今日のコラム

 

 

アーカイブ(先月のだけ残し、それ以前のファイルは削除します)

2017年  11月 10月                            

アンドロメダ星雲の拡大4K映像を見ながら、宇宙の広大さに思念を向けるのもいいかなと思います。地球上の争いの何とちっぽけなこと!

https://www.youtube.com/watch?v=udAL48P5NJU

 こんなことも考えています…。

2017年

 

11月19日(日)

*昨夜は富士山が見える所で2時まで観測。磁気装置が盛んに反応した以外は視覚的な現象は起こらず期待外れでした。7月のUFOラッシュ以降、低調です。

 昨夜は標高1200mということで寒いでした。午後9時スタート時から既に0度台。2時にやめる頃は氷点下3度でした。風が次第に強くなり、顔や手が痛い。最後はガタガタ震えるほど。

脚にはホカロンを6つ(靴の中にも中敷き式のを入れている)、厚い靴下を履き、ズボン下2着を重ねて履き、腹、腰、ジャンパーのポケットにホカロン。上はヒートテックのシャツを2着き込み、その上に長袖のシャツ、シャツの上にセーター、レインコート上下、ジャンパー、ダウンジャケット、首と顔の下半分にはマフラーを巻き、頭にもニット帽、その上にレインコートとダウンジャケットのフードをかぶせました。手には毛糸の手袋。南極でも越冬出来る身支度と自負していましたが、次第に手足の動きが麻痺してくる。寒さはこれまでのコンタクトで一二を争う厳しさでした。

でも夜空は満天の星。これまででも最高クラス。薄暗い星もちゃんと見えて凄い星空。その星空を切り裂いて水平に長く走る流れ星が見えました。スッと流れるのではなく火球に近い形で燃えながら尾を引いていく。

昨夜は獅子座流星群のピークだったそうですから、水平のはそれだったと思います。 

宿は河口湖から車で1時間近く走ったところ。マスターは脱サラの人。かなりな自由人。

コンタクト参加者はリーダーを含め3名だけ。コンタクト成立ギリギリの人数。

もう一人の常連の男性は望遠鏡、赤外線カメラ、小型モニター、長時間バッテリーなどを組み合わせて高性能のナイトビジョン望遠ビデオカメラを作成してきました。驚異的な画像。新月なのに昼間のように映る。三脚に載せ、富士山方向に向けて固定。周囲の星空も妖しいまでに写っている。その映像をコンタクト中ずっと録画していました。それだけの長時間稼働させるバッテリーもすごい。

私のSONYのカメラはこれまで何度もUFOの光を動画で撮影してきましたが、これからはこの彼の自作のカメラが活躍することになりそうです。

 

帰りは温泉に浸かりました。昨日の地獄の寒さから一転、天国でした。湯に浸かりながら大きな富士山が見える。銭湯には昔富士山の絵があったものですが、これは本物の生富士。富士山を見るだけで満足度が上がるという日本人の潜在意識に刷り込まれた感覚を確認できました。

 

 

 

 

 最近の地震(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singenhttp://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/db_map/201205/14/A20120514123645780013031425500260131521100630273413948D48W5113007300_map.htmldo_index.html

防災科学研究所(「強震モニタ」で2秒置きに更新される日本全国の震度をリアルタイムで見られます)

http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/