シュタイナーの世界 3

睡眠を霊的に見る (U

     -   第三の眠り、高次の霊的存在  -
高次の霊的存在
天使
大天使
権天使(ごんてんし)
夢の眠りに現れる高次存在のイメージ
夢見のない眠りに現れる霊的存在
天界のハーモニー = 原音楽
第三の眠り
鉱物の中に入り込む人間
なぜ鉱物・物質体が高次なのか
塩が体に溜まる
古代人と第三の眠り
 
 
 
 

 前回は夢を見る眠りと、夢のない深い眠りの世界を見てみました。そのさい前提条件として、次のように人間の構成を四つの要素に分けて説明しました。
                人間の構成要素

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高次の霊的存在

 

 しかし、もっと詳しく言うと、人間はこのほかに、自我よりも高次の要素も、わずかながらもっています。自我よりも一段高次のものは霊我といいます。これはアストラル体が高次の状態に変容してできるものです。この霊我の兆しは誰もがもっていて、少しずつ成長していくのですが、その成長は一進一退のじつに遅々たるもので、人の一生くらいの尺度で計れる変化ではありません。シュタイナーがもっている人間の霊的な進化の展望では、この霊我を備えた一次元高い存在が、人間の次の目標となっています。でも、そこまでの道のりは大変遠いものですし、様々な妨害もありえます。自我までしかない現在の人間と、霊我も完成させた将来の人間とが、どのくらい違うかというと、その違いは、おおよそ動物と人間(または鉱物と植物、あるいは植物と動物)の違いといえます。ですから、霊我を完成させた存在がどんなものかを想像するのは、今の人間にはとても難しいことです。それは、動物が人間を仰ぎ見て、人間の自我の働きを追体験しようとするのに似ています。

                                                     [戻る]

天使

 

 それでは、霊我をもった存在は、今を生きる人間に直接関係のない、地平線に見える唇気楼のようなものかというと、じつはそうではないのです。アストラル体までしかない動物と、アストラル体の上に自我もある人間とが、同時に今、生きているのと同じように、すでに霊我の完成した存在が、人間と同時にいるのです。これは霊的進化の歩みの上で、人間よりも一段階先行している存在です。その存在の構成は、霊我十自我十アストラル体十エーテル体となっていて、物質体はもっていません。ですからこの存在は、肉眼には見えません(全集102番『霊的諸存在が人間に 及ぼす作用』、第8講)。

 この存在をキリスト教では天使と呼んでいます。物質体をもっていませんから、彼らには物質界を感じとる手段がなく、鉱物や人間の物質体などは彼らには認識できません。しかし、人間のエーテル体は見えるわけですし、むしろ、ことの外形にこだわらずに、本質を直接見てとってしまうことになります。彼らの意思伝達も、音声という物理的な手段を用いるのではなく、意思の内容全体を一度に伝え合うといいます。ですから、まあテレパシーによる伝達といえます。彼らの霊的役割は、人間の転生を見守り、その転生を貫いて存在する実体の進化を手助けすることです。 人間には誰でも、守護霊として、この高次存在がついています。このレベルの高次存在の間にも、細かな進化の違いがあり、それに応じて働き方が違います。その辺の詳しい事情は『個人と人類を導く霊の働き』(シュタイナー著、浅田豊訳、村松書館刊)で知ることができます。

                                                   [戻る]

大天使

 

 人間も遠い将来、霊我を完成した存在に到達することが見込まれているわけですが、さらにその後の進化の展望もシュタイナーはもっています。その次の段階は、霊我の上に生命霊という新たな要素をもったレベルです。これはもはや、とほうもない先の話ですから、話は空想的に響くでしょうが、このレベルでは、創造的諸力も使え、さまざまな存在を作り出すことができるとシュタイナーは言います(『アーカー シャ年代記より』、深沢英隆訳、人智学出版社、第13章「地球とその将来」、高橋巌訳、幻想文学大系、国書刊行会、第13章「   」)。現在すでにこの レベルに達している霊的存在が大天使です。その存在の構成は、生命霊+霊我++アストラル体です。現在の人間にも生命霊の兆しは、ほんのわずかながらあって、特にゴルゴタの秘儀以降、少しずつ芽生え出しているそうです。この生命霊はエーテル体が変容することによって生じます。

