UFOテクノロジー 隠蔽工作』(スティーヴン・グリア著、前田樹子訳、めくるまーく、2008年)

                                                              2014年8月21日

本論で扱う著書は “HIDDEN TRUTH FOBIDDEN KNOWLEDGE, by Steven M.Greer, M.D. April 28.2006,の邦訳、

UFOテクノロジー 隠蔽工作』(スティーヴン・グリア著、前田樹子訳、めくるまーく、2008年)です。

 

はじめに

この書の著者スティーヴン・グリア医博は異星人とのコンタクトを目的とした団体CSETIを創設し、2001年5月には信頼に足る人たちのUFOや異星人に関する証言をまとめた証言集を発表しました。証言は2000年8月から集め始め、2001年3月までにオリジナル120時間のVTRテープを完成。18時間にまとめたダイジェスト版を文書におこした1200ページの証言集です。

 

ディスクロージャー・公開プロジェクトの日本語版要覧のサイト:

http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/

 

証言は米連邦航空局部長、上級航空管制官、パイロット、退役海軍中佐、国防情報局職員、宇宙飛行士、陸軍准将、上級政策分析官などの専門家によるものでして、彼らが実際にインタビューに応じて証言したものです。そのうちの一部は2001年5月9日のナショナルプレスセンターでの公開時に、テレビカメラや記者たちの前で直接証言している。

本論で扱う著書『UFOテクノロジー 隠蔽工作』でも、これらの証言に基づいた所見が大きな役割をもっています。そのうえに著者自身の拡張された認識と、UFO体験から得た見解から、UFOや異星人の存在の確証にとどまらず、現在地球上の特定の隠密グループが引き起こしている危機的状況を告知しています。上に挙げた証言集からも一部その状況は読み取れますが、グリア氏の統合的所見を示されることで事態はより明白になっています。

ただし、本書で示されている内容はあまりに驚天動地のものでして、それをどこまで受容するかは、人それぞれでしょう。

本論はその際に判断の参考となるように、シュタイナーの世界観から、読者と本書の橋渡しを目指すものです。

シュタイナーの世界観と著者グリア氏のそれは必ずしも一致していませんが、氏が用いている概念の理解には、シュタイナーの考えが助けになると思われます。

 

以下、まずは私が本書を読みながらコラムに書きつづった本書の印象を抜き書きしていきます。

その方が、分かりやすいと思うので。

 

コラムから

2014年

8月14日(木)

私は異星人は争うことを元々しないか、あるいは争いをしないレベルまで精神的に進化しているはずと常々思っていました。

それがこの本で確証された思いです。

巷にあふれるETのイメージは、好戦的な地球人が自分らを基準に、侵略者として捉えたものばかり(火星人が襲来する1953年の「宇宙戦争」を初め、1977年〜の「スターウォーズ」シリーズ、1979年〜のホラー映画「エイリアン」、1996年の「インディペンデンスデイ」などなど)。私はこの偏見に対し大いに不満でした。

これらが、ある種の悪しきプロパガンダである可能性が、見えてきました。

そして不気味なグレイ型異星人が行っているらしいアブダクションやキャトルミューティレーションなども、実は特定の人間集団のネガティブキャンペーンだという可能性も。

もしそうなら、なんかすっきりします。悪い異星人はいないと。

ただし、ユミットが、別の異星人たちが人間に精神病理を起こすようなことをしていると述べていたのが気になりますが。

UFOテクノロジー…』はかなり厚い本であるので、すぐには読み切れません。

瞑想や、霊的覚醒のようなものも出てきます。世界(地球)の平和では足りず、宇宙の平和が必要だという彼の主張には全面的に賛成です。

しばらく彼の宇宙論に付き合うことになります。

 

8月15日(金)

温泉への行き帰りの電車の中では、ずっと『UFOテクノロジー …』を読んでいました。

この本を読む気になったのは、保江邦夫氏がこの本を愛読書として挙げ、著者はCSETIのグリアだと書いていたからです。

この本に言及したことに関して保江氏に感謝したい。

私がUFO問題に関心を持ちながら、それを論じることはユミット(中)以降しなくなっていましたが、それはUFO関係の情報が操作されていると感じ、何が真実か、見極めが極めて困難となったからです。

UFOテクノロジー…』は、そんな私に正しい見方を教えてくれています。

著者のこの分野における活動は米国の権力中枢にまで及んでおり、高野氏でも遠く及ばない域にまで達している。

これまで不可解に思っていたことが全て氷解していく感じです。

いくつか論点を絞れますが、それはまた後で。

 

8月16日(土)

UFOテクノロジー…』は4分の3読了。

最初4分の1くらいまで読んだとき、その内容に宇宙的な正義を感じ、私の残りの人生はCSETIへの協力に捧げようとまで思いました。

グリアの人格の高潔さ、心を常に開いて、敵対勢力とも交渉し、感化してしまおうとするその大きさにも感服しました。

しかし読み進めるうち、敵対する勢力がこれまで世界をいかに欺き、牛耳ってきたか、多くの世界的事件の裏でいかに暗躍していたか。

敵の内部からの証言で裏打ちされているそれらの情報に接し、唖然とすることが続きました。

簡単な感想ではすまないので、少し時間をとって論ずることにします。

 

8月17日(日)

2001年5月にグリア氏のディスクロージャーがあったわけですが、それよりだいぶん前に、たしか予告メールが来て、ディスクロージャーに関して知ったと思います。

連絡してきた人は日本人ボランティアという感じでした。

HPの「UFO小史」に日航貨物機の機長が巨大UFOを目撃した話を載せてありますが、その文章にCSETIのことを書いたファイルへのリンクを貼ってあります。

http://higusumi.world.coocan.jp/japanisch/koramu/jumbo-ufo.htm

このファイル中のリンク先のサイトは既になくなっているものも多いです。

なお上記のファイルにはディスクロージャーの寺内機長の証言部分(英文)をリンクしてありますが、『UFOテクノロジー…』の29章には、この件を扱ったジョン・キャラハンという連邦航空局の政府高官(師団長)の証言が入っていました。31分ものレーダーデータが取れていたわけですが、それをレーガンの科学研究チームらに見せたらみな興奮し、そのあとで、この件は起こらなかったことにすると誓約させられたそうです。

なお、ももさんからグリア氏の著書や講演の翻訳があるという貴重な情報が来て、喜んでいるところです。

ディスクロージャー・公開プロジェクトの日本語版要覧のサイト:

http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/

 

UFOテクノロジー…』に関するコメントは、それらを読んでから書くことにします。

なおディスクロージャーの訳もそこにありますが、ジョン・キャラハンの証言部分は69ページ以下にありました。比べてみると『UFOテクノロジー…』に載っているのは全文ではないですね。

 

8月18日(月)

UFOテクノロジー 隠蔽工作』の本文529ページを読み終わりました。

UFOテクノロジー…』を読むことになったのは、ここ数日集中して読んでいたUfO関係の本の流れからでした。

2001年5月9日に軍関係者を初め、多くの信用ある立場にある人たちがUFO目撃を証言するということは当時、私も「知って」いましたが、証言集自体は、当時リンクされていた要約版のサイトをちらっと読んだだけでした。その感想は、ちゃんと頑張って証言集めて公開をしているんだな、でした。当時の私の興味は私のHPで扱っていた寺内機長の件に関し、どのような証言があったかだけに向かっていました。

その後、この件についてマスコミで何も報じないうちに、9.11の同時多発テロが起こり、アフガン戦争、イラク戦争が起こり、この件は視野から消えてしまいました。

このディスクロージャーが暴いた事柄が如何に驚天動地のものだったかは、今回その公開の背景を詳しく述べた『UFOテクノロジー…』を読んで初めて知りました。

UFOに強い関心を持ちながら、13年後に初めてディスクロージャーの本当の意味を知るとは、まったくもって、だらしないことです。

しかし、日本語要覧サイトにあった最初の論説を読んでみて、当時この件に関心を寄せさせない力が働いていたらしいことも知りました。大変な困難を乗り越えて行ったそのUFO情報公開は、たくさんのテレビクルーや新聞記者が集まっていたにもかかわらず、そのことの重大さを報じたマスコミが全然いなかったのです。おそらく都合が悪い連中が抑えつけたのだろうというグリア氏の見解は本当らしく思えます(関連サイト)。

論説のファイルをいくつか上から読んでみましたが、『UFOテクノロジー…』に載せてあるものばかりでした。またディスクロージャーの日本語版要覧の内容も、『UFOテクノロジー…』の中に織り込まれているようです。

