今日のコラム

 

 

アーカイブ(先月のだけ残し、それ以前のファイルは削除します)

2017年  12月 11月                            

アンドロメダ星雲の拡大4K映像を見ながら、宇宙の広大さに思念を向けるのもいいかなと思います。地球上の争いの何とちっぽけなこと!

https://www.youtube.com/watch?v=udAL48P5NJU

 こんなことも考えています…。

2017年

 

12月17日(日)

*昨夜はレーダ探知機が全く無反応。そしてUFOからの合図のフラシュかと思った光は全て雲間から現れた星だったもよう。

 つまり全くの空振り。こんなことは初めてです。

 私の意見では、7月に20回以上光が現れた「大成功」の場所を選び、さらに深いコミニュケーションを求めた我々に対し、まだ君らは未熟だという答えを出されたのだと思う。リーダーたちも、それはありうると同意。

 光の出現に喜んで「サクセス」とか言っているようでは、何のためのコンタクトなのか分からない。地球がヤバいことになっている現在、その地球を救うためのアクションを起こした上でのコンタクトなら、彼らも手を差し伸べてくるのだと思う。

 7月に沢山出現して彼らの存在を確実に感じ取った我々は、その先のステップを踏んだかというと、とうていそうは言えない。

 

 しかし、こんな問題意識を共有できる人は圧倒的に少ないと思う。

 

 なお、帰りの電車の中でスマホのニュースを読んでいたリーダーが声を上げました。UFOディスクロージャ―に関してビッグニュースがあったのです。米国ペンタゴンでUFOに関する秘密の調査を行っていたということをニューヨークタイムズが報じたのです。グリアたちのディスクロージャ―の波が広がっているようでもありますが、どのように展開していくか注意深く見守る必要がありそうだとリーダー。

 

日本でも報じられていますが、内容があまり分からない扱いです:

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000037-jij-n_ame

 

リーダーが読んでいたニューヨークタイムズのニュースでは調査の資金がブラックマネーということも出ていて、背後にいる影の政府の存在がいよいよ表沙汰になるかもしれません:

 

https://www.nytimes.com/2017/12/16/us/politics/pentagon-program-ufo-harry-reid.html

これも参考になります:

https://www.politico.com/magazine/story/2017/12/16/pentagon-ufo-search-harry-reid-216111

 

 

 

 

 最近の地震(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singenhttp://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/db_map/201205/14/A20120514123645780013031425500260131521100630273413948D48W5113007300_map.htmldo_index.html

防災科学研究所(「強震モニタ」で2秒置きに更新される日本全国の震度をリアルタイムで見られます)

http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/