 エーテル体に働きかけることによってインスピラチオーンという認識の力も身につきますが、これはちょっと別の話になります。それは秘儀参入の一つのステップでして、エーテル体内のエーテル流を眉間のチャクラから放射して、霊的存在を知覚したりするレベルの能力のことです。イマギナチオーンはアストラル体のチャクラが目覚め、回転し出すことによって得られます。

 さて、現在すでに生命霊が完成している大天使の霊的役割は民族の指導です。大天使は民族の霊であるわけです。大天使には物質体もエーテル体もないので、物質界も植物界も見えません。植物はエーテル体十物質体の構成ですから、見えないわけです。大天使の「視野」は人間のアストラル要素の発する輝き(一種のオーラ)の集積でできています。我々の視野は物質界にある岩や石などの鉱物や、草木や動物、人間などの各種物質体の映像で構成されていますが、大天使の視野の「画面」を構成するのは、無数の人間の自我の核と、それをとりまくアストラル的な輝きなのです。この視野のことをシュタイナーの口から直接聞きたい人は雑誌「人智学」(日本人智学協会事務局発行)第10号に載っている「民族魂の使命 − ゲルマン神話との関連において − 」(高橋巖訳)を参照できます。

 なお、大天使の役割は民族の指導だけに限りません。大天使にはウリエル、ガブリエル、ラファエル、ミカエルなどが知られていますが、他にも、たとえば民族の指導のほかに秘儀参入者を守護し導くファヌエル、ひとつの都市やひとつの地域にはびこる悪徳を根絶し、徳に変えるサラキエルなどがエノクの書(聖書偽典)に出てきます。

                                                   [戻る]

権天使(ごんてんし)

 

 人間の霊的進化のさらなる延長線上に、生命霊よりさらに一段階高次の「霊人」という要素を完成したレベルが遠く眺められます。この霊人の兆しも、ごくかすかにですが、人間はすでにもっています。霊人は、物質体を変容させることによって生じます。

 この霊人をすでに完成させている霊的存在が、権天使(アルヒャイ)です。権天使の存在の構成は、霊人十生命霊十霊我十自我です。人間の場合の物質体(肉体)に当たるものが、権天使の場合には自我であるわけで、このあたりは想像を絶します。

 権天使の霊的役割は時代を導くことであり、権天使は時代霊とも呼ばれます。もっとも短い単位では、世界観を導きます。人間より三段階高次の存在を思い描くことは難しいですが、権天使から見た人間は、人間から見た石ころだと思うと、その違いが実感されるかもしれません。

 

 人間に直接関わりがあるのは、だいたい権天使までで、その上の能天使、力天使のレベルは、ごく限られた存在だけが人類に関わったし、さらにその上の主天使、座天使、智天使(ケルビム)、熾大便(セラフィム)となると、現在では直接的な接触はもはやありません。以上挙げた主な高次の霊的存在の構成を、下図にまとめてみます。霊人以上の要素には名がありません。人間の進化と直接関わりがないからです。

 

(名ナシ)

   ○

(名ナシ)

  ○

   ○

 霊人

   ○

  ○

   ○

生命霊

   ○

   ○

  ○

   ○

 霊我

  ○

   ○

   ○

  ○

 自我

  ○

   ○

   ○

アストラル体  

  ○

   ○

エーテル体

  ○

物質体

  

 天使

 大天使

 権天使

 能天使

 力天使


 

                                                   [戻る]

夢の眠りに現れる高次存在のイメージ

 