そこで、要覧も論説も読みきっていない段階ですが、『UFOテクノロジー…』で述べられていることと、グリア氏の考え方を検証してみたいと思います。

 

1.前提                                                        

一般常識やふだんの変哲もない日常世界を根底から揺るがす、この驚異的な暴露の書を読むにあたって、読者がどのようなスタンスをとるべきかを決めるのに、大きく2つの要素があります。

@1つは公文書による裏打ちと、高い信用度がある証言者が行っている証言で、証言内容が保証されていること。

Aもう1つは、グリア氏が瞑想訓練によって超感覚的世界にアクセスし、そこから得た認識から発言することが多いこと。

@は、読者にとって実証的であり、受け入れやすい要素だと思います。

Aは、受け入れるかどうかが、読者の精神的地平の広がりに依存してくる要素です。

私はルドルフ・シュタイナーの霊的世界観に親しいので、Aに対して違和感が少ないですが、物質世界以外の存在を受け入れられない人には厳しい要素となるでしょう。

 

2.展望@

@の要素を通じて伝えられることも、十分な覚悟がないと、仰天して後ずさりするような内容となっています。

 1.米国内に、大統領や情報諸部門のトップでもアクセスできない軍部・大企業の複合した闇の集団がある。

   この集団は表の政治権力とはまったく別の組織であり、数兆ドルの資金を流用している。

   グリア氏はその集団にも感化しようと働きかけている結果、内部通報者から、多くの情報を得ている。その組織の現在の構造や構成員もかなり判明している。

 2.この集団は、1910年代から、そして特に1940年代以降、物質に作用する意識の科学的研究に専念し、1947年にはロズウェルで飛行を攪乱する特殊な電磁波によってUFOを墜落させた。

   異星人は人間個人の意識を捉えモニターする機械をもっていたが、このグループはその原理を研究し、自ら、どの人間意識もキャッチし追跡できるシステムを開発した。

   また、地球製UFOARVも制作し、飛ばしている。異星人が地球人にとって外敵だという間違った観念を民衆に植えつけ、スターウォーズを行おうとしている。

   グレイ型異星人は、このグループが作った偽の「異星人」である。これは人間が変装しているか、バイオ技術で作った人造人間である。地球製UFOと地球製「異星人」や覆面ヘリコプターを使い、各地で誘拐やインプラント、キャトルミューティレーションなどの演出をしている。

   彼らはUFOを撃墜するためのスターウォーズ計画を実施していて、地球周辺に設置したUFOを破壊できる特殊なビームでUFOを攻撃している。実際にいくつも撃墜している。(注:人工衛星から映した画面で、ビームがUFOめがけて発射され、攻撃されたUFOがひらりとよけて逃げていく有名な映像があります。また、レーガン大統領が、スターウォーズ発言をしたことも有名です。)

 3.ケネディ大統領はUFOの存在を公開しようとしてこのグループに暗殺された。異星人のことを彼から聞かされていて、そのことを発表しようとしたマリリン・モンローも彼らに殺された。

   カーター氏が大統領になる直前、UFOに関係する資料を見ようとしたが、当時の中央情報局長のブッシュ(父)に拒否された。

   グリア氏はクリントン大統領や中央情報局長にもこのグループの存在を資料とともに知らせ、彼らはその存在を初めて知って驚いたが、このグループに対し何もできなかった。   

 

8月19日(火)

*『UFOテクノロジー…』についての検証(つづき)です。

 まず、私が一番伝えたいことを早めに言っておくことにします。

 1つは、地球と比べて何千年、何万年も進んでいる文明が宇宙にあるとした場合、地球の時代遅れの科学の枠組みなどはとっぱらってしまわないと、その文明の理解の糸口さえないだろうということです。

 地球の科学の枠組みでは、人間の意識は脳神経が演出している現象に過ぎないと考えられています。

手を触れずに意識だけで物質を変化させることなどありない。

科学の実験では実験者の感情や気分は捨象し、厳密に物質の数量と計器の数値だけに頼らないといけないと考える。

でも、グリア氏は、地球外文明の住民は、意識と物質の関わりを発見し、その原理に基づいたテクノロジーももっていると主張しています。

地球上のどの人間の意識にも接続でき、その意識内容をモニターできる技術があるという。

私がこれまで読んできた接近遭遇例の中にも、UFO内で地球上の誰をも映し出せるモニターが備わっているのを見たという証言があったのを思い出して、なるほどと納得してしまいます。

また、日航貨物機の寺内機長の証言では、UFOから出てきた小型のマシンが、まるで自分の意識を読み取っているような動きをしたということですが、これも理解できることになります。

UFOを観測中、観測者の願いや気持ちに反応するかのような動きがあった例は枚挙にいとまがありません。

 

精神進化の末、意識によって物質を創出することもでき、UFOを作る場合も、部品をそのように取り出し、念をこめて構築する。

意識が時空を超越した存在であることに気づけば、そして意識の集中とコントロールの仕方を会得すれば、何万光年離れている別の意識にも直接接続できる。

そして、意識のノン・ローカリティ(非局在性)の本質を使って、どこへでも瞬間的に移動できる。

UFOも同じ原理で瞬間移動できるという。(このあたり、双子宇宙に入って移動してくるというユミットの主張と食い違う)

そしてグリア氏や、ディスクロージャーで証言した人たちの主張によれば、米国の闇の集団は、その異星人の技術を既に1940年代に手に入れており、宇宙空間を飛べる地球製UFOをこしらえ、人間意識に接続するテクノロジーを使っているという。

この主張は、思い当たることが多くて、本当かもしれないと不安になる。

エリア51で目撃されていたUFOのぎごちない動きが、地球製のUFOを想像させるし、米国でUFOと関わりのありそうなものを見つけて持ち出そうとすると、なぜかそれが知られていて戸口を叩いて取り戻しに来る連中がいるというが、それも意識をキャッチされていれば可能だと納得できてしまう。

闇の集団が、グレイなどの偽異星人を使って誘拐事件を起こし、人々に異星人を敵視させるように仕向けているという話も、そうだったか、それなら分かる!ということがたくさん出てきます。

豊富な資金と絶大な力によって映画界をも牛耳り、異星人を侵略者として描くシナリオを推し進めるという話も、さもありなんと思える。

また、異星文明が獲得しているフリー・エネルギーを使えば、現在のエネルギー不足は雲散霧消するのに、その技術を地球上では闇の集団が独占し、武器製造に転用したりしているという話は、暗鬱な思いにさせさせられます。

 

そしてその巨悪を見つけ出し闘うグリア氏の存在を頼もしいと思う。

公明正大。つねに物事を明らかにし、敵とも議論のテーブルに着く。説教臭い長広舌を振るうときは、多少ストレスを感じながら耳を澄ますことになるし、時折示す超楽観主義には大丈夫かなと思ったりもしますが。

 

さて、それでは昨日の続きに移ります。ますグリア氏の経歴から。

 

