は詳細にわたっていたけれど、かなり当たっているように見えるときもあり、当たっていないときもあったと記憶します。

 その彼がレンデルシャムの森事件を透視したわけです。

http://www.remoteviewingufos.com/the-rendlesham-forest-incident-ufo-case-5/

三角形の形をしたUFOなどは目撃証言と一致しているけれど、彼がその証言を読んでいる可能性も強い。

著者がその物体の起源を彼に透視してもらうと、なんと米国南西部から飛んできた機密の無人実験機だという。著者はETとの関連性のないその報告を聞いてがっかりしている。

 

 レンデルシャムの森に現れた物体の超常的な振る舞いや出現したETに関してはその場に居合わせた兵士たちの多くの証言がある。グリアのディスクロージャ―でも詳細な証言が集められている。

 マクモ二ィーグルが透視に失敗したか、あるいは彼が軍産複合組織の一員であり、意図的にフェイク情報を入れたのかもしれません。

 透視に関してグリアはマイスターらしい。透視訓練のイベントなども開いている。

 

追記

なお私たちの5月のETコンタクトでは久しぶりにレーダー探知機が反応して、近くにET宇宙船かETが来たように思えました。曇りだったのですが西の空に星空が10分ほど見えたとき、光が何度か現れ、リーダー以外の3人が当時に目撃しました。残念ながら、それが雲から現れ再び消えた星なのか、ET宇宙船なのかは確認できませんでした。