 夢を見ている人間の状態は、前回説明したように次のようなものでした。
         夢見状態の人間       
 

 一方、夢の世界の背後には、広大な形像世界が広がっていて、その形像が波打つ果てしない世界を覗くには、イマギナチオーンという認識能力が必要でした。その力を使ってこの世界を覗くと、先に述べた高次存在がイメージとなって現れてくることがあると、シュタイナーは述べています(全集211番、『太陽密儀ならびに死と復活の秘儀』の「夜間意識の三状態」)。 夢を見ている人は誰でも、意識には残らないものの、この現象に出会っているといいます。この現象は、ある特定の瞬間から始まり、イメージがしだいに明確なものとなり、輝きを増します。そして、その光体の内部に何らかの存在が潜んでいることを窺わせます。そして、また潮が引くようにイメージは後退し消えていきます。

                                                    [ ]

夢見のない眠りに現れる霊的存在

 

 夢を見ないで眠っている人間の状態は次のようなものでした。
              夢見のない眠り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 この時、〔自我十アストラル体〕は物質界になく、アストラル界に出ていました。さらには、アストラル界より高次の世界にも達することがあります。この夢見のない深い眠りの世界を、イシスピラチオーンを用いて覗くと、再び先ほどのイメージとの出会いを体験します。しかし今度は、このイメージはさらにありありとしたものとなります。そして、波打つ形象の海の上に、世界を司っている霊的存在が、それと分かる姿で浮かび上がってきます。イマギナチオーンでは分からなかった意味が、イシスピラチオーンでは読みとれるということでもあります。これをシュタイナーは「霊的世界内存在の出現」と呼んでいます。

                                                   [ ]

天界のハーモニー = 原音楽

 

 これらの姿が再び消え去るまでの間、同時に「天界のハーモニー」と呼ばれる現象も生じます。これは一種の大宇宙の楽の音であるわけですが、人間が作るメロディーやハーモニーからはおよそ想像もつかない原音楽です。この音楽の存在は、紀元前6世紀のギリシア時代に密儀を修めたピタゴラス学派 も主張していました。シュタイナーを読んでいるミヒャエル・エンデも『モモ』の中で、天界の音楽が聞こえてくる場面を用意しています。この楽の音は、シュタイナーによれば、天使や大天使、権天使などが動いたり何かしたりする時に出す調べなのです。彼ら高次の霊は、人間的レベルの不純な要素を、すべてクリアした後、宇宙の法則や調和の世界のなか深く入り込んだ超越存在であるわけですから、その行いのすべてが旋律や和音の源泉ともいうべき原音楽を体現するまでになっているというのも、考えてみれば不思議ではないでしよう。全集211番の「夜間意識の三状態」のほかにも、102番の『霊的諸存在が人間に及ぼす作用』の第13講では、また異なる観点から「天界のハーモニー」について述べられています。シュタイナーはそこで、人間のアストラル体が、「天界のハーモニー」の中にひたる時、アストラル体はいわば自分を感じとっているのだと言っています。感情の担い手であるアストラル体が、その原音楽の調べに陶然となっていると言えるかもしれません。自我はこうしたプロセスを意識できないのですが。

 創造的音楽家は、夜間に感じとったこの原音楽を、昼間の目覚めた意識の内に、アストラル的体験の思い出としてもち込める人だそうです。音楽芸術はすべて「天界のハーモニー」の体験を表現したものであり、音楽的才能があるということは、 その人が、夜間ひたっていた楽の音を、昼間も感じとれるアストラル体をもっているということです。人間が奏でる音楽と霊的存在との関わりについても述べられています。音楽の響きが鳴りわたっている空間は、大天使を呼び寄せるというのです。(もっとも、シュタイナーが考えている音楽はクラシックです。ディスコの狂躁は、私の考えではルシファーやルシファー的自然霊を呼び寄せていると思います)

 大天使を構成する一番下位の要素がアストラル体であったことを思い出して下さい。 このアストラル体が音楽にひかれるのです。大天使と人間をつなぐ絆は音楽芸術であるわけです。