展望A 

Aグリア氏の信念・思想・認識の源について

 *彼の生まれと半生

 グリア氏は1955年6月28日、「半分アメリカ原住民」の父親と、インディアンのチェロキー部族の母親の間に生まれた。両親ともアル中で、家庭環境は悪く、就学以前、食べる物がなくてタバコの灰や砂や土を食べてミネラルを補給していたこともある。そんな試練を越えて勉学にいそしみ、学校では優等生だった。1965年、9歳のときUFOを目撃。古代インド、ヒンズー教の聖典『ヴェーダ』を読み、サンスクリット語を学習。17歳のとき、腿の負傷から敗血症となり臨死体験をする。その時、神と一体となる無上の体験をする。18歳のとき瞑想法TM(Transcendental Meditation)を学習。アパラチア州立大学に入学。通学のためアラバマ州の小都市ブーンに引っ越す。その都市を見下ろすリッチズ・マウンテンの山頂でUFOを目撃。山頂で瞑想後、下山中、鹿のような目をした3,4フィートの背丈のETが現れる。そして宇宙船の中に運ばれた。宇宙船は半透明で周囲には宇宙が見えた。彼らは宇宙意識のある地球人とコンタクトしたがっていた。一緒に瞑想し、コンタクトするための通信方法を共同で制作。これが音響、照明、そして時空を超えるノンローカルな意識などを要素としたCE−5(第五種接近遭遇イニシアチブ)の始まりである。1973年10月のことだった。この時、人間と同じ意識を共有しうるETとコンタクトすることを目的としたET地球外文明研究センターの考えが宿った。その後、CE−5の儀式をするたびに、この山岳地帯でのUFO目撃が続発することになる。1974年、アイオワ州のマハリシ国際大学(TM超越瞑想法の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー関連の大学)の教員養成科に入学し、ヴェーダの研究に没頭。在籍中、宇宙論を学び、高次意識の開発法を研究。TM瞑想で可能となる空中浮揚も体験。1975年、瞑想の教師養成のために赴いたフランス・イゾラでCE−5の儀式を試み、UFOを呼び出し、仲間を驚愕させる。瞑想教師となって後の1977年、再びUFOを呼び出しルームメートをパニックに陥れる。その翌日の報道では、当日ノースカロライナ州シャーロットのダグラス空港のレーダーがUFOを捉え、警察ヘリコプターが追跡する騒ぎになったと伝える。その目撃地点は、彼が交信儀礼で自分の出生場所として示した場所だった。後に連邦航空局から入手したこの件のオーディオ・テープを調べると、出現した2機のUFOの内、一機は消え、もう一機は彼らがいた山岳地方の方向へ飛んで行ったことが確認された。そのUFOが彼らの前に現れたのである。事の重大さに驚いた青年グリア氏はこの1977年以降、1990年までまだ正式な形になっていないCE−5による交信はやめ、地球外文明センターの組織作りに専念することになる。

 1978年1月から3年間、イスラエルに滞在。カーメル山のアパートに住んでいた。その近くに彼の信仰するバハイ教(後述)の聖者、アブデウル・バハの遺跡がある。その聖者が彼の夢に現れて、彼の結婚相手の女性が遠方より来て会うことになると予言する。そしてその女性が実際に現れ、翌年結婚する。一年後、長女が生まれてから米国に帰り、彼はメディカルスクールに入り、応急医学を学ぶ。救急医としての長年の仕事の中で、何度も直観的な診断で患者の命を救うこともあった。

 1990年から直感的な出来事に促されて、再びUFO体験が始まる。同年3月、CE−5の儀式を13年ぶりに再開する。翌朝半ば有形化した美しいUFOが庭に浮かんでおり、それに乗り込み太陽系深く旅をする。

そして創造の源と一体となる生涯で最も美しく荘厳な体験をする。そのとき天来の音楽も耳にする。それ以来、仲間と一緒にエンパイアステートビル大の大きなUFOを呼び出したりもする。

 その後、影の権力集団の中枢メンバーと出会い、仲間となる誘惑を受けたりするうち、彼らの悪行を確認していく。彼らの口から、火星の表面の下に宇宙船と施設があることを聞いたり、彼らのテクノロジーは異星人のそれのレベルに達しているとも言われた。グリア氏のグループはミステリーサークルが出現した英国の地方へ行き、CE−5で出現させたい形を伝えると、翌朝、その形通りのミステリーサークルが出現していて、願った当人たちも仰天する。

 影の権力者集団から、彼の意識を狙った攻撃も受ける。講演中、意識を失いそうになったこともある。また、遠方より彼の意識を捉え、「アストラル体を抜き取ろうと」されたこともある(プロジェクト・アメジスト、217ページ)。その時、彼は瞑想の秘術を使って対抗し、逆にたどって相手を透視したと言う。そして彼を許したまえという大きな愛を送ると、機械を操作していた男は恥ずかしそうにして攻撃をやめた。それ以来、その種の攻撃は起きなくなったという。また、転移性癌をテレポートによって植え付けられたこともあり、それは手術を要した。仲間の女性も同時に癌を送りつけられ、彼女の場合は命を落とした。

 グリア氏は医療活動をやめ、ディスクロージャーの運動に専念する。仲間と一緒に乗った車を空中浮揚させて驚かしたこともある。月や火星に異星人の施設があり、中には古代に出来たものもあるという証言などは、興味深い。あれやこれやの写真が思い浮かぶ。

 

*信仰

TMは瞑想法であって、特定の宗教色は薄い。グリア氏の属する宗派はバハイ教ということである(訳書137ページ)。バハイ教は19世紀、イスラム教シーア派が支配するイランでバハーオッラーが始めた新興宗教だが、師匠でバーブ教を創始したサイイードの教義を発展させ、男女平等、理性重視、宗教と科学との共存、貧富の差の解消、自由意思の尊重などを主張し、拘束の少ない自由さが特徴である。そのため厳しい戒律をもつイスラム教の元では極端な異端とされ、迫害と弾圧を受け続けた。

参考 バハイ教に関するサイト:

苦難と殉教の歴史が分かる↓

http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/65d28ed768fd07a371d379366f11205a

軽いノリで紹介するも、案外的を射てそう↓

http://d.hatena.ne.jp/Halalneet/20091114/1258203381

ウィキ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%BC%E6%95%99

 

 グリア氏は瞑想中到達する超感覚的世界を、すべての原因となるイデアが存在する高次の領域、その下のアストラル界などに分けており、エーテル界も、アストラル界より低次の領界として言及する。これらの神智学用語は、TM瞑想法をマハリシ国際大学で学んだときにでも覚えたのかもしれない。シュタイナーも同様の用語を使用するが、シュタイナーの世界観の中心をなす転生思想はグリアにはない。「大量販売の転生説は、その他の大量販売の正説が真実でないのと同様に真実ではない」(訳本449ページ)。したがって、人が生まれてくるとき、その魂は前生を終えて来生まで霊界で待っていた魂ではなく、新たに創造の源から生み出されて地上にやってくる魂と考えている(訳本511ページ)。そして死後、大海のしずくである魂は、なるべく早く神の大海に溶け込んで永遠と一体化する幸せにあずかるべきだと考える。

 シュタイナーは転生思想を人生の最大の秘義の1つとして展開しており、秘儀参入すれば自然に自分の前生の連なりが見えてくると主張している。グリアの転生否定はバハイ教の教義と関わりがある(質疑応答集81、参考:http://www.bahaijpn.com/library/topic/qa_philo_j.htm 内の2.「輪廻転生をどう考えますか」)

シュタイナーの転生論が正しいとすれば、これは教祖が霊視せずに作った教義によって信者の霊界での認識が限定されるケースなのかもしれない。

 

3.グリア氏が認識する異星人

 *精神的進化を遂げた異星人の存在形態

 まずグリア氏が認識する異星人の在り方が、通常の感覚的・物質的な理解では及ばないので、そこをクリアしないと先へ進まない。

 物質的な肉体が存在する異星人もいるが、広大な時間を平和のうちに過ごしたきた異星人は精神的進化を積み、肉体のないエーテル形姿、アストラル形姿になる。

 「地球の文明より数十万年から数百万年以上も技術的に進化している地球外文明があり、それらの文明は、その文明全体が宇宙意識、神格意識、ひとつなる意識、さらにはそれさえ超えた意識状態の中に存在する。」(訳本464ページ)

 彼はひんぱんにエーテル体、アストラル体、コーザル体という神智学用語を使う。

 高度に進化し、悟りのような高い意識をもち、金色の光のような姿をした異星人も登場する。

 物質化していない異星人とは、主に瞑想意識や覚醒夢状態(すなわちアストラル飛行の状態)でコンタクトする。

 こうなると、それって幻想じゃないの?と言いたくなる人もいるだろうが、このようなコンタクトの前にはUFOが降りてきて他の人も目撃している場合が多い。

 グリア氏の描写によると、故郷の星では物質的な肉体をもっている異星人でも、アストラル形姿となって出現することもある。

 精神進化が進んで肉体・エーテル体・アストラル体・自我の構成が変化していくことについては、シュタイナーの進化論でも述べていることであって、シュタイナー思想をベースに理解をすることもできる。

 私も、異星人がよその太陽系で第6・第7根源人種への進化を遂げているのではないかという考察をしたことがある(シュタイナーと異星人問題)。ユリ・ゲラーも肉体をもたない異星人の存在について述べている(光の存在への進化)。

 

 *情報がアヤしい場合もある

 闇の集団側にいた人が、ロッキードの工場勤務中の不思議な経験を語ってくれたこともある。

 彼はそこで「アストラル・プロジェクト」に従事していた。ある日、自宅でプロジェクトの目的であるアストラル飛行に成功し、自宅の天井を突き抜け、上昇していった。すると、高高度の地球大気圏に停泊していた宇宙船の横腹にぶつかってしまったという。

 宇宙船はその衝突で揺れ、搭乗者の姿も見えた。その異星人は、テレパシーで、「おやおや前方不注意ですか?!」と言ったという。グリア氏の解釈ではそのときのUFOはアストラル化していたのだという(461ページ)。

 このエピソードはシュタイナーの霊的世界観に慣れている私にはかなりな違和感がある。

 アストラル体や、それが属する領界という魂的な世界に、未来科学的な操作で入り込むことが、できるのか???

 進化した挙句にアストラル的な存在になることは理解できる。

 UFOが一種の命をもった乗り物だということも想像できる。

 しかし、そのUFOが存在しているのはどこなのだ?

 アストラル界?それはムリでしょう。死後の世界だから。

 男のアストラル体+自我がぶつかったUFO…。

 アストラル化していたUFOはアストラル界と物質界の境界にでもいたのだろうか。

 シュタイナーの世界観と、グリアの思い描く世界との橋渡しが、このあたりの話になると難しくなります。

 なにか新しい考え方を導入する必要があるのでしょうか。

 男の経験は、純正のアストラル飛行ではなく、幻想が混じる夢であったと考えるのが一番いいのかもしれない。

 闇の集団側の男のいうことをそのまま信じるのは危うい。

 

4.最後に闇のグループ形成の歴史と、その実態についてグリア氏の主張をまとめて紹介します(8月20日、21日記)

*まずは、1800年代後期からの歴史を引用します。

「これらの極秘計画のすべては、いつ始まったのだろう?真実はこうである − 前世紀に入って以来、第一次世界大戦以来、いまだ機密解除されていないブラック・プロジェクトと資料があるのだ!(中略)20世紀には、確かに非常に隠密な計画が基幹産業の利益と結びついて存在したきた。これらの重要産業の利害関係者はテクノロジーに通じており、とりわけ、いわゆるフリー・エネルギー電磁システムと呼ばれるテクノロジーに多大の関心をもっていた。このシステムはテスラの発見したものである。ファラデーでさえ1800年代に彼が行った実験のいくつかで、“超ユニティ効果”を発見している。そしてまた、これらのテクノロジーを隠し、非常に長い間秘密に保っている利害関係者がいる。

 ヴァンダービルツ一族とロックフェラー一族、それにスタンダード石油の時代である1800年代に、こうしたフリー・エネルギー開発について秘密保持を強く望む事業関係者グループがあった。ある時点では、スタンダード石油は米国政府より大きな収入を上げていた。ロックフェラー一族の支配するこの会社は、それほど大きく、それほど権力をもっていた。そうした独占的な産業環境では、テスラ、T.タウンゼント、ブラウン、その他の科学技術者は一足飛びに地位を向上する。彼らはいわゆるゼロ・ポイント・エネルギー、フリー・エネルギー・マシン、初期の高電圧反重力システムなどを所有していた。

1800年代後期の宇宙船のレポートがある − 1896年の有名な“飛行船恐慌”である。私は優秀な情報提供者から、マッカーサー元帥が1930年代に中国でET物体の回収に実際に関わっていた、という情報を得ている。そういうわけで、地球外文明の問題を観測するプログラムがそのころからあったが、同時にテクノロジーの問題を百年以上もコントロールしようとしてきたのである。」(314〜315ページ)

「米国が熱核兵器の知識を発展させたり、初期の宇宙開発の緒に着いたりしたころ、空飛ぶ円盤のように見える推進システムを調査していたプログラムもあった。フォン・ブラウンの他にエドワード・テラー、ヴァネヴァー・ブッシュ、その他が参加していた。1936年と37年にゴッダードはいくつかのテスラの研究を発展させていた。彼らはテスラの反重力研究を盗み、30年代中期にそれをナチスに売ったのである。」(315ページ)

「クリフォード・ストーン上級曹長、米陸軍

 ストーン上級曹長は1940年代初期の、恐らくはそれ以前に遡るUFOとETの歴史について、驚嘆すべき話を聞かせてくれる。ダグラス・マッカーサー元帥はこの問題を研究する「惑星間現象研究ユニット」と呼ばれるグループを1943年に組織した。この組織は今日まで続いている。彼らの目的は、起源不明の物体、とりわけ地球外起源の物体を回収することにある。彼らは現地で秘密情報を入手し、それらを彼ら“この情報の番人”に渡す。「プロジェクト・ブルーブック」にさえエリート調査ユニットがあり、このユニットは「ブルーブック」の外の存在である。このユニットは「ブルーブック」と一緒に活動していると想定されていたが、実はそうではなかった。墜落したET船を回収する陸軍チームとしての公務において、ストーンは生きているETや死んだETを見たことがある。」(361〜362ページ)

「ドン・フィリップ氏:ロッキード。スカンク工場、米空軍、およびCIA請負業者

 ラスベガスの北西、マウント・チャールストンの近くを複数のUFOが猛スピードで動いている出来事が目撃されたとき、ドン・フィリップはラスベガス空軍基地の空軍に属していた。(中略)彼の証言によると、私たちはこれら地球外文明の装置を所有しているのみならず、またそれらの研究から科学技術上のすさまじい進歩を達成した。彼は、1950年代と1960年代に北大西洋条約機構NATOがET人種の起源を研究し、さまざまな国の指導者に研究レポートを配布した、と述べている。フリップ氏はさらに、1954年にETたちと米国の指導者たちがカリフォルニアで何回か会合した記録と、フィルムによる文証がある、と述べている。またETの技術を発端として開発し得たテクノロジーをいくつか挙げている。それらは、コンピュータ・チップ、レーザー、ナイト・ビジョン、防弾チョッキである。」(362ページ)

「1960年代から現在まで進展してきた最も危険な傾向は、自家融資できるおかげで、このシャドゥ・ガバメントがたいした勢力を振るうようになったことだ。ここで説明させてもらいたい。上院予算委員会のディック・ダマトが1千億ドルを上回る違法の闇予算があると言ったが、彼は全く正しい。しかしながら、大きな資金の動きは企業や民間金融界の中にある。たとえば、マレー・ヒルのベル研究所だ。私は、全キャリアをベル研究所で過ごした証言者と仕事をしている。彼は多数の超極秘隠密契約を結んだ細胞の一員だったが、それらは地球外文明の通信装置と回路を使う軍事作戦との契約だった。これら民間の研究所は地球外文明のテクノロジーを研究し、それらの扱い方と可能な用途を見つけ出した。それがAとかXとかの小型機械であることがわかって特許を取ることになり、それによって数千億ドルの産業となった。光ファイバー、集積回路、レーザー、そういった類いのものがそれである。(中略)私がインタビューしたもうひとりの企業証言者は、ベル研究所にいたとき、彼らが取得して“黒い棚”に入れた、つまり隠してしまった28か29のフリー・エネルギー装置を見たという。この証言者は、これらのテクノロジーの仕事に従事していた。彼はすでに引退している。ゼネラル・モータースやその他の大企業も、地球救済テクノロジーの上にあぐらをかいているが、公開することはあるまい。」(366〜367ページ)

*次に、このグループの規模についての発言を集めてみます。組織の中でも、中枢にいるごく少数者しか本当の目的を知らなかったりするようです。

「本当の議事が何であるか知らない人が、このプロジェクトには大勢いる。プロジェクトは高度に区分されている。世界規模で言うと2百人〜3百人が政策グループにいて、これを取り扱っているが、その議事全部を知っているのは彼らのうちの少数者だけである。そして最悪の議事はいま私が議論しているものである。プランをそのレベルで知っている者が2ダースほどいる。」(311ページ)

「これらのプロジェクトに関わっている数千人に及ぶ人々のうち、また政策マネジメントに関わっている数百人に及ぶ人々のうち、大多数の人が究極の議事に関し欺かれている。(中略)だからこそ、このグループの幾人かの重要人物が私に電話で『これ(注:グリア氏の広報活動)を前進させ続けてくれ、私たちはこれを是正したい』と言っているのだ」(312ページ)

「数千人の従業員がさまざまなプロジェクトで働いているが、何に従事しているのか、彼らはその詳細については何も知っていない。(中略)ポリシー・グループもしくはコントロール・グループは2百人〜3百人であり、超国家的に存在する。米国だけがけっして活動の主要センターではない。このグループの代表的構成員は、中国、ラテン・アメリカ、バチカン、多様な公共団体、ヨーロッパ、ロシアである。国境は事実上何の意味も成していない。」(317〜318ページ)