 天使の場合は、一番下位の要素であるエーテル体を霊的世界から地上にさし出している形になります。この天使のエーテル体を地上に結びつけることのできる物質的な構造というものも存在します。ギリシア建築の寺院やゴシックの大聖堂などがそれです。ある線と比率をもった形は、天使存在のエーテル体を引きつけ、その中へ入り込ませるのだとシュタイナーは言います。

                                                    [ ]

第三の眠り

 

 目覚めた後とても頭が重く、回復するのに暫く時間がかかるような眠りを、シュタイナーは第三の眠りとして挙げています。この眠りは大変深く、その内実を知るにはイントゥイチオーンという認識能力が必要です。

 イントゥイチオーンは物質体に働きかけて得られる能力です。インスピラチオーンの段階では高次霊の姿を「見る」ことができますが、イントゥイチオーンとなると、霊的存在の内部まで分かるようになります。この能力によって見ることのできる高次の霊的領域では、人間の次の人生が決められています。なお、イマギナチオーンからイントゥイチオーンまでの修行法の概説は、『神秘学概論』の第五章 「高次世界の認識」にあります。

 非常に深い眠りから覚めた時は、寝起きが悪く、頭がぼおとしているということは、 自然科学の睡眠研究でも分かっています(『眠りとは何か』、講談社、ブルーバック、95ページ)。この場合の眠りの深さは、脳波で判断しています。夢見のない眠りは脳波のパターンから徐波睡眠と呼ばれ、1度から4度までありますが、そのうちの3度、4度が深い眠りに当てはまります。
脳波からみた人間の徐波睡眠の分類
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(『眠りとはなにか』講談社・ブルーバックス、図2「脳波からみた人間の徐波睡眠の分類」より)
 

                                                    [ ]

鉱物の中に入り込む人間

 

 さて、シュタイナーはこの深い睡眠が人間にとって大きな意味をもっていると主張します。第三の眠りでは、〔自我十アストラル体〕が人間に達しうる最高次の霊的世界に入り込んでいるからです。この世界は死後、人間が達する最高の領界でもあります。この時、奇妙に聞こえるかもしれませんが、人間は鉱物の結晶の中にいます。第三の眠りにある時、たとえば枕もとに水晶があるとすると、ベッドの 中に〔エーテル体十物質体〕を残して、その他の要素は、その水晶の結晶の中にいることもあるとシュタイナーは言うのです。これをファンタジックな話と受けとるのは自由ですが、じつはここには重大な秘義が潜んでいるのです。これ以降の話は「夜間意識の三状態」だけでなく、他のいくつかの講演(全集168『生者と死者の関わり』など)からとったものになります。

                                                    [ ]

なぜ鉱物・物質体が高次なのか

 

 まず、これまでの話を前回から追ってくると、鉱物植物動物人間天使大天使権天使という方向で、存在の仕方が一段階ずつ高次になっていきました。構成要素でいうと、物質体エーテル体アストラル体自我霊我生命霊霊人という方向で高まっていきます。しかし、ここで注意しなくてはならないのは、次の関係です。

 

    物質体から霊人が生じる

            

   エーテル体から生命霊が生じる

            

   アストラル体から霊我が生じる

           

        自我          

 

 

 つまり、霊我以上の要素は、その由来に関していえば、方向が逆になっています。低い要素と思われていた物質体から、人間にとって最高の要素である霊人が生じています。ここが肝腎なところでして、ここさえ押さえておけば、あとはすべて自動的に分かってきます。アストラル体エーテル体物質体と下るほどに、逆に高まっていくものがあるのです。逆方向の向きがあるということは、秘儀参入のための認識力の場合にもいえます。感情の担い手であるアストラル体に働きかけることによって、霊的認識力としては一番低いイマギナチオーンが生まれます。