*次に、このグループを構成する団体や個人についての発言です。該当箇所が多いので、ページの順に引用していきます。

「UFOと先進エネルギー・システムに関わる極秘プロジェクトの関係者数人から、1990年に私に連絡があった。彼らは私の初期の論文をひとつ読んでいた。それは、“ひとつ”であることの概念、私たちの文明、宇宙意識の経験、宇宙の人々、について書かれている。私にコンタクトしてきた人たちは、これらの情報を彼らと共有することの重要性を強調した。彼らは中央情報局、ロッキード、マクドネル・ダグラス、その他類似の組織から電話してきた。私が書いたものは、みな主としてこのグループを対象にしていたのである。」(65ページ)

「それら(“模造エイリアン船”)はロッキードとノースロップが製造している。」(130〜131ページ)

「(1992年、アトランタの会議で)私は土曜日の夜、会議の宴会に間に合うように到着した。私の席は、元陸軍情報部長T.E将軍と“殺しのドクター”といわれるMK大佐に挟まれていた。後者は電子精神感応研究(サイコロトニクス)、およびいわゆる非致死的兵器ノン・リサール・ウェポンズ・システム計画の最高責任者である。(中略)彼らはホテルの一室へ連れて行った。部屋は満員である。彼らは隠密計画、秘密工作、企業、軍事、秘密情報に関わる混成のMJ12後継者の群れである。(中略)最後に私は言った。『いいですか、私はあなたたちが誰だか知っていますが、私はETたちや彼らの船や彼らのテクノロジーと身近に、個人的にコンタクトしてきたのですよ。いま何が進行しているのか、あなた方は私を欺くことはできない(後略)』」(134〜135ページ)

「こうした巨大な権力と富のサークルの中では、あらゆる種類の裏切りが発生する。私たちと共に活動していた何人かは、民間のUFOコミュニティと接触しているシャドゥ・ガヴァメント内の細胞に身売りしただろう。この細胞はMK大佐、T.E将軍、大金持ちのネヴァタの実業家W.B、その他に統率されている。」(190ページ)

「1994年の冬、悪徳仲間からアリゾナのフェニックスへ来るように招待された。(中略)この細胞に取り込まれた著名な実業家は、麻薬とある種のマインドコントロールに支配されており、一方この細胞は彼から金を搾り取っていた。そして彼らはその金を胡散臭い活動に使っていたのである。このグループの手口と動機は暗黒を越えている。(中略)私たちはみなリグレイ・マンションの会議用テーブルを囲んだ。討議内容はUFO情報の開示とETとのコンタクトである。ある男が休憩時間に私をバルコニーへ連れ出して言った。『いいかね、この問題についてあなたがCIA局長と会見したことも、大統領に情報を提供していることもわれわれは知っている。彼らは何も知らないし、この先知ることもないという事実を知っておきなさい。あなたが理解すべきことは ― いわば、われわれのような人たちに話す必要があるということだ。この問題と関わっている人たちは、“他者への奉仕(WFO)”契約のもとで政府のために数多くの契約上の仕事を引き受けている。それと、しかるべきシンクタンク。つまり総合研究所に話す必要がある。さらに、しかるべき宗教団体と、技術導入をコントロールしているイエズス会の修道士のしかるべきランクの人たちに話すべきである…』彼は私の話すべき対象を次々に挙げた。私は、この男は『気が狂った』に違いないと思った。ところが、彼の言った言葉はいちいち本当であることがわかった − それはその後の数か月で確認できた。」(194〜196ページ)

「彼(注:T.E将軍)はこう言った。『あなたはもうすぐヨーロッパへ行くね。英王室とコネのある、ある人たちと会うために』 − 私はそうする予定だった。私のしていることを彼は全部知っている!『その通りです』と私が答えた。『全く偶然なことだが、私もロスチャイルド家の人と、そしてボルボ社その他の大企業をコントロールする人たちと会うために、あちらへ行く。なんとなれば、彼らが私たちと一緒に活動しているからだ』と彼は言う。(中略)彼は次のような内容を私に語りはじめた。『私の友人のひとり、彼はあなたのしていることに非常に関心をもっているが、その人は外交関係審議会の指導者のひとりマクスウェル・ラーブ大使である。彼とお会いになりたいか?』私は『もちろんです。彼が私たちを助けて下さるなら』と言った。すると彼はこう続けた。『ピータースンたちとも…ピータースンは外交関係審議会の委員長であったし、彼のワイフは三者連絡委員会【日米欧委員会】の委員長でもあった。彼らは私たちと一緒に活動している。彼らとも会えるだろう』」(197ページ)

(注:グリア氏はこの時期、闇のグループからの接近も拒否せずに受けていた。彼らと堂々と渡り合い、UFOや異星人の真実を伝えたり、闇のグループ内部で議題を知らされていない人たちに真相を伝えたりすることを目指していたからのようです。この開放的な姿勢によって、資料や情報が流れ込んだこの闇の組織内では、対立が激しくなり、大混乱に陥ったということです。)

「この隠密の影の集団(元米国大統領のひとりを含む)の中間管理職の幾人かは、1980年代後半にこの情報を開示することに賛成していた、ということを私は別の筋から確認している。ところが、この集団内の別の派閥が賛成派を押さえ込んでしまった。勝利の切り札をもっていたのは、反対派の中の少数派である。この細胞は誘拐テクノロジーをもっており、スカラー電子精神感応武器システムと電子心霊感応武器システムを所有している。彼らはまたUFOのように見えるARV、つまり模造エイリアン船をもっており、これらの偽の宇宙船を、新しいエネルギー源と反重力を応用した推進システムによって操縦している。この細胞はこれらの先進技術を使って、情報開示を政府高官レベルで封じ込めている − 世界の指導者を脅迫したり、国連事務総長のような世界的指導者を誘拐することまで含めて − 。」(218ページ)

(注:UFO情報の開示に賛成していた国連事務総長ペレス・デ・クエヤルが、1989年、偽装UFOに連れ込まれ、情報開示を中止するよう脅されたことを言っている)(213ページ参照)

「サイエンス・アプリケーションズ・インターナショナル・コーポレーション(SAIC)の一重役、また、主要な航空宇宙企業のすべてで何年も働いていた一人物を含め、この秘密工作に関わる夥しい数の部内者が私に語ったところでは、私たちの活動が、いわゆるMJ12コントロール・グループを大混乱に陥れたと言う。(中略)無法グループでは、離脱者、口論などが多発しており、私たちの活動のせいで、もともと一度として均質化したことのないこの集団がさらに分裂してきている。」(250ページ)

「これらの(ブラック)プロジェクトのひとつは、ハリー・トレイン海軍大将 − 彼は後にサイエンス・アプリケーションズ・インターナショナル・コーポレーション(SAIC)へ行った − の指揮下にあった。」(301ページ)

「元大統領のひとりと、元国防長官の2人が非常に深く関わっている。」(304ページ)

「海軍大将Y・Nをご存じですか?」「なんと彼はMJ12ナンバー3のようです。」(306ページ)(注:グリア氏がゴールドウォーター上院議員に述べている)

「エドワード・テラーはこれらのプロジェクトに関係する主要人物だった。」(306ページ)

「心配する必要があるのは、ロッキードやE−システムに雇われた殺し屋であり、この超国家グループと契約した殺し屋である。」(318ページ)

「機密のUFOプログラムを実際に管理している比較的少人数のグループがある。知識の範囲と管理権限 − 実施権限 − という点では、米国大統領や議会とは無関係である。実際に私は、E−システムズの一重役から、同社がこの分野に深く関わっているということを聞かされた。(中略)このような企業が受け取る資金は、幾つかのトンネル会社経由や、多様な政府機関からの融資であり、最後にはこれら超極秘ブラック・プロジェクトにまで行き着く。企業、公共団体、金融業、宗教団体が絡み合ったひとつの権力構造がある。彼らは法の支配にも、米国の憲法にもどの国家の憲法にも似ても似つかぬものに従って活動している。影のようなその世界の中に、基幹隠密活動から分裂した悪徳分子がある。非常に勢力のある悪徳分子がいくつかあり、それらは米国やどこか他の国に、そして一定の秘密グループの内部にある。彼らは基幹グループと不明瞭な繋がりをもっているが、独立行動をとることもでき、ときには基幹グループの議事に反対することもある。だから非常に複雑に仕組まれており、タマネギの皮のようである。(中略)中心のコントロール・グループ内に政府とのコネをもっている人たちがいるものの、彼らは連邦緊急管理局(FEMA)やモルモン企業帝国の内部で、あるいは人類の問題に対する彼らの終末論的解答に繋がる怪しい影のようなプランの内部で、一体何が進行しているのか、これらについて全く無知である。」(364〜365ページ)

「ところで、ベクトル社はシャドゥ・ガヴァメント契約会社の大手であり、ジョージ・シュルツは同社の仲間である。彼らはみなこのシャドゥ・ガヴァメント組織の一員である…元国務長官、米大統領、元国防長官、彼らのほとんどが現在グローバルな投資事業に関わっており、彼らを巻き添えにしている非常に有力な細胞がある。」(365ページ)

「ローマにいる間に私は『マルタの騎士会』 ― この会は実在している ― の一会員と会ったし、イエズス会秘密情報機関とバチカン秘密情報機関の代表者とも会った。これらのグループは、この問題【UFOとETの問題】と繋がりのあるグローバルな金融と、テクノロジーの問題に密接に関わっている。彼らがそのヒエラルキーの重要人物の幾人かである。」(378ページ)

「私たちはまたテープをもっており、それはすでにコピーを取って急な公開に備えて人手に託しているが、そのテープは主要施設とこの隠密グループに関わる多くの人名を開示している。」(401ページ)

(注:グリア氏は、悪徳グループが自分を暗殺する危険への抑止策として、自分に万一のことが起こったら、グループの全容を公開する仕掛けを作ったわけです)

 

*グループ内に存在する終末論思想について

「最も狂暴な悪徳作戦は、金そのものに対立するものとして、イデオロギーと結びついた活動であり、一定の観念的、終末論敵世界観に根ざしている。これらは滅亡の世界観をもっており、キリストが再来するための唯一の理由は、世界は破滅されることになっており、数十億の人々が死ぬことになっているからだと思っている。この信念体系を固守するきわめて有力なグループがある。」(368ページ)

「他ならぬレーガン政権の内務省長官ジェイムズ・ワットその人が、レーガン時代のある会議の後で次のような意味のことを言った。

『こういう環境保護主義者たちはみな、環境について本気で心配する必要はない。なぜなら、世界の終わりは間もなくやってくるし、キリストは戻ってきつつあるし、いずれにせよ世界は破壊されるからだ。残された時間のあるうちに、私たち善良なキリスト教徒は積極的にそれを使い果たすよう、神は望んでいるのだ。』私はわかりやすいように言い換えているが、これがアメリカ国内全域の政策を託された人が言ったことの本質である!(中略)現時点において米国政府は、世界終末を信奉する人たちによって潜入され、運営されているのだ。(中略)平均的な人たちにとって、これは異様に聞こえるに違いない。だが終末論的な世界観が、とりわけ世界の隠密組織の意思決定の大方を動かしているのだ。なぜならあのグループの構造が、隠れモルモン、隠れバチカン、その他の過激派の宗教的利害関係者によって圧倒的に支配されているためである。私はそういう人たちと直接面会してきた。(中略)互いに異なる議事が展開されているが、いちばん勢力のあるのは最も怪奇な議事で、退歩的なカルトのような狂信と迷信である。(中略)地球全体を破壊するこの隠密議事をひとたび発見すると、すべての辻褄が合った。」(369〜371ページ)

「いったん企業の貪欲さが始動すると、これらのプロジェクトはアイゼンハウアーや他の管理者たちの抑制の手を逃れ、暴走しはじめた。するとその次には非常に内密な宗教的議題をもった人たちが政府機関と企業に潜入しはじめ、現在では彼らが采配を振るっている。彼らは自分と同類の者をリクルートするため、CIA、FBI、軍部、夥しい数の大学、研究所、企業の上層部に、きわめて有力なモルモン右翼を送り込んできたということを私は聞いている。」(372ページ)

(注:アイゼンハウアー大統領が、軍産複合組織の力をなんとかしないといけないと述べた有名な映像があります。)

 

*きわめつけは、悪魔的儀式(この辺の話になると、さすがに真偽の判断がつきかねます。『 』内は1960年代に隠密プロジェクトに引き込まれ、宇宙からの盗聴システムに関わった人物の発言部分。)

「彼が参加した米国とオーストラリアでの2つのプロジェクトについて語り始めた。『われわれは地球外文明からの素材を実際にもっていて、それらについて研究し、反重量船の一タイプである非常に先進的なテクノロジーを開発しました。超次元的能力、時間の中を前進したり後退したりする能力、あらゆる種類の能力を私は見ました。』と彼は説明した。(ボーイングとマクドネル・ダグラスにいたことがあって、これらの能力に関連する「プロジェクト・レッド・ライト」「オペレーション・ルッキング・グラス」について知っている、もうひとりの証言者を私たちは知っている。)(中略)『人々がETの仕業だと思っている誘拐事件を、われわれはたくさんでっち上げていました。われわれがその作業をしたひとつの場所は地下であり、誘拐用のコンテナがたくさんありました。我々が培養液の中で育てている生き物もたくさんいて、それらの発達段階は異なっていました。これらの生き物は、人々がETと思っているようなものに見えました。』

(注:私がたしか1990年代に見たTV番組で、アブダクションされた女性が証言し、地下に連れていかれ、培養液の中の人造人間を見たというものがありました。)

『もちろんわれわれは、人々が宇宙船だと思っているものに、自動人形のような、人間の命令に従うこれらの生き物を乗船させていました。(中略)これらの大部分は、たとえばアマゾンやオーストラリアのジャングルの中とか、その他の奥地の施設に置かれています。』(中略)彼は悪魔的儀式の入門式に立ち会ったことを説明する。そこにいた人たちは血を飲み合い、生贄と拷問が行われていた。彼はサタン礼賛やサタンの生贄、そして無害な人たちを残忍に殺すことを愛するプログラムに、文化適応させられていた。いったん彼がそのレベルに達すると、魔王(ルシファー)への誓いを義務づけられ、彼はそうしたという。」(386〜388ページ)

 

結び

はてさて、この本を読んでから、私たちはどのようにしたらいいのか。

以下の項目のうち、どこまで受容できるかによって、対応が異なってくるでしょう。

1.異星人が実際に地球を訪れている。

2.闇のグループが、退廃した精神のまま、地球外文明に匹敵するテクノロジーを開発し、ET船攻撃にも使っている。

3.このグループの最悪の部分は、人類の大多数が滅亡することを望む終末思想をもった危険分子である。

 

1を受容しなければ、ことは一番簡単でしょう。こんな本は読まないで、日常生活を続ければよい。そしてふつうに一生を終えればいい。

1を受容しても、2のような謀略説とは距離を置きたいという場合もあるでしょう。

私は、レーガン大統領がスターウォーズ発言をしたことや、ビームでUFOを攻撃する映像を見ているので、ET船への攻撃はありそうだと思います。

また、米国でUFO関連の調査に深入りした人が必ず経験する、思考を読まれたという印象の数々。それを思うと、人の意識に接続するテクノロジーがある可能性は大と思う。

闇のグループの規模の大きさの描写には唖然とし、その存在を肯定した場合、さてどうしたらいいのかと立ちつくしてしまうだろうと思う。

1990年ごろ、米国のボーイング社を上空からヘリで撮影した番組がありました。VHS録画もあるはずです。その中で、UFOの形状をした物体が、敷地内の建物の先端に乗せてあるのが映っていました。

今から思えば、あれは米国大手の航空会社が地球製UFO制作に関わっていた証拠だったのか…。

3の悪魔的儀式は、映画「ローズマリーの赤ちゃん」のような非現実性を帯びていて、現実とは思えないという人がふつうだと思う。

私も、証言者の話がどこまで信用できるかによると思います。闇のグループにいた人ですから、どのようなマインドコントロールに遭ったか分からない。

いろんな妄想もありえると思います。

グリア氏の活動は日本語要覧サイトを見ると継続中で、この夏にも講演があったようです。

私としては、彼の著書は今後も関心をもって内容の検証をしようと思いますが、活動に加わることまではしないつもりです。

『UFOテクノロジー…』を読み始めた当初は、平和主義の異星人を守るために一緒に行動しようかと思いましたが、人智学の場合と同様、この問題も個人的な関わりにとどめたいと思います。

(注:この考えはその後変化しました)

 

以下、つづきです。

 

8月23日(土)