感情をコントロールすることは難しいと言えばいえますが、しかし全くつかみどころがないわけでもありません。感情の波は自分でも意識できるし、どこをコントロールすればいいかは比較的よく分かります。行の基本として大切な敬虔さなども、 日常と無縁なものではありません。しかし、エーテル体に働きかけて、次のレベルのインスピラチオーンを身につけようとしても、行法を知らないと、雲をつかむような話になります。エーテル体は生命力、記憶力、気質や癖などの担い手でした。たとえば、気質を変えることは、感情のコントロールよりずっと難しいことです。「エーテル」を「気」に置き換えてみるなら、「気がきかない」気質が「よく気のつく」気質に変わることの難しさひとつを考えるだけでも、エーテル的要素のコントロールの難しさは分かるでしょう。この要素は無意識の度合いが強いのです。この無意識的な要素を、意識的にコントロールできるようになってくると、インスピラチオーンという認識力が生まれてくるのです。

 次に人間の物質体(肉体)の中で行われている新陳代謝を考えるなら、この代謝は、ふつう全く意識の外にあります。人間は、体内の物質的反応の一つ一つを自分で意識し操作しなくてもいいようなぐあいにできています。それは高次の力の手にゆだねられています。何億というプロセスが同時に生じているこれらの反応を意識的に自分でコントロールすることは、まさに神わざです。それを一部コントロールするような行法から、霊的認識力としては最高のイントゥイチオーンが生まれてきます。

 ここまでみてくると、物質体に最も高次な要素が秘められていることが、さほどおかしなことでもなくなってくると思います。さらに一歩進めて言うと、物質体の内に秘められている神聖な要素(霊人)は、じつは我々が死後通過する霊的世界の素材でもあります。アストラル体の素材が、アストラル界を構成する素材と同じものであったように、霊人の素材は、人間が達しうる最高次の霊的世界の素材であるわけです(霊的世界には、人間には達しえないもっと高次の領域もあります)。ここで、人間が肉体としてもっている物質体に話を限るのではなく、物質体だけで構成されている鉱物に目を向けてみましょう。すると、先ほど述べた、水晶の話も、荒唐無稽ではなくなると思います。鉱物の結晶の内には、最高次の霊的世界が秘められているのです。そして、この高次の領界は、死後、人間がこれまでのカルマと理想的なあり方とを照らし合わせて、自分の来生の過ごし方を決める神聖な領域です。こうして、シュタイナーが第三の眠りについて次のように語る時、その意味は理解可能なものになると思います。

 「皆さんが第三の眠りに入り、しかも、その眠りの中で目覚めることができたとしたら − イントゥイチオーンの意識が目覚めたとしたら − つまり第三の眠りに入り、その世界の中で目覚めたとすれば、皆さんは自分の運命、カルマを体験することになります。そして、なぜ自分がこの人生で、これこれの能力をもっているかが、前生の様子から分かります。そして、なぜこれこれの人達と一緒に過ごしているのかも分かります。このようにして皆さんはカルマを知るのです。自分の運命を知るのです。このような運命を見てとるには、別の観点からいうと  − 鉱物の内部に入り込むことができなければなりません。」(全集211、原書41ページ)。

                                                    [ ]

塩が体に溜まる

 

 第三の眠りの時、ベッドの中に残されている物質体にも、ある変化が起こっているといいます。それをシュタイナーは、塩が物質体に堆積するというふうに言っています。彼のこの主張だけでも自然科学的に検証してみることは興味深いことでしょう。

                                                     [ ]

古代人と第三の眠り

 

 紀元前の古代人たちは、睡眠中、第三の眠りに入ると、その深い眠りから目覚めることなくそのまま死んでしまったとシュタイナーは言います。状況が変化したのはゴルゴタの秘儀からでして、それ以降、キリストの力の影響のもとに天使、大天使などの霊的存在が、人間を第三の眠りから連れ戻してくれるのだということです。次回は妖精論です。 


 関連ファイル:熟眠中にも夢 

                     ペー ジ冒頭に戻る
                 睡眠を霊的に見 るTに戻る
                       妖精Tに進む
                     目次ページに戻