*訳者あとがきを読んでみました。ちゃんと訳書の内容をまとめているし、原著者の他の著書からの引用も交えて論じていて、論理的で悪くない。

 訳自体は、読んでいて分かりにくいところもあって、訳し切れているのかなぁという思いがする時もたまにありましたが、まあ全体的には意味が伝わっていましたから、問題ないかと思います。

 日本のグループJCETIのサイトはhttp://jceti.org/

 彼らの活動を映像化した映画シリウス(字幕付き)は購入して観ることにしました。

 ワーナー・フォン・ブラウンは第二次世界大戦中はV―ロケットを開発し、ドイツ敗戦間際、米軍に投降して米国に行き、NASAでアポロ計画推進役を務めたドイツ人エンジニアとして理工の講義で紹介していました。けれど、グリアによれば、フォン・ブラウンはドイツからナチス支配下の学者などを脱出させる米英のスパイ活動「プロジェクト・ペイパークリップ」によって米国に行ったことになっている。

そして、反重量装置などの開発もしていたという。ほんまかいな。

 

8月26日(火)

DVD The DISCLOSURE Projekt を見ました。文章で読むのと違って、しゃべっている人の人柄が見える。

肩書きだけでなく、態度で判断できる部分がある。

最初の証人は寺内機長の事件を証言しています。

証言者はおおむね、信用できる感じの人が多い。

元軍籍だったけれど、今はUFO団体Mufonで活動している証人は、はまっているという感じで、その分、説得力を減ずる。

微妙なものです。

一番印象が深かったのは、墜落したUFOや死んだ異星人を見たという証言より、月の裏側に建造物があったという証言でした。

あるという主張は文章では読んでいるけれど、やはり実際に証言しているのを見ると、ほんとうにあるんだ…という印象が強まります。

証言者はカール・ウルフ。アメリカ空軍で最高機密アクセス許可証を保持していた精密電気写真修理工。

1965年の半ば、バージニア州ラングレー空軍基地に勤務中、NASAラングレーフィールドの「月の人工惑星プロジェクト」(コーリー博士が総括)に駆り出される。

電気機器が故障して写真制作の障害になっているので、呼び出されたのだ。

「その施設に行くと、建物には世界各国の科学者が集まっていました。私はNASAのプロジェクトで世界中の科学者たちがいるのを見て呆然としました。

私には初めその意味が分かりませんでした。私は故障した電気機器がある研究室に連れて行かれました。

暗い部屋ではその機器を修理することができなかったので、移動させるように頼みました。

その時、一人の二等飛行士がその暗い部屋にいました。

私もそのころは二等飛行士でした。

私はどのようにして、すべてのプロジェクトが運用され、どのようにしてデータが月の軌道から研究室に入ってきたかに興味をもちました。

私がその若い飛行士に頼むと、彼は説明してくれました。

30分くらいたった頃、彼は大変困ったように『ところで、私たちは月の裏側に基地を発見した』と言いました。

そして彼は私に写真を見せてくれました。

その写真には明らかに、きのこ形状のビル、球状のビル、そして塔の建築物が写っていました。

私たちは閉ざされた防衛分野の中で働いていたので、その時私はとても心配になりました。

彼が安全保障の秘密を漏らしたので私はとても恐くなり、それ以上彼に質問しませんでした。

そのあと誰かが部屋に入ってきました。

私はさらに3日間そこで仕事をした後、馬鹿正直にも夕方のニュースでこのことを聞くのが待ちきれずに家に帰ったのを覚えています(場内笑い)。

そして30年あまりたった今日、今夜こそ、そのニュースを聞くことを願っています。

私は議会で私の言っていることを真実であると証言します。ありがとうございました。」

 

証言者のカール・ウルフは50代の、誠実そうな人です。

私はこの証言を見たあと、月にはやっぱり、異星人の基地があるんだ…と、認識を新たにした思いでした。

自分がこの目で見たのに近い確信を得られました。

あの胡散臭い印象を与えるコンノ・ケンイチ氏が、NASAの資料室から持ち出した月面写真に、構造物があると主張していた時は、そうは見えませんでしたっけ。

ただし巨大UFOが月面にある写真や、アポロ飛行士が月への飛行中に撮ったUFO写真などは大変興味深かったですが。

コンノ氏に比べ、百倍は信用できそうな印象を与えるウルフ氏。

その話は迫真性があります。

このディスクロジャー会見の最後に質疑応答があって、記者たちから質問があり、主にグリア氏が答えています。

彼は実にディベート能力が高いと思う。

記者の質問にバシッと説得力のある回答をする。

日本のUFO論者、韮澤氏のふにゃふにゃした言動とは月とすっぽんです。

言動の信用度は、その発言者の人格にもよるなぁと思います。

この画期的なディスククロージャーが新聞記者やビデオカメラの前で行われたあと、マスコミはこの件を黙殺したわけですが、

主催者側が思い描いていたのは、翌日の一般紙の一面に「UFOと異星人の存在は真実だった!」というような大見出しが躍る、というようなことだったのでしょう。

でも、それは起こらなかった。

あれだけの信頼できそうな証言者や、資料があっても、だめだった…。

グリア氏はマスコミに闇のグループからの圧力がかかっていると主張しますが、そのような圧力がなくても、パラダイムの大転換を要するようなことを受容するのはマスコミには無理だったのかもしれないと思います。

私だって、この録画を人に見せて、私と同じ確証を与えられるか?と考えると、無理かもと思います。

固定観念は想像以上に手強いものです。

 

8月27日(水)

*昨日見たDVDの証言の中で、なぜ月の裏側の建築物の存在が印象に強く残ったか考えてみました。

異星人のUFOが墜落して死体を見たとか、UFOが核基地の核ミサイルを使用不能化したとかいう証言は、たとえそれが真実であったとしても、なんかキナ臭いというか、一般人が入りこめない状況下の話ですね。

それに比べて、月の裏側にそびえたつ塔や、円形やキノコ型ドームのイメージは、それが太古からあったかもしれないことを考えると、ロマンチックです。

少年時代読んだ手塚治虫の漫画に、月世界が登場するのがあったっけ。調べたけれど「月世界の人間」ではないです。月に最先端の建物が建っていたような記憶がある。

そんなイメージが湧くので、印象が強いのでしょう。

月はその表側を常に地球に向けながら地球の周りを回っているので、月の裏側は地球から望遠鏡を使っても見えませんでした。

そこに中継基地を建てたのは理にかなっていますが、人類がこんなに早く月の裏側にロケットを飛ばすとは彼らも思っていなかったかもしれない。

コンノ氏が『アポロ宇宙飛行士が撮ったUFO』や『月はすでにETの基地である』で使っている写真は彼がNASAの資料室で検索し、検閲漏れのUFO写真をまんまと持ち出したものです。

公表されている月面写真が修整されていることも、修整前の写真を見つけて比較し、証明できている。でもいかんせん、検閲漏れの月面写真では、驚嘆するものはほとんどない。

それに比べると証言者カール・ウルフ氏は、検閲されていない生の写真を見ているわけです。

その塔やドームが写っている写真を見てみたいと思うのは私だけではないでしょう。

ウルフ氏が写真を見たのは1965年半ばです。

アポロはまだ発射実験前。月の裏側を最初に撮影したのはソ連のルナ3号(1959年10月7日)。

1966年ルナ9号が初めて月面に降り、2月3日に月面の写真を送信している。1966年3月31日に打ち上げられたルナ10号は初めて月を周回する人工衛星となっている。

米国は月の近接撮影のためのレインジャー計画で、1961年〜1965年にかけて9機打ち上げている。

ウルフ氏が見た写真は、レインジャー計画の最後あたりのロケットから近接撮影した月の裏側写真だと思われます。

昨日は、月の裏側にそびえる太古の建築物にロマンを感じると同時に、50年近くも、こうした大発見を秘密にして知らせない連中に腹が立ちました。

アポロ11号の飛行士たちが月面に降り立ったとき、UFOがずらりと並んで監視していたという話も、今では本当に思える。

月面の詳細を観察しているのは米国の他に、ソ連(ロシア)、日本(2007年9月からの月探査機かぐやによる撮影)、中国(2007年10月の嫦娥1号の月周回以来)もいます。

これらの国の計画推進責任者は、必ず異星人問題に遭遇するはずです。それを秘密にする箝口令は誰がどのように出しているのでしょうか。

異星人側も月への進出を監視しているはずです。

現に2005年、月ロケットの準備段階として地球周回をめざす中国の神船6号が打ち上げられたとき、UFOがつきまとったという写真もありましたっけ。

中国のUFOに関してはこのファイル参照。

いずれにせよ、重大な事柄が情報操作されるのは不当であると強く思います。

 

8月28日(木)

*ウルフ氏の証言では、彼が訪れたNASAの施設でやっていたプロジェクトは「月の人工惑星プロジェクト」ですし、彼が興味をもっていたことは「どのようにしてデータが月の軌道から研究室に入ってきたか」ですから、レインジャー計画の最後あたりは月を周回する軌道に乗せ、月面写真を隈なく撮るようなミッションだったのだろうと思っていましたが、思い違いでした。

レインジャー計画↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%A8%88%E7%94%BB

レインジャー7〜9号までは月面に衝突するまで近接写真を撮り続ける弾丸軌道であり、月を周回する人工衛星にはなっていません。

当時の新聞でも、月面衝突寸前のカメラが撮った直径○十メートルの小クレーターの写真を掲載していたことを思い出しました。毎回、前より小さなクレーターまで撮れ、最後は直径数メートルのクレーターまで写真が載り、それを見て興奮したことを覚えています。あれがそうだったか…。

そもそも米国は月の周回軌道を回る人工衛星(惑星)をいつ打ち上げたのだろう。調べるとルナ・オービター(1〜5号)でした。1号は1966年8月10日、5号は1967年8月1日打ち上げ。アポロ計画の着陸候補地の調査(1〜3号)や、月面地図の作成(4〜5号)が目的だそうだ。

ルナ・オービター4号(1967年4月4日打ち上げ)は月の裏側の95%を撮影したという。

以上は公式発表のプロジェクトですね。

月面に衝突する弾丸軌道のレインジャー・プロジェクトの最後の9号は1965年3月21日打ち上げ。月を周回するルナ・オービター・プロジェクトの最初の1号は1966年8月10日打ち上げ。

ウルフ氏が建築物が写った月の裏写真を見たのは1965年半ば。

この1965年3月21日〜1966年8月10日の間に、記録に残さない「月の人工惑星プロジェクト」があったのだろうか。

レインジャー・プロジェクトが終了したあと、ルナ・オービター・プロジェクト開始前に、試験機を打ち上げた可能性はあると思います。

グリア氏の得た情報が正しいとするなら、NASAの限られた数の幹部は当時既に異星人の存在を知っており、月にその基地がある可能性も考えていたかもしれません。

それで秘密裏に月周回軌道を回る試験機を飛ばし、アヤしい月の裏側を撮影、本当に建築物を発見してしまったというようなストーリーも考えられます。

 

8月30日(土)

*やっと映画のDVD「シリウス」が届きました。グリア氏の映画です。

これから視聴。

 

9月1日(月)

*さて、「シリウス」ですが、いくつかのエピソードを並行して展開するスタイル。

テレビ番組などにも、その手の手法はありますね。

UFOテクノロジー…』にあったエピソードが並行していくつか続く中で、ひとつの筋が新しい内容で、興味深かったです。

それは、あのロシアで発見された小さなミイラ異星人とよく似たミイラの解剖、DNA検査をグリア側がやっていることです。

大きさも15cmくらいで似ている。ロシアの場合は、ビデオ映像があるだけで、あとは生きている時に目撃した村人や、発見してしばらく面倒を見た老婆や、ミイラを解剖した解剖医の証言があるだけです。

あのミイラは秘密のヴェールに包まれた研究所に渡ったらしいですが、グリアだったら、それはロシア側の影の機関だというかもしれません。

グリア達が入手したミイラはチリのアタカマ砂漠で2003年10月に発見されたもので、見た目は頭がい骨が大きく、ロシアの場合に似ている。

ただこちらは現物があるだけに、眼窩、小さな顎、長い首、肋骨などがよく分かる。

そのDNA検査はスタンフォード大学のゲイリー・ノーラン博士(スタンフォード大学免疫学教授)が担当。

彼はこの不思議なミイラを前にして予断を下さず、人間かどうかを調べるのは簡単だ、やるだけだと言って最新式のDNA検査装置にかける。

突然変異や骨異形成症などを排除することが重要だという。

スタンフォード大学には骨異形成症と症候群の世界的権威ラルフ・ラクマン博士もいるので意見を聞ける。

まずCTスキャン、X線検査をする。

CTスキャンで内臓、骨の構成物質を見た結果、作り物ではないと断定される。

骨の中に動脈の跡もみつかる。

ノーラン博士は、科学者として用心深く以下のように言う。

「私の関心はこれが超常的なものではなく、遺伝子的に同じ人間だと証明することです。

むしろ興味深い未知の突然変異として証明したい。

ただ異例の発見の可能性も排除しません。」と。

また、このような検査をするあたっての覚悟も吐露する。

「私はこの調査に関わることで当然周囲から馬鹿にされるでしょう。でも私は気にしません。

誰かがやらなくてはいけないからです。

誰かが本気で取り組まない限りこの問題は永遠に解明されることはないのです。

つまり周りの意見のせいで自分が真実だと思う事が揺らぐならば、あなたは進歩の可能性を止めていることになります。」

調べた結果、これが彼の知るいかなる疾患や症候群の分類にもあてはまらないという。

顔面の中央部分が低形成、顎が発達不全、肋骨が10本しかない(人間は12本)。

骨異形成症の権威、ラックマン教授はインタビューには応じなかったが、診断結果をノーマン教授に渡してくれた。

それによると、胎児の場合には成長板や、膝の骨端関節があるのだが、この標本の骨は、6〜8歳のものに相当するという。

胎児ではないということだ。

ノーラン教授はこういう。

「100年または1000年前に体長が15cmほどの生物がたとえわずかな間でも生き続けられたという事実をどのように説明できるでしょうか。」

解剖は医者であるグリア氏が担当した。頭蓋の中身や、肋骨2本も取り出した。

骨髄も確認。DNA検査のために良い検体が手に入る。

スタンフォード大学では世界でも最高レベルのDNA鑑定をしている。

DNAブラウザと呼ばれる機械である。

サンプルからDNAが取り出された。

「ミトコンドリアから得た配列をみると非常に高い確率で母親はチリの先住民であったことが分かります。

この遺伝子のハプロタイプはBAと呼ばれています」とノーラン教授は言う。

(ン?この15cmの胎児ではない人体を前にして、チリの先住民と言い切れるのか?

配列が人間のB2Aタイプと一致していて、通常の人間ならチリの先住民と言うところだ、というべきところを、言い切ってみせているのでしょうか?)

また、Y染色体があり、男性ということになる。(これも、人間のY染色体に相当する構造があるというべきところでしょうか?)

前世紀に亡くなったと思われる。猿ではない。

DNA塩基配列決定装置によると、DNA的には人間。15cmの人間。

しかし小人症の遺伝子変異はない。

解剖学的に言えることは、6歳から8歳くらいまで生き、明らかに呼吸し食事をし代謝活動もしていた。

早期老化症の遺伝子も見つからない。

この検体がもつ変異すべてを説明できる突然変異は遺伝子にない。

原因不明の要因がある。

1980万の塩基対のうち、まだ2万1000〜2万2000を調べている段階である。

我々はまだDNAのことをよく知っていない。

ジャンクとして無視している部分に、この変異の要因があるのかもしれない。

論文にまとめ、ネット上で公開する彼は言う(2012年10月)。

2014年現在、まだ分析は終わっていないのでしょうか。この映画が公開されてから邪魔が入っていないことを願っています。

 

この映画でもうひとつ興味深かったのは、フリーエネルギーの機械。

ふつうフリーエネルギー装置を発表すると、その技術を既に独占しているグループから圧力がかかりつぶされる。

そこでグリアたちは、フリーエネルギー装置を民間から募集している。

直接手に入れようということですね。

それらしき装置が映像に出て来ている。

また反重力発生装置を実験しているモーニングスター社の様子もある。

実験では、7パーセントの質量減少を達成している。

最後に、日本語版のこのDVDにはボーナス映像があり、グリアたちがETとコンタクトしている最中、上から「通信機器」とやらが降ってくる写真があるのが興味深いでした。

なにをもって通信機械というか分かりませんが、その棒状でひれが回転しているようにぶれた映像はスカイフィッシュによく似ている。

あの時速200kmもの早いスピードで飛びまわり、人間の目では見えず、ビデオ映像にだけ残る不思議な飛行物体、スカイフィッシュrodsロッズ)は異星人が人間を観察するために送りこんだ機械だったのか?

などと考えると、つながってきて面